疲れた母親が招く危険とその解決法

· 2018年5月11日

私の赤ちゃんの顔、目、笑顔を見れる、この日がついにやってきた。何て私は幸せなんだろう! しかし、人生山あり谷あり、子育てはそんな簡単なものではありません。子育ては莫大な努力がないとやっていけません。その果てに、非常に疲れた母親が存在するのです。

疲れた母親の影響は、予想以上に危ないものだと言われています。もちろん子どもにとっても悪影響ですが、自分にとっても危険です。過労による影響を理解して、いかに母親の疲労を避ける事ができるか、その解決法を見ていきましょう。

お母さんのみならず、子どもの生活に関わる問題です。両者にとって活気のある、より良い環境作りを心がけましょう。

疲れた母親の危険とは

疲労が子育てに及ぼす、特有の問題点を見ていきます。

  • まず疲れていると、母親自身に悪影響があります。疲れた母親は色々な楽しい事が起こっているのに、それを充分に楽しめません。心も身体も正常な状態ではないので、せっかくの子どもの成長に気付かず、子どもと関わる絶好の機会やかけがいのない経験を見逃してしまいます。
  • 子どもの心がだんだん母親から離れていき、無関心になります。それが続くと、母親の疲労は自分のせいなのではないか、と罪悪感を感じ始める子もいます。子どもの発達に影響が出て、自主性や自信がなくなってくる事もあります。
  • 疲労がたまった母親がいると、家には息苦しい空気が漂っています。子どもに大切な教育や愛情などと言ったレベルではなくなってしまいます。みんなの心がどんよりして、身体は麻痺したようになり、何もかもどうでもよくなります。
疲れた母親の絵

  • 疲れているだけのはずなのに、やけに問題が複雑に見えてきます。疲労が倦怠感をもたらし、家族を混乱させ、しまいには大喧嘩になったりします。
  • 必然的に夫、家族や友人との関係が悪化します。全ての意味や目的が見えなくなり、自分の世界が打ち壊されている事に気付かない母親もいます。
  • 最悪の場合、精神的身体的な疲労が原因で病気になってしまう事もあります。疲れていると免疫力が下がり、病気と闘う気力も無くなります。その結果インフルエンザや肺炎にかかったり、慢性便秘になったり、ひどくなると、うつ病の症状がみられるケースもあります。

疲れた母親にならないためには

疲れた母親となく赤ちゃん

子育てはやりがいのある仕事ではあるけれど、大変なことには間違いありません。だからと言って、疲労のせいで、人生めちゃくちゃにされたくありません。

疲労対策、エネルギー補給の方法

  • 疲れているなら、休むのが一番! 当たり前のようでいて、母親には難しい課題です。よくあるのが、何でも自分でやろうとして、他の家族に家事をやらせない母親です。これはダメです。疲労を感じているなら、まずは自分が回復する時間を作らないといけません。夫、両親や友達に助けを求め、休みましょう。子どもとあなたの身体がそれを必要としています。
  • 自分の気持ち、感情を見直しましょう。後悔、罪意識、否定的な考え方をやめて、精神的に強くなって、この問題を乗り越えましょう。子どもが健康に成長するためには、親の自己や感情面が安定している事が不可欠です。
  • まずは自分を大切にしましょう。何が大事が分からなくなっている人には何もできません。自分を愛していない人がどうやって他の人を愛せるというのでしょうか。
  • まずよく考えてから行動しましょう。同じ間違いを繰り返したり、不必要な言い争いを避けるには、まずは考えることです。みんなにとって何がベストかを考えれば、きっと良い結果になるはずです。
  • 相手の気持ちを考えましょう。まず自分の言動を理解するのに、もし自分が聞く側だったらどう感じるか、想像してみて下さい。母親の言葉や行動に対する子どもの気持ちを考えてあげましょう。

さあ、目を覚まして疲労回復して、子育てを存分に楽しみましょう。元気いっぱい明るく楽しく、良い事がたくさんありますように。

家族全員で力を合わせて、みんなが幸せでいられるように、母親が家庭のエンジンとなって、家族生活を楽しみましょう。