出産後に訪れる体の変化

· 2018年5月7日

あなたが母親になることを知ったその日から、既にあなたの体の変化は始まっています。それはそれほど明らかではないかもしれませんが、日が経つにつれ、よりはっきりと浮かび上がります。出産後にどのような体の変化が訪れるか知ってみたくないですか?

妊娠は女性が得られる最も素晴らしい出来事の一つです。ついに両腕の中に抱くその特別な瞬間まで、あなたは我が子の手や顔や目や、泣き方を夢見ます。そしてあなたの体の外観のことをすっかり忘れるのです。

日常に戻ると、疲れを感じたり、鏡を見て自尊心や心理状態に影響するほどの大きな体の変化が起きたことを認識する、辛い時間がやってきます。

でも心配しないでください。今回の記事では出産後の体の変化を分析し、妊娠前に戻るための幾つかのおすすめを教えます。

女性の中には妊娠前、妊娠中、出産後を通して自身の姿形を見ていて、健康で活動的なライフスタイルを率先して実践している人がいます。それで彼女たちは出産後の大きな外観の変化にも諦めないのです。

いずれにせよ、あなたの体はある程度変化します。大切なことはなぜ体のある部分は自然に元に戻り、別の部分は元に戻るのに少し努力が必要なのかを理解することです。

出産後、体はどう変わるの?

母性はあなたをいい方向に内面から完全に変化させます。怖がらずに楽しんでみてください。そして短期的また長期的にがどのように変化するかを学びましょう。

  • 最も顕著な変化は子宮の容量の増加です。赤ちゃんが育つための大きなスペース(臍帯や胎盤)が必要であるため、通常よりも7倍まで大きくなります。子宮は出産後6週までに通常のサイズに戻ります。
  • 次の変化はそれほど目立つものではないかもしれません:臓器の位置の変化と関係があります。子宮が大きくなり、赤ちゃんが育つにつれ子宮の中の快適な位置を探す結果他の臓器の場所が少しずれるかもしれません。
  • おそらくこれが最も受け入れがたい変化でしょう:皮膚が伸ばされ、色素が沈着するので妊娠線が生じます。この変化は一旦出来上がると元に戻すことは困難ですが、よい予防法と見えなくさせる効果的な治療法があります。
  • 通常は自然分娩の場合、骨盤底はすこし”弛緩”します。これに対してはトイレにいく度に膀胱を締めたり緩めたりする日常の運動を行うことにより、短期間で元に戻ります。
  • 自然分娩、分かりやすく言えば”経膣分娩”は内部組織を伸ばしてしまうことがあり、これにより性交時の感度が著しく下がることがあります。加えて膣が緩くなります。赤ちゃんの大きさにより程度は様々ですので、どのように防げるかは医師に相談しましょう。

出産後:人生で最も素晴らしい時間

どの変化が実際に永久に残ってしまうか分からないことが多いので、出産後に体がどう変わるか心配することはストレスです。しかし全ての情報が手に入りさえすれば、体を大きく改善する対策をとることができます。

どんなに食事に気をつけて、月の体重をコントロールしようとしても幾つかの変化はコントロールすることが出来ません。リラックスして気長な気持ちを持ち、あなたが他者に生命を与えており、それはあなたの体にどんな変化をもたらしても、その価値があることを理解するしかないのです。

この全ての過程において最も思い出すべきことは、出産後に妊娠前の体型に戻るには段階を経る必要があるが、自身にプレッシャーをかけすぎないようにすることです。

妊娠で最も美しいことはそれを全て経験出来ることであることを思い出してください、そして両腕に健康で強い我が子を抱くことさえ出来れば、その後は多くの時間を自身に使い、なりたい自分になる方法を探すことが出来るのです。

覚えておくべきこと:目標を満たすためには、迷わずに気長に待つことです。