立ち止まってよママ:子ども時代は待ってくれない

· 2018年7月18日

立ち止まって、ママ。私の子ども時代は待ってくれないから。全部完璧である必要なんてないの。毎回の食事が完璧じゃなくていいの。私の思い付きを全部叶えるために自分を犠牲にすることはないんだよ。

私は水たまりに飛び込んだり、服をどろどろにしたいだけなんだ。それが成長するってことだもんね。

校門に誰よりも先に迎えに来てくれなくてもいいんだよ。違うの、ママ。私はママが満たされていて、満足していて、幸せでいてほしいだけ。息苦しく思ってほしくない。自分の時間も作ってほしいんだよ。一番は、私に大好きだよって言って、かがんで微笑みかけてほしいな。

毎日大好きって伝えてね。それは5秒とかからないけど、私はそれを一生忘れないよ。保証する。この思い出が私が悲しいときや暗い毎日で気分が落ち込んでいるときに私を助けてくれるはずだから。

それから私を私にするものは私の間違いでも達成したことでもないということをわかってほしいんだ。私はただの人間で、成功もすれば失敗もするのだから。

愛してるって伝えてね

ママ、ゆっくりしてね

私のシャツを完璧にアイロンしてくれなくていいんだよ、ママ。逆に私の服をハグでしわくちゃにしてほしい。本当に大切なことはお互いを愛し合うことで、家がどれだけきれいかじゃないってことを私に感じさせてほしんだ。

私が遊ぶのを見て、服にシミをつくるんじゃないかって心配しないでね。ママにくすぐったりキスしたりしてほしい。私の秘密を共有したり、一緒に時を過ごし、秘密基地や私たちだけのお話やゲームを持ちたいの。

大切なのは私が持っているおもちゃではなくて、それから何を学び、どうやってママと一緒に遊ぶかなんだよね。私はママが私のことを見てくれていて、理解してくれていて、私は自由に感じ、話し、行動できると感じられなきゃいけないんだ。

私は私の気持ちが理にかなっているということをわからないといけない。私は認めてもらうためにママのことを見るの。間違えちゃったときもそうだよ。そして忘れないで、ママ。私が何か間違ったことをしちゃったときこそ、ママのことが一番必要なときなんだよ。

私のことを認めてほしい

私を遠ざけて、悪い子だって言わないで。私はママの言葉がまるでエコーがかかってるみたいに何度も聞こえるの。がまんして、私が自分を怪我させてしまったり、他の人を悲しませてしまうことがあるんだということを時間をかけて説明してほしい。

本当だよ、ママ。時間が経てば私は理解できるけど、今はママに座ってものごとを私に説明してほしいの。私が子どもでいるときを一緒に楽しんで、毎日触れ合おうね。ママが私と手をつなぐことがなくなっても、この思い出が私を動かしてくれるものになるんだよ。

柔軟に、私に実験させて

今日私が野菜を食べることになっているってことなんて関係ない。私はケーキをママに作ってあげたい気分かも。卵を割って、小麦粉と混ぜて、その眺めを楽しむの。そうやって、私はママと世界を共有して、私たちだけの世界を作るんだ。ママが床で一緒に遊んでくれたみたいに。そういう瞬間が私は大好きなんだ!

ママ、少しリラックスして考えてみて。ママはたくさんやることがあるんだってわかってるよ。でも、ママがゆっくりしてくれなきゃ、私が子どもでいられるときはあっという間に終わってしまうんだよ。私と時間を一緒に過ごして、なんでもコントロールしようといないで。

人生で一番素敵なことは、何も計画してないときに起こるんだ。警戒を解いて。6時じゃなくて6時半にたまにはご飯を食べてもいいでしょ。ママは私に人生で一番大切なことは何かを教えてくれる。だから時々は、お皿洗いは後でもいいよね。

子どもとしてママと過ごせる時間はあっという間

ベッドでごろごろするときは、声を出して笑って、気になっていることを話したり忘れられないときを一緒に過ごそう。本当に、ママの愛が私を成長させるんだ。私の子ども時代を素敵にするのは、ママの愛情なんだよ。

でも、もしママが私が泥の中に入ったり虫と遊んだりするを許してくれなかったり、私の秘密を打ち明けたりお花をつんだりするチャンスをくれなかったら、私の子ども時代は、その魔法と意味がいくらか失われてしまうんだ。

ゆっくりして、ママ。焦る必要はないんだよ。ママが忙しいのはわかってる。でも一緒ならシンプルで楽しくできるよ。私が泣いたり、笑ったり、想像して世界を探検するのを許してね。

怖がらないで。重荷にも感じないで。覚えておいてね、一回ハグをしてくれるだけで、私の世界は光に満ち溢れるってことを。私にとっては、ママが近くにいてくれるときほど素敵な気持ちは他にないの。だって毎日、ママが私を世界の一部になれるように育ててくれてるんだから。

忘れないで:ママが先延ばしできないたった一つの予約は、私の子ども時代なんだってことを。これは片道切符で、後戻りはできないんだってことを。