気分を落ち着かせる風船を使った簡単な方法

· 2018年7月2日
風船技法は、子供が感情のコントロールを失う危険がある状況で、深呼吸することを子供に教える子供にやさしい、簡単な方法です。

この方法は、プレッシャーのかかる場面でも子供が穏やかな気持ちを保てるようにする方法です。深呼吸を教え、子供が日々の生活の中でストレス管理をできるようにするシンプルなゲームです。

子供時代は新しい経験の連続です。無論、全てが楽しい経験だけとは限りません。

幸いにも、子供にストレスの多い状況下でもリラックスする助けとなる戦略やツールがあります。

気分が不安定な時に自分を落ち着かせる能力は先天性のものではありません。成長するにつれて、子供は両親に安らぎを抱きます。子供たちは親を模範とし、テクニックを学ぶのです。

バルーン技法は、それを利用した方法の1つです。子供を落ち着かせるための深呼吸を教えることができます。

深呼吸とは何でしょうか?なぜとても重要なのでしょうか?

風船法2

深呼吸

深呼吸は、子供が不安や恐れがあるときに、自分の呼吸の速さを穏やかにする方法です。

子供の不安を軽減し、彼らが感情をコントロールする事に一役買います。呼吸は神経系に密接に関連しているからです。

深い呼吸が筋肉をリラックスさせ、心を落ち着かせるのです。風船技法は、困難な状況に直面した際にストレスを軽減する、正しい呼吸を子供に教える方法です。

風船技法が効果を発揮するには

風船技法は、不安な子供たちを落ち着かせます。深呼吸を誘発する、非常に効果的な方法であり、衝動を制御することが難しい子供にも取り入れることができるものです。

子供にとっては楽しいゲームである一方、無意識のうちに、肺の働き方やコントロール方法を学ばせることができます。

方法

実に簡単な運動ですです。必要なものは風船です。子供には緊張状態とは風船が大きく膨れた状態であることを説明してください。

風船の性質は、子供に身体の仕組みを教えるのに理想的です。子供に肺が風船であると想像させるのです。彼らが緊張しているとき、彼らは空気で満たされます。

呼吸は人生において最初の行動であり、最後の行動。私たちは人生をもって呼吸に依存する。呼吸なしで生きられないにもかかわらず、正しい呼吸法を学ばないのは悲劇だ。

– ジョセフ・ピラティス –

まずは、唇に収縮した風船を咥えることを教えます。次に鼻で空気を深く吸い込み、風船に吹き込みます。

空気を吐き出すことで風船をできるだけ膨らませるように指導します。 5回これを繰り返し、その間は風船を口に咥えさせたままにしましょう。

子供がめまいを訴えた場合には、すぐに止めさせましょう。

風船が空気で満たされると、次にゆっくりと収縮させましょう。呼吸の制御を教え、示すためです。大部分の子供たちの呼吸は、緊張状態では速く、浅くなります。

不安を感じやすい子供には、この運動を毎日2回、肺の健康状態を改善するために行いましょう。朝に一度、夜眠る前に一度する事が理想的です。

目標

風船技法は子供に以下のこと可能にします:

  • 自分の身体を知る
  • プレッシャーの下でリラックスする方法を知る
  • 衝動を制御する
  • 心を落ち着かせる
  • 誘発される不安を抑える

利点

この方法は、不安を感じやすい子供に、いくつかの利点があります。

  • 肺容量を増加させる
  • 肺そのものに加えて、横隔膜の筋肉を動かすことができる
  • 呼吸困難または呼吸困難感を緩和する
  • 不適切な呼吸による音声の発声の問題、音の不明瞭さを防ぐ
  • 風船をを繰り返し膨らませることによって唇の筋肉を強化する

加えて、実生活と並行して重要なパラダイムの提供が可能です。時には空気を抜かなければ、膨らみすぎた風船のように、爆発の危険があります。

不安を感じ続ければ、最終的には圧力に耐えられなくなるでしょう。