授乳中の母親が避けるべき8つの食べ物

· 2018年12月5日
母親にとって、授乳している間に食べても良いものと避けた方が良いものを知るのは重要です。母乳を通して、母親が食べるものすべてを赤ちゃんに与えていることになるのです。

妊娠中と同じで、授乳中の母親は自分の食生活に充分気を付けなければいけません。赤ちゃんに適さない、授乳中に避けるべき食べ物があります。この記事で、どれが避けるべき食べ物か、そして避ける理由についてご紹介します。

授乳している期間、母親は何を食べているか気を付ける必要があります。多くの人が勧めるように、赤ちゃんの分までたくさんと食べないといけないという訳ではありません。自分の食生活をよく観察することが大事です。バランスの取れた食事で、充分な栄養を摂取しているかどうか、よく注意してください。

授乳中の健康的な食事の特徴

授乳中にはいわゆる「強くなる食事」を心がけることが重要です。良い例となるのは、卵焼きやオムレツ、新鮮な果物、ドライフルーツ、ハムや鶏肉などです。

授乳中の母親の食事には、色々な種類の食品を取り入れるべきです。ビタミンⅮ、ビタミンC、バターや卵の黄身にような身体に良い脂肪分も摂取しましょう。

健康的なスナックを用意しておくのも良い方法です。お勧めなのは、紅茶、トースト、ジャム、あまり加工されていないチーズ、はちみつです。当たり前のようですが、夕食には多種類の野菜を摂取するようにしましょう。

ある意味、食べ過ぎは赤ちゃんに害を与える可能性があります。赤ちゃんの肝臓や心臓に悪いのです。母親に食べ過ぎの傾向があるなら、食生活を見直して、改善していかなければいけません。

こちらの記事もお勧めです:授乳は親と赤ちゃんの特別な時間

食事の中で、脂肪、野菜、豆類、果物、肉類、スープ、鶏肉、魚、お菓子、乳製品、その他の大事な食品類を、バランス良く取る必要があります。

母乳のためにはもっと乳製品を摂取すべき、などと良く言われますが、そんなことはありません。母乳の生産は複雑で、もっと他の栄養素によって母乳が作られるのです。

他にも重要なのは、授乳中の母親の食事について、医師と話し合うのもとても大事をいうことを覚えておいて下さい。授乳中に避けるべき食べ物、そして食べた方が良い食べ物について、説明してくれるはずです。

授乳中の母親の毎日の食事

どんな種類の食べ物を摂取するべきなのか、気になることでしょう。授乳中の母親は次のような食品を毎日取るようにして下さい。

  • パン:400 g
  • 肉類:170 g
  • 牛乳:400 g
  • スープ:250 g
  • 砂糖:20 g
  • 新鮮な野菜:500 g
  • 果物:200 g
  • チーズ:40 g

こちらも参考にして下さい:授乳中のママが食べるべき食品

授乳中の母親が避けるべき8つの食べ物

授乳中に良い食べ物と悪い食べ物があります。ある種の食品は赤ちゃんには適していないので危険になり得ます。母親と赤ちゃんの健康のためにも、そのような危険な食べ物は避けるのが得策でしょう。

 

授乳中の母親に良い食べ物

特に重要で、授乳中に避けるべき食品には次のようなものがあります。

豆類

ひよこ豆やその他の豆類は、避けるべき食べ物に入っています。赤ちゃんの大腸の機能を変化させることがあるので、避けるようにしましょう。赤ちゃんのお腹にガスがたまってしまいます。

かんきつ類

オレンジ、みかん、グアバ、パッションフルーツなどのかんきつ類を避けましょう。これらは赤ちゃんの消化機能に悪影響を与えることがあります。かんきつ類は、赤ちゃんに胃もたれを起こし兼ねません。

それでもみかん類はビタミンが豊富です。そこで母親がかんきつ類の酸味に耐えられるかどうかにもよります。

辛い食べ物

授乳中の母親が食事に利用しない方が良いものは辛い食べ物です。辛い食べ物は消化機能に差し障ります。例えば辛いものによって、赤ちゃんがうんちをしにくくなるのです。赤ちゃんは心地悪くなるでしょう。

「ある意味、食べ過ぎは赤ちゃんに害を与える可能性があります。赤ちゃんの肝臓や心臓に悪いのです。母親に食べ過ぎの傾向があるなら、食生活を見直して、改善していかなければいけません。」

玉ねぎ

授乳中の母親が玉ねぎを避けるのは意外かもしれませんが、ぜひ避けるようにすることをお勧めします。赤ちゃんの心の成長や気分に悪影響を与える可能性があります。母親が玉ねぎを食べると、赤ちゃんが疝痛を起こしたり、機嫌が悪くなることもあります。

人によっては、玉ねぎを食べても赤ちゃんは嫌がらないということもあります。玉ねぎのポリサッカライド、フラボノイド、フルクトサン、などの栄養素が赤ちゃんに良いと見ています。

ブロッコリーとカリフラワー

これらの野菜は、赤ちゃんの腹痛を起こしがちと言われています。さらにブロッコリーとカリフラワーによって、母乳の味が変わってしまうという人もいます。しかし実際には、赤ちゃんはあまりそれに気付かないようです。

コーヒー

授乳中の母親はコーヒーを避ける方が良いでしょう。赤ちゃんの正常な睡眠パターンに支障をきたします。コーヒーのせいで赤ちゃんが不眠症になったり、過敏になることもあります。赤ちゃんの正常な脳の発達にも影響します。

授乳中の 母親が避けるべき食べ物

赤身魚

赤ちゃんが1歳半になるまでは、赤身魚を避けましょう。気を付けることで、赤ちゃんのアレルギー反応を避けられるかもしれません。

授乳中の母親が避けるべき食べ物はいくつかありますが、女性は誰でも個人差があります。そこで、それぞれの身体が違う食べ物に反応することがあるのです。

専門家に相談すれば、あなたにピッタリの食事を見つけることができるでしょう。赤ちゃんに何が良いのかを考慮してくれるはずです。自分だけで決めずに、健康な食生活について調べ、医師に相談するのが理想的です。

https://youaremom.com/foods-to-avoid-while-breastfeeding/