クレードルキャップの意味と治療すべき時期は?

2018年5月30日
クレードルキャップは病気ではなく、美的感覚の問題です。フケに似た乾燥した鱗状の皮膚で、黄色い油っぽい痂皮を伴います。もし、突起の数が増えたり、合併症を発症したりした場合は、治療を受ける必要があります。

クレードルキャップは、脂漏性皮膚炎と呼ばれる状態に対してよく使用される用語です。

これは、赤ちゃんの頭皮に黄色または白っぽい痂皮として影響を与えます。

クレードルキャップが発現する時期は?

クレードルキャップは、通常生後2週間から3週間に発現し、脂性乾燥肌のように見えることがあります。これは3歳までの子どもに見られます。

このタイプの脂漏性皮膚炎は、新生児の約10%に影響を与えています。病斑は頭部、眉毛、眉間、耳の後ろ、時には皮膚のしわにも発現します。

クレードルキャップは、遺伝的および気象的な要因に関連しています。ホルモンバランスの乱れは、皮脂腺に余分な油を出させる原因にもなります。

これらは害があるわけでも痛みがあるわけでもありませんが、取り除くべきではありません。ケガや感染の原因となる可能性があるからです。

クレードルキャップに伝染性はなく、衛生状態を悪化させることもありません。

クレードルキャップの原因

一部の赤ちゃんは、生まれるときに起こる栄養の変化に反応します。

妊娠中は、赤ちゃんの栄養は胎盤から送られます。出産後は、母乳や粉ミルクから栄養を取得します。

子どもによって異なりますが、多量の脂肪が、皮脂腺に過度の刺激をもたらし、クレードルキャップにつながるのです。

母親から胎児に伝わるホルモンも考えられる原因の1つです。いくつかの例では、頭皮の皮脂で成長する菌類によって引き起こされる刺激である可能性が示唆されています。

多くの人が考えることとは対照的に、クレードルキャップは乳糖不耐症や消化器系の問題のサインではありません。

考えられるその他の原因には、極端な気候条件や免疫システムの問題、ストレス、特定のスキンコンディションなどがあります。

クレードルキャップが無害であると専門家が同意することは注目すべきです。しかし、根本的な原因は必ずしも無害であるとは限りませんので、常に用心することが大切です。

アトピー性皮膚炎は、赤ちゃんにクレードルキャップの影響を受けやすくしてしまいます。明確な原因は分かりませんが、母乳育ちの赤ちゃんの皮膚に起こる普通の炎症です。

クレードルキャップが発現する部位によって、色や外観が異なります。頭皮の場合は、クレードルキャップは白か黄色で脂っぽい外観です。

顔の場合は、赤みを帯びて、黄色っぽい痂皮を伴います。適切な治療をすれば、このスキンコンディションはすぐに治ります。

クレードルキャップは、子供が年齢を重ねても再発する可能性があることを忘れないことが大切です。

解決策と問題

ごくわずかであれば、心配する必要はありません。治療しなくても、クレードルキャップは数カ月経つと消える可能性があります。

その時間を短縮したい場合は、剥がれ落ちるまでクリームやベビーオイルで柔らかくすることもできます。

それらのベビー用品を使って患部をマッサージするだけです。子どもをお風呂に入れる場合は30分間待ちましょう。

毎日、赤ちゃんの頭をコスメティックスシャンプーではなく、薬局で購入したシャンプーを使用して洗ってください。

また、赤ちゃんの髪を梳かし、医師が処方した治療薬を塗布してください。

頭を洗われる赤ちゃん

もう一つの選択肢は、湿ったスポンジとシャンプーを使用することです。痂皮の一部がほぐれるまで、赤ちゃんの頭を優しくこすってください。このプロセスを3日間ごとに極めて繊細に繰り返してください。

とても薄く壊れやすい新生児の皮膚を扱っていることを忘れないでください。また、赤ちゃんの頭の柔らかい場所の周りは特に注意しましょう。

脂漏性皮膚炎は、額と眉にまで広がる可能性があります。痂皮に膿がある場合でも、オリーブオイルとアーモンドオイルでこの問題を解決できます。

皮膚軟化剤を塗布して赤ちゃんの頭皮をマッサージしても構いません。オイルを使用した場合は一晩置いてください。

朝に髪が乾燥しにくいシャンプーで赤ちゃんの頭を洗ってください。赤ちゃんの髪を肌に優しいブラシで梳くと痂皮の除去に効果的です。

特別な注意を払うべきサイン

クレードルキャップが非常に大きな場合や縁が赤みがかって黄色くなってきた場合は注意してください。その場合は担当の小児科医にアポイントメントを取るべきです。

また、出血している場合や頭皮や額の外にまで広がっている場合も医師の診察を受ける必要があります。

小児科医はコルチコイドクリームや抗生物質軟膏、抗真菌クリームを勧めるかもしれません。

クレードルキャップは審美的に不快かもしれませんが、治療は簡単で、それ自体は赤ちゃんの健康にいかなるリスクももたらさないことを覚えておいてください。

あなたへおすすめ