ほうれん草を使った4つの美味しいレシピ

· 2018年11月27日
是非お子様と一緒に作ってみてください。一緒に料理することは、お子様と時間を共有するのにも最適です。

子供に野菜を食べさせることがどれだけ大変かは子を持つ親であればご存知かと思います。しかし、ただ野菜を食べさせるだけでなく、楽しんでもらうこともできます。一体どうやって?と思った方は、ぜひこれから紹介するほうれん草のレシピを読み、参考にしてみてください。

多くの子供にとって、野菜が嫌われることは周知の事実です。そして多くの方が、子供の健康にとってこれがマイナスだと考えておられるかと思います。

理由の一つとして考えられるのが、その味です。理由は様々ですが、一つ言えることは子供は野菜を食べることを嫌う傾向があるということです。

実は、これについて論理的に説明することもできます。子供であれ大人であれ、特定の味、特に甘味に惹かれるものです。

人間は本能的に、特定の緑色の野菜に含まれる苦味を拒絶します。これは、苦味を「毒」と捉える本能的な保護メカニズムによるものです。

しかし、回避する方法もあります。最善の方法が簡単なレシピに野菜を取り入れることです。以下にいくつかのレシピを紹介します。

ほうれん草を使った4つの美味しいレシピ

食べ物を味わい得られる経験は、味や香りだけではありません。他の感覚もその一端を担います。中でも視覚は最も重要なものの一つと言えるでしょう。

これは、同じ食材であっても、見たことのない調理法で調理されたものがより魅力的に見えることからもわかります。

そして、これから紹介するホウレンソウを使った美味しいレシピにもそのアイディアが盛り込まれています。野菜を新しい、エキサイティングな方法で調理するということです。また、食事の用意を子どもと一緒に行い、調理過程に参加させることも良いアイディアです。

1.ほうれん草のフリッター

まずホウレンソウを煮ます。お湯を流し、水を絞ります。卵2つ、小麦粉2オンス、牛乳2オンスを混ぜ合わせておく。塩と胡椒で味付けしてから、すべてを混ぜあわせます。

最後に、混ぜ合わせたものを小分にし、両側がキツネ色になるまで油で揚げます。揚げたても、冷めてから食卓に並べても大丈夫です。また、どんなソースともよく合います。

「私たちは本能的から、緑色野菜などの苦味を拒絶してしまう」

2.ほうれん草のニョッキ

ニョッキは年齢、性別を問わず好まれる料理です。伝統的で応用の効く、このイタリア発の調理法は、子供の食生活に野菜を取り入れるには理想的です。ほうれん草を使えば緑色の魅力的なニョッキを作ることができます。

ホウレンソウ料理

まずほうれん草を茹で、水を切り、味付けします(約1ポンド)。次に、ほうれん草をペースト状になるまで混ぜ合わせます。次に、ジャガイモ(2ポンド)を茹でてから(栄養素を逃さないよう皮付きのまま)すりつぶします。

マッシュポテト状になったら、ホウレン草ペースト、小麦粉(5オンス)を加えます。よく混ぜ合わせたら生地を平たく伸ばしましょう。

最後に、この生地を小さく切り分け、ニョッキに成形し、料理に使用してください。子供が気にいることは請け合いです!!

3.ホウレンソウを使ったミートボール

これも、ほうれん草を使った最高においしいレシピの1つです。また、とても簡単なので、子供も参加しやすいと思います。

まず、ボウルの中でひき肉(14オンス)とほうれん草を混あわせます。ほうれん草は包丁でカットするか、ミキサーを使用して細かくしておきましょうら。別のお皿、ボウルに卵を割っておきます。

牛乳を注いだお皿に、パン2枚(ハードクラストでない)をのせます。パンが牛乳を吸ったら、ほうれん草、ひき肉のボウルに加えてよく混ぜ合わせます。

混合物をミートボールの形に成形します。その後小麦粉をつけ、卵液に絡めてから、パン粉つけ揚げます。

または、野菜スープに加え、弱火で煮込んで良いでしょう。サイドメニュー(お米など)やソースはお好みに合わせてください。

白身のお肉が好きな方は、鶏肉を使っても構いません。大ヒット間違いなしです!!

 ホウレンソウ-ミンチ ほうれん草

4.ほうれんそうのパスタ

これは、間違いなく子供が大好きなレシピです。なぜですかって?パスタが嫌いな子は滅多にいないからです。これから紹介する美味しいパスタソースで試してみてください。きっと野菜が入っているとは気付かないでしょう。

手順は以下のとおりです。簡単に説明すると、伝統的なジェノベーゼソースのバジルをほうれん草に替えて作ります。新鮮なほうれん草(7オンス)を茹で、クルミ(1オンス)、皮を剥いたアーモンド(1オンス)、パルメザンチーズ(2オンス)、小さじ1杯のレモン果汁と混ぜ合わせます。

全てが混ぜ合わさったら味をつけジェノベーゼソースの出来上がり。お好みのパスタを茹で、完成です!子供も喜ぶ、簡単で栄養価の高いレシピです。

紹介したレシピはほうれん草に焦点を当てていますが、別の野菜に変えてみても問題ありません。あくまで、重要なのは、子供の食事に多様性や栄養をプラスしてあげることです。

また、(親の監督の下で)是非お子様と一緒に作ってみてください。一緒に料理することは、お子様と時間を共有するのにも最適です。

https://youaremom.com/4-tasty-recipes-spinach/