ビタミンDの重要性

· 2018年8月17日

赤ちゃんの身体も認知能力も常に成長し続けています。今回は子供の健康にとって、どれだけビタミンDが大切なのかをご紹介したいと思います。

ビタミンDは子供の健康と成長にとって必要不可欠です。

ビタミンDはカルシウムをはじめとする重要なミネラルを吸収するのに役立ちます。また歯や骨の成長を助ける役割もあります。

その他にもビタミンDはホルモンとして作用し、様々な働きをします。血管と脳が適切に働くのにも役立っています。

また、心血管系や免疫システムに対して多くの効果を発揮し、呼吸器系を守る働きもあります。

人間は、体内で自然にビタミンDを生成することができることを覚えておいてください。ビタミンの生成は外に出て日光を頻繁に浴びることで起こります。

なぜ医師の指導のもとでビタミンDを摂取する必要があるのか?

このプロビタミンは、神経システムと骨構造の保護及び全体的な機能において重要な役割を果たしています。

ビタミンDの必要摂取量ははっきりしています。ビタミンの含有量は供給源によって異なり、食べ物のような自然なものにも人工的なものにも含まれています。

摂取量や方法を間違えると、子供の生活の質を低下させる恐れもあります。ですから、ビタミンDを摂取し始める前に小児科医に相談するなど、医師の指導のもとでビタミンDを摂取する必要があるのです。

・ビタミンD欠乏症は、下痢や腎臓病、肝臓病の原因となることがあります。

・ビタミンDが不足すると骨の石灰化障害が起こり骨の脆弱性を引き起こします。

子供くる病

・皮膚癌。 子供が日光を過度に浴びることによって引き起こされます。

ビタミンDが含まれた食品

ビタミンDを含んだ卵

ビタミンDが含まれた美味しい食べ物あります。ここでいくつかご紹介しましょう:

・ヨーグルト

・魚

・オレンジジュース

・ミルク

・シリアル

・チーズ

・卵(卵黄)

これらの食べ物は栄養価が非常に高く、赤ちゃんが食べることで元気に育つのを助けるでしょう。

ビタミンDの含有量はそれぞれの食物によって違います。子供の年齢に応じて、摂取する量を増やしたり減らしたりして調節してください。

様々なビタミン

イチゴの入った離乳食

 

ビタミンとは一体何なのかと一度は疑問に思った事があるかと思います。ビタミンは、体が成長するのを助ける食べ物に含まれているミネラルや物質です。

すべてのビタミンが含まれた食品には、それぞれ様々な効果があります。

・ミルクに含まれるビタミンDはや骨の成長を助けます。またこの成分は、シリアルや魚、レバーや卵にも含まれています。ですからこれらの食品は私たちの食生活において必要不可欠なのです。

・ミルク、レバー、オレンジ、緑黄色野菜はビタミンAがたくさん含まれている食物です。にんじんには特に暗視能力を改善する機能があります。

・ビタミンCは治癒力を高めます。柑橘類、赤ピーマン、ブロッコリー及びキウイに多く含まれています。

・エネルギーを作り出すためにはビタミンBが必要です。肉、卵、魚介類、全粒粉は子供が必要な摂取量を確実に取るための素晴らしい選択肢です。

 日光

自然は人の体に大きなメリットをもたらします。日光を浴びることはビタミンD摂取を助け、多くの利益をもたらしてくれます。多くの医師は、新生児を一日20分から30分の間、日光浴させることを勧めています。

推奨されている時間は午前7時から午前10時までと、 午後4時から午後6時までです。

太陽を浴びる時間は、子供ひとりひとりの状態によって決めるのが良いでしょう。

6ヶ月未満の赤ちゃんは直接日光を浴びないように気を付けましょう。繊細な肌が傷つけられてしまう恐れがあるからです。この時期の赤ん坊は、母乳によって必要なビタミン Dを摂取しています。

子供も大人もビタミンD欠乏症になることがあります。それを避けるためには、健康的な食事が必要不可欠です。