子供のアフタ性口内炎を治す方法

· 2018年8月23日
口内炎はたいした問題ではないように思えますが、消化系の病気やウイルス感染症の症状である可能性もあります。また、痛みがあるので、できるだけ早く治すために医師に処方された薬品を使うのが賢明です。

口内炎とは口の中にできる潰瘍のことで、一般によくあるのがアフタ性口内炎です。ほてりや痛みがあり、食事をするときには大変不快なものです。子供の場合、口内炎はひどく辛く感じますし、なかなか治らないことも多いので、子供の口内炎を治すコツを知っておくと役立ちます。

口の中の傷をアフタ性口内炎だと判断するのは専門家でなくてもできます。特徴としては、円形で白または黄色っぽい色をしており、縁が赤くなっています。また絶えず痛みを訴えるはずです。

その不快感は、熱い物、塩辛い物、辛い物、酸っぱい物を食べる時に酷くなります。また特定の液体を飲む時や歯を磨く時なども痛みが強くなるでしょう。一般に子供(赤ちゃんにできる場合もあります)の口内炎は、一つだけできることが多いですが複数できることもあります。7日から10日間で治るものですが、大きい場合はもっと長くかかる場合もあります。

子供の口内炎の原因

子供の口内炎は必ずしも原因がわかるものばかりではありません。しかしウイルス感染症によって引き起こされる場合はウイルス性口内炎で、それ以外では、ある特定の食品への消化の問題による反応あるいはアレルギー反応かもしれません。

よくあるアフタ性口内炎ができる原因は、ストレスや、鉄分、ビタミンB12、葉酸などのビタミン類や栄養素の不足だと考えられています。また乱暴な歯みがきや矯正器具で傷をつけてしまったり、唇を噛んでしまうことなども、免疫系が反応してアフタ性口内炎になってしまう原因になります。いずれにしても自然に消えるのを待つのではなく、早く治療を始めた方が良いでしょう。

口に手を当てる女の子

子供のアフタ性口内炎を治す方法

アフタ性口内炎は、歯茎、唇の内側または頬の内側にできるため、食べたり飲んだりする全ての物が当たりとても痛みを感じます。ですので、このタイプの口内炎を治す適切な知識を持っておくことが重要です。以下にいくつかの方法をご紹介するので参考にしてみてください。

1. 痛み止めにアセトアミノフェン

子供の口内炎を治すための一番確実な方法は、特に長引いていたり大きさが大きい場合は、医師に薬品を処方してもらうことです。不快感が強くぐずる場合は、痛みを緩和するためにアセトアミノフェンが処方されるでしょう。

口内炎自体の治療には次に紹介する消毒薬が良いでしょう。また、抗生物質や抗炎症剤はほぼ効かないということを覚えておきましょう。

2. 消毒薬

消毒薬は軟膏タイプやスプレータイプがあります。少量の消毒薬を1日3、4回使用することで傷が短期間で治るでしょう。

口内炎の不快感は、熱い物、塩辛い物、辛い物、酸っぱい物を食べる時に酷くなります。また特定の液体を飲む時や歯を磨く時なども痛みが強くなります。

 

3. うがい薬

アフタ性口内炎に有効なうがい薬も市販されています。ただしアルコールが含まれている物は、患部を荒らすことがあることがあるので避けます。また塩水でうがいをするのも効果的です。昔からの方法としては重曹水でのうがいがありますが、かなり痛むでしょう。

4. より強力な薬

場合によっては酷くなる傷を治すためにより強力な薬剤が必要なこともあります。その場合はグルコン酸クロルヘキシジンのうがい薬や副腎皮質ステロイド成分配合の薬が処方されるでしょう。

幼児期には特定の食品に対して敏感になることが多々あるので、消化系の異常を治療することが、子供のアフタ性口内炎の予防や治療に大変効果的です。

口に手を当てる男の子

特に注意するべき場合

前にお話したとおり、口内炎はウイルス感染症の症状としてできる場合もありますそのため熱があったりリンパ腺の腫れなどの口内炎以外の症状がある場合には、医師の診察を受ける必要があります。

また口内炎による不快感が日常生活に影響するほど痛みがひどかったり、長く続いたりしないように注意してあげなくてはなりません。子供があまりにも元気がなかったり痛みがとても激しい場合にも、小児科を受診するようにしましょう。