子宮筋腫と不妊症について

· 2019年1月2日
妊娠中の方や妊娠適齢期の方に、重い生理やおなかの痛みがある場合、それは子宮筋腫のサインかもしれません。

女性の生殖システムに起こりうる様々な問題の一つが、子宮筋腫です。

その多くは良性で症状が無いことが多いですが、悪い結果につながってしまうこともあります。その例として子宮筋腫と不妊症の間のつながりが挙げられます。

特に、子宮筋腫と不妊症の関係性においては、ある用心をしなければなりません。

早期に子宮筋腫を発見し、治療することで、妊娠前、妊娠中、妊娠後の問題を避けることに役立つのです。

子宮筋腫とは?

子宮筋腫とは、筋肉細胞でできた非癌性の増殖物で、子宮の内側にできます。

これはとてもよく起こることです。妊娠適齢期の女性の5人に1人が子宮筋腫になるのです。

妊娠適齢期の女性は子宮筋腫の影響の一つを最も受けやすくなります。それが、妊娠できるかどうかにかかわることなのです。

子宮筋腫の原因

子宮筋腫がなぜ起こるのかという原因は特定されていませんが、以下のような要因によって、その可能性が高まるかもしれません。

  • 遺伝的要因:子宮筋腫になる遺伝子が母から娘へ受け継がれる可能性があります。
  • ホルモン:これは一人一人異なります。エストロゲンが子宮筋腫の発達に関わっています。ですので、多くの場合プロゲステロンが体にあふれるときである、妊娠するときまでわからないのです。

「妊娠適齢期の女性の5人に1人が子宮筋腫になるのです。」

子宮筋腫はどこにできる?

子宮筋腫とは筋腫の一種で、良性の腫瘍です。筋腫が子宮にできると、子宮筋腫になるのです。

しかし、子宮筋腫は子宮の様々な場所にできます:

  • 子宮の筋肉の壁
  • 子宮内膜の皮下
  • 子宮の外層の下
  • 子宮の外側の軸や幹の上
  • 子宮内腔の中

専門家は、筋腫には3種類あるとしています:漿膜(しょうまく)下(子宮の外側)、壁内(子宮の壁の中)、粘膜下(子宮内膜の中)

子宮筋腫

子宮筋腫に気づくには

子宮筋腫には以下のような症状があります。

  • 生理中に血がたくさん出ること。また期間も長くなるかもしれません。
  • 生理以外で血が出たり、血の塊が出たりすること。
  • お腹の痛みや張り。
  • 体重増加。
  • 腸の痛みや常に満腹感を感じること。
  • 妊娠中や出産時の問題。
  • セックス中の痛み。
  • 頻尿。

子宮筋腫を感知するのは簡単とは限りません。体重がかなり重い方は特にそうです。

お医者さんはエコーやMRI、子宮鏡検査、卵管通水検査、子宮内膜検査などを使って、診断を下します。

子宮筋腫と不妊症の関係

子宮筋腫が不妊につながってしまうことがあります。

これは子宮筋腫が大きくなったり、症状が特に激しいときに一般的に起こります。

こういった場合にとるべきベストな行動は、できるだけ早く子宮筋腫を取り除くことです。

サイズや質、位置が、子宮筋腫が不妊に影響するかどうかを決定するカギになります。

合併症が無ければ、筋腫や子宮筋腫の除去手術によって、通常通り妊娠ができ、将来の妊娠に関する問題を避けることもできます。

妊娠中は、血流やホルモンが増えることで、子宮筋腫のサイズが大きくなる恐れがあり、それが合併症を引き起こすリスクを高めることにつながります。

これは、妊娠が関係している考慮すべき要因の一つでもあります。

子宮自体の問題とは別に、子宮筋腫が妊娠に影響するその他の問題は以下のようなものです:

  • 貧血:大量の出血のため、子宮筋腫のある人は赤血球の数が少なくなってしまうかもしれません。
  • 未熟児:子宮が異常な状態にあるため、子宮内のスペースが小さくなります。そのため、出産が早まることがあるのです。
  • 帝王切開になる可能性:子宮筋腫が産道を塞いでいたり、赤ちゃんを快適でない体勢にしてしまっているときには、帝王切開が必要になります。
  • 出産後の出血:これが分娩後出血になり、その他の危険な状態につながることもあります。

「妊娠中は、血流やホルモンが増えることで、子宮筋腫のサイズが大きくなる恐れがあります。」

子宮筋腫は治せる?

最もよくある治療法は、手術です。

それには2つのタイプがあります:筋腫核出手術という、子宮自体に影響を及ぼすことなく子宮筋腫を取り除く方法と、子宮摘出で、子宮を部分的にまたは全体を取り除く方法です。

薬については、ウリプリスタル酢酸エステルが最もよく使われていて、痛みと出血を抑えてくれます。

さらに、70%の腫瘍は4分の1のサイズまでに小さくすることができます。つまり、多くの場合手術をしないで済むということです。

子宮筋腫と不妊症

避妊薬も、生理中の出血を減らすことで子宮筋腫の症状をコントロールするのに役立つかもしれません。

子宮内避妊器具も、出血を減らすホルモンを徐々に出すため、使える可能性もあります。

同じように、トラネキサム酸、鉄分のサプリ、痛み止めやホルモンセラピーも短期間症状をコントロールするために使うことができます。

子宮筋腫の内、癌性のものはたった0.5%しかありません。しかし、予防は治療に勝ります。特に妊娠できるかどうかもかかっていますからね。

子宮筋腫があるかもしれないと思ったら、妊娠適齢期の方は特に、検査をしてもらうべきです。

https://youaremom.com/fibroids-and-infertility/