子供が頭を何処かにぶつけてしまったら何をすべきか

· 2018年6月11日
親にとっての心配の一つに、子供が何処かに頭をぶつけてしまうことがあります。その場合は、子供を横にしないというアドバイスが知られますが、このアドバイスには根拠があるのでしょうか?また、真実なのでしょうか?

子供たちが頭をぶつけた後に横にしてはいけないというのは一般的に知られることです。しかし、医療従事者たちによれば、重要なのは事故後の反応や症状をよく観察することです。

子供が頭をぶつけた場合どうすればよいのか?

こうなった場合、多くの親はすぐに子供を病院に連れていきます。もちろん、これは間違っていません。

しかし、医療従事者は、頭が強い衝撃を受けた後、子供をゆっくりと休ませることをすすめます。

そして、子供が寝てしまうとそのまま昏睡状態に陥る可能性があるために、絶対に横にさせてはいけないと主張する人もいます。このようなアドバイスを聞くと恐ろしく感じます。

実際には、受けた衝撃の強さによって異なります。

子供が頭をぶつけた場合、まずは意識があるのかを確認することです。「名前は?」「どこにいるかわかる?」などのような短く簡単な質問をしてください。

子供がまだ幼くこれらの質問に答えることができない場合、特定の刺激に対する反応を確認してください。これにより、子供に正常な意識があるかどうかを確認することができます。

例えば、子供の目の前でオブジェクトを動かし、子供が目でそのオブジェクトを追うかどうかを確認します。オブジェクトの代わりに光を使っても大丈夫です。

子供頭2

留意すべき症状

子供が頭をぶつけた後生じる症状は様々であり、中には病院へ連れていく必要があるものもあります。

頭をぶつけると、脳が震える可能性があります。脳が正常な状態にもどるまでには時間がかかり、その間特定の症状や反応が見られることがあります。

一般的には、失見当、平衡感覚の喪失、視界がぼやける、頭痛、腕と脚の痙攣、および嘔吐などの症状がみられます。

入院や手術が必要かどうかを決めるのには、これらの症状の持続時間、重さを元に医療専門家による判断が必要です。

明らかな症状がない場合は?

頭をぶつけた後、何も症状が見られない場合、子供が普通に遊び続けるようであれば、特に心配する必要はないでしょう。

子供の骨および頭蓋骨は衝撃を緩和し吸収する柔軟性があることを忘れないでください。

事故後の最初の8時間は重要です。必要な対応は、怪我の深刻さによって異なります。

子供が軽く頭痛を感じる場合は、鎮痛剤を与えてもよいのですが、まずは信頼できる小児科医からアドバイスや処方箋を受けるほうが賢明です。また、子供の額にをクーリングを当て、ゆっくり一日休ませるのも良いでしょう。

子供が眠りたい場合は、寝かせてあげてください。子供の体と脳は休息とリラクゼーションを求めているからです。しかし、この場合は子供を頻繁にチェックし、少なくとも2時間おきに起こして、体調を確認してください。

もちろん、衝撃が強く傷口をどうにもできない場合、すぐに医者に連れて行かなければなりません。

子供頭3

親へのアドバイス

まず第一に、落ち着いてください。子供が泣いているなら、できるだけ早く子供を落ち着かせてください。酷い出血があっても、多くの場合は思ったより頭へ影響は深刻ではありません。頭には数多くの血管があるために出血しやすいのです。

そして、子供がよくしてしまう怪我の中でも特に頭をぶつけることは一般的です。

子供が遊んだり、走ったり、歩くことを学だり、何かに手を伸ばしベッドから落ちたり、自転車に乗ったりする中で、問題が起こると多くの場合は頭に衝撃を受け怪我をしてしまいます。

ほとんどの場合、怪我はかるいです。しかし、特に車の事故、スケート中の事故、または階段から落ちた時は、重傷の可能性が高いです。

常に慎重で、できる限り子供をけがさせない気を付けるのが最良です。