歯が生え始める時の6つのサイン

· 2018年9月8日

赤ちゃんに最初の歯が生え始めた時、親なら間違いなく感動するでしょう。しかし、歯が生えるこのプロセスは子供に苦痛やストレスを与えることもあります。

初めての歯が生えてくる時のサインはたくさんあります。今回は、そのサインと最初の歯が生え始める時に起こるトラブルの対処法も一緒にご紹介したいと思います。

初めの一本が生えてしまえば、。他の歯が生えるのは、まるで魔法のように簡単でしょう。

「歯の生え始め」として知られるこのプロセスは子供が生後約7ヶ月の時に始まります。ただしその中にも例外があることを覚えておいてください。

実は生まれた時にすでに歯が生えている赤ちゃんも多くいます。一般より早く出生後2〜3カ月位で歯が発達してくることもありますし、そうかと思えば1年たっても1本の歯も生えていない口で笑顔を見せる赤ちゃんもいます。

初めての歯が現れるサイン

可愛いらしい小さな真珠のような歯があなたの赤ちゃんの笑顔にも、もうすぐ現れそうですか?

待ちに待った瞬間の6つのサインを一緒に見ていきましょう。

下の前歯が生えた赤ちゃん

赤ちゃんの乳歯が現れそうなサイン

・過度の唾液分泌。これは歯の生え始めを表す最も明白なサインの1つです。しかし、これに気付いたからといって必ずしもすぐに生えると言うわけではありません。また、過度の唾液分泌が始まったら、布やよだれふきを使用するようにしましょう。

・発疹や咳。過度の唾液分泌の結果として、赤ちゃんは手や顔の周りの発疹など、不快な症状を発生する場合があります。そこが湿気らないよう保つことで事態は良くなりますが、赤ちゃんは少し咳をするかもしれません。

・過敏性と不眠症。過度の唾液分泌と歯茎に感じる不快感は歯が生える過程において非常に一般的なトラブルです。これが始まると、どんなおとなしい乳児でさえも不機嫌になることがあるので忍耐強く見守ることが重要です。

・ありとあらゆるものを口に入れようとする。授乳の際にあなたを噛むことがありますか?これは不快感を紛らわすために赤ちゃんが歯茎に圧力をかけていることを示しています。あなたの赤ちゃんが口に何でも持って行くようになったら、まさに最初の歯が現れるサインと言っていいでしょう。何かを噛んでいる時、赤ちゃんは歯茎に感じる痛みを和らげることができます。ですので、手ややあらゆるものを噛み始めます。この時に、感染、中毒または窒息を引き起こす恐れのあるものを噛まないように、子供が口に何でも入れ始めたら注意深く見守ってください。

・下痢。これは考えられているより、ずっと一般的な症状です。下痢は、上記の赤ちゃんが口に何かを入れた結果として起こります。つまり、歯が生えるプロセスとは直接的には関係はありません。この症状が続く場合は、何か別の症状の可能性があるので、できるだけ早く小児科医に相談することをお勧めします。

・様々な気分の変化。子供の振る舞いや気分の変化に驚かされるかもしれません。赤ちゃんは痛みや不快感のために無気力になったりするかもしれません。歯が生え始めると、乳児によってはより活発になり注意深くなる乳児もいますし、不快感から気をそらすためにあらゆる行動をし始めます。自分の髪や耳を引っ張り始めるかもしれないので、注意しておきましょう。

初めての歯が生えるプロセス

何でも齧る赤ちゃん

今回ここでご紹介したサインに注意を払っていれば、「歯の生え始め」と呼ばれるプロセスがいつ始まるのかを予想することができるでしょう。

歯が生えてきたら、何をすればいいでしょうか?子供の不快感を和らげ少しでも楽にしてあげるために私たちは何ができるでしょうか?

いつもと同じように信頼できる小児科医に行くことが何よりも良い解決方法でしょう。病気や赤ちゃんの専門家は、あなたの考えを確認したり、症状が何かの兆候だと判断することができます。

専門家が私たちに共有してくれる情報は、親として安心するために、そして、どうやって子供の苦しみを和らげていいのかを知るために非常に重要な情報です。

また、小児科では何らかの症状が歯の生え始めによるものであると診断した場合、歯茎の痛みを和らげるのに効果的なドロップを処方してくれるかもしれません。しかし、副作用を防ぐために、ドロップをむやみやたらに使用しないよう注意しましょう。

また、ジェルとゴムのおもちゃを薦めることもあります。このようなアドバイスを参考にして、乳歯が生えてくるプロセスを楽しく、待ち遠しいものにしてみてください。新しい真珠のような真っ白い歯を見せて笑う子どもの笑顔よりも美しいものはありません。