妊娠に関する知られざる7つの事実

· 2018年9月26日

妊娠中の様子は人それぞれ違いますが、1つだけ共通することがあります。それは、人生の一部でありながら、魅力と神秘に溢れているプロセスだということです。妊娠に関しては数多くの迷信があり、事実との境界線が分からなくなるほどです。

多くの人が知っていると一般的に信じられている妊娠にも、間違っていることがたくさんあります。その事実を聞いて驚くかもしれませんが、知らなくてもおかしくない事実もあります。

妊娠に関する情報は変化しています。一般的に信じられているもの、または科学的に研究され証明されたものがありますが、何を信じるかはあなた次第です。

もうすでに妊娠期間を終わらせた方もいるかもしれません。しかし、不思議なことが全くなかったというわけではないでしょう。人によっては、出産するだいぶ前から母乳が出てくる人もいます。これは科学的にも証明されていることで、十分にあり得ることです。

こちらもご覧ください 妊娠中でも生生活を楽しむことは可能です

 

妊娠期間

これからご紹介する事実は、他のものに比べて奇妙に感じることもあるかもしれません。例えば、母親のストレスが子供の行動に影響する恐れがあるという事実を疑う人もいるでしょう。

実際に自分に起きても信じられないようなことはたくさんあるのです。それではその7つをご紹介しましょう。

幸せな妊娠

 

妊娠に関する7つの驚くべき事実

・空腹感や吐き気は妊娠期間中の嗅覚が原因かもしれません。妊娠中の女性の嗅覚は普段より敏感になります。大して強くなくても、ある特定の匂いを不快に感じることがあるでしょう。

・お腹のふくらみ以外に身体的に多くみられる変化が髪の毛です。非常に健康的で輝く髪の毛に変化します。これはホルモンのおかげなので、残念なことに妊娠期間が終わるとともに元に戻りします。また全ての女性が経験するわけではなく、中には髪の毛が抜ける人も多くいます。

赤ちゃんは子宮の中で様々なことをしています。例えば、しゃっくり、あくび、指しゃぶり、体の向きを変えたり、夢も見ます。子宮の中でいったいどんな夢を見ているんでしょうね?

出産後でも子宮の収縮を感じることがあります。特に赤ちゃんを抱いたときに起こりやすく、出産後、数日間続きます。これは体の反射作用で、痛みを感じた部分が収縮を続けるのです。

つわりで赤ちゃんの性別が分かることもあります。研究によると、赤ちゃんが男の子の場合より、女の子の場合の方がつわりがきつかったりします。

・妊娠中に足が大きくなることもあります。これは子宮腔と膣管を出産中に開く働きのあるリラキシンというホルモンの影響によるものです。研究によると、10人中7人の女性がこれを経験します。また、このホルモンは足の靭帯にも影響を与えます。

・赤ちゃんの心臓は一番最初に発達する部分の1つです。妊娠最初の数週間で赤ちゃんの心拍を聞くことができるでしょう。受精後約6週間ほどで初めて心音を聞く人が多く、それは妊娠していると改めて実感する瞬間です。親になる喜びを感じると同時に、医師にとっては健康を確認する手段となります。

https://youaremom.com/surprising-facts-about-pregnancy/