Bexseroワクチンについて知っておくべきこと

· 2018年5月28日

既に、Bexseroワクチンを入手、摂取している場合、あなたは幸運です。この記事では、Bexseroワクチンについての知っておくべき知識を紹介しています。ぜひご覧ください。

Bexseroワクチン:知っておくべき知識

Bexseroワクチンとは何か?

Bexseroは、髄膜炎または敗血症を引き起こすB型細菌性髄膜炎菌に対するワクチンです。

ワクチンは、髄膜炎菌に対する4つの変異体のうちの3つに対して、90%以上の有効性および約70%の保護性を示すものです。

小児科医はBexseroを強く支持します。なぜなら、病気にかかることは稀であるものの、ワクチンによって髄膜炎の合併症を避けることができるからです。他のワクチンと比較しても、重大な悪影響はありません。

Bexseroワクチン2

B型髄膜炎菌とは何か?

髄膜炎菌は、髄膜炎や、敗血症のように稀ではあるが非常に重篤な感染を引き起こす細菌です。これらの疾患は重大な影響を及ぼし、10例中約1例で死に至ります。

この細菌はあらゆる年齢の人々に感染する可能性がありますが、免疫の低い幼年期から青年期の子供に、多く発症します。

髄膜炎菌性B型感染症は抗生物質で治療することができますが、治療の効果が現れるよりも速く進行することがあります。したがって、ワクチン接種による予防が最も効果的です。

B型髄膜炎

髄膜炎は、脳および脊髄を取り囲む膜におこる細菌感染症で。

治療しなければ、50%の確率で重篤な脳へのダメージを与えます。

死とは、私たちが生の価値を反映させる限りにおいて意味を成すものである。

-ミシェル ド モンテーニュ-

細菌は、人から人へ、鼻、喉または口から、体液を介して広がります。感染した人との密接かつ長期の接触によって促進されます。

平均潜伏期は4日であるが、2日から10日間潜伏することがあります。早期に診断でき、適切な治療を受けたとしても、症状の発症後最初の24〜48時間で、患者の10%が死亡します。

さらに、髄膜炎は、生存者の20%に脳損傷、難聴または学習障害を引き起こす可能性があります。

髄膜炎の最も頻繁な症状は次のとおりです:

  • 肩凝り
  • 高熱
  • 光過敏
  • 混乱
  • 頭痛
  • 嘔吐
Bexseroワクチン3

敗血症

敗血症は、身体が細菌感染に対して過剰な免疫反応を示した場合に生じる重篤な疾患です。

感染症と戦うために血液中に放出された化学物質は広範囲に炎症を引き起こし、血栓の形成や、血管に穴をあけてしまいます。これによって内臓に栄養、酸素を届ける十分な酸素が流れなくなってしまいます。

重篤な場合は、内臓が機能しなくなります。また、低血圧によって心臓の動きが悪くなってしまいます。

敗血症の患者は、病院の集中治療室で治療される。

医師は、感染症を治療し、重要な器官を守り、血圧降下を防止しよう試みます。多くの場合、手術が必要です。

B型髄膜炎またはBexseroワクチンの副作用

Bexseroワクチンに関連する反応は軽度です:

  • 苛立ち
  • 注射箇所に疼痛および発疹がでる

このワクチンは、幼児スペクトラムに含まれる通常のワクチンとは別に、少なくとも3週間を置くと良いです。

通常持続しませんが、仮に熱を持った場合は、アセトアミノフェンを投与し、最初の24時間は注射箇所を氷で冷やします。

子供のためにも、接種することに疑問を抱く必要はありません。