赤ちゃんが授乳中に窒息した時の対処法

2018年7月9日
心配をしすぎて恐怖を覚える事も、母親になるという事の一部ではないでしょうか?しかし、喉に詰まらせるなど、命に関わる問題に直面したときには、落ち着いて行動することが必要です。

赤ちゃんがミルクを詰まらせた時に、最も恐ろしいのは対処法がわからないということです。この記事では、その原因と対処法を紹介します。

母になると新しい種類の不安や恐怖を知るようになります。小さな命の泣き声はさらに不安を煽るでしょう。軽度の発熱であっても深刻な病気の序章かもしれません。

母親責任は無限です。そして、いつも最善を尽くしていくことが必要です。

初めての子どもの場合、パニックはより大きなものかもしれません。しかし、危険な事態が起こった際には、冷静に俊敏に対応しなければなりません。

パニックは何も解決しない。あなたの赤ちゃんに何かが起きたときに落ち着くことは非常に難しいものです。しかし、良い結果を得るためには、冷静になることが不可欠です。

仮に赤ちゃんが喉に詰まらせた時に、恐怖を感じることは何かの役に立ちますか?このような状況に備えて、母親として、保護者として心の準備してください。そして、あなたの赤ちゃんが呼吸困難に陥った場合にどうすべきかを知りましょう。

赤ちゃん窒息2

ミルクを詰まらせた場合

もしミルクを詰まらせたらすばやく、赤ちゃんの顔を下にしてください。そして手のひらで背中を叩き、咳をさせます。

特に赤ちゃんに誤った姿勢で授乳してしまう場合、小乳児が授乳中に喉に詰まらせることは非常に一般的です。

しかし、赤ちゃんが何かを詰まらせ、窒息状態に陥ったなら、ハイムリック法を試みなければなりません。

これを行っても問題が解決しない場合は、できるだけ早く救急サービスに電話してください。いざという時に、すぐに対応できるよう、関連する番号を頭に入れておくことが重要です。

赤ちゃんが、喉に詰まらせても、罪悪感を感じないでください。大人にも、誰にでも起こり得る事態です。コップ一杯の水であっても、喉につかえた経験は誰にもあるはずです。

なぜ赤ちゃんは授乳中に窒息するのか?

窒息には、複数の要因が考えられます。その一部は、私たちが防ぐことのできるものです。しかし、小さな成長過程の赤ちゃんの身体が原因による場合もあります。

頻繁に繰り返すようであれば、まずは、小児科医に話してください。医療専門家はあなたに何をすべきかを伝えることができます。

「完璧な母親になる方法はないが、良い母になる方法は何百万通りとある」

– ジル・チャーチル –

赤ちゃんに問題がない場合

母乳の勢いが強すぎるかもしれません。赤ちゃんが授乳を受ける時、ミルクは喉に直接流れます。

乳首に圧力をかける、または授乳する前に少し母乳を出すことでこの問題は解決できます。

哺乳瓶で授乳する場合、液体が過剰なスピードで流れているかもしれません。新生児はこれを自分で対処することができません。

しかし、この問題は、時間と慣れを覚えることで解決するでしょう。

赤ちゃん窒息3

問題が赤ちゃんにある場合

一部の乳児は、嚥下能力に悪影響する、または胃食道逆流症(胃内容物が口に戻ってくる症状)を引き起こす先天的な問題があります。

何が問題であるのかを確認するためには医師に相談してください。

また、窒息の危険性を減らすために、赤ん坊のお腹を下側にしてみてください。そして、授乳後に赤ちゃんを寝かせず、垂直の位置に保ちます。

こうすれば、仮に逆流が起こった場合にも、赤ちゃんが咳や嘔吐をすることができ、窒息の危険性が少なくなります。

同様に、哺乳瓶での授乳を一人でさせてはいけません。赤ちゃんが成長し、自分で安全にできるまで待ちましょう。

少なくとも最初の6〜7か月は、親の部屋にベビーベッドを置いてください。そうすれば、赤ちゃんを見守ることができます。

初期の幼児期には喉に詰まらせることはめずらしくありません。どの母親に尋ねても同じ答えが得られるでしょう。そして、これはあなたが思うよりもはるかに一般的な問題です!

赤ちゃんは非常に脆弱です。危険を避ける方法を学ぶにはまずあなたの助けが必要なのです。

しかし、プレッシャーを感じすぎないようにしてください。赤ちゃんの成長につれ自分で食べたり飲んだりできるようになり、親の心配も軽減されでしょう。

とは言え、その時までは油断しないでください。赤ちゃんが喉をに詰まらせても冷静に対処できるように、紹介したヒントを頭の片隅に置いておいてください。

あなたへおすすめ