あなたはヒューズ症候群と流産について知っていますか?

04 2月, 2019
この病気を持っている女性は妊娠して最初の10週間で流産することがあります。ですが、34週あたりまで妊娠を持続できることもあります。
 

今回はヒューズ症候群と流産についてお伝えします。

あなたは現在妊娠や出産を計画していますか?もしこれまでに1度、もしくは数度にわたる流産を経験しているなら、あなたはヒューズ症候群かも知れません。

この病気に関しては様々な研究がなされており、現在では治療法も確立し、患者はより良い生活を送ることが出来るようになりました。では、詳しく見ていきましょう。

こちらもご覧ください 出産はどれくらい時間がかかるの?

 

ヒューズ症候群ってなに?

ヒューズ症候群とは血液に粘性が増す稀な病気です。

血液が固まり、血管が詰まってしまうので血栓症とも呼ばれています。

この血栓は循環器のどこに出来てもおかしくなく、動脈内に出来ることもありますし、これは脳卒中のリスクを高めます。

妊娠中の女性に関して言えば妊娠中期の流産につながる可能性があります。胎盤がその影響に耐え切れなくなるためです。

血液

 

ヒューズ症候群の原因

この病気は抗リン脂質抗体症候群と呼ばれます。

血中の抗リン脂質自己抗体という異常なたんぱく質の生成が原因となっています。この抗体が免疫系を刺激することで、血液の凝固を促してしまうのです。

 

ヒューズ症候群の種類

  • 原発性:滄浪など、その他の病気路関連していない場合、原発性と考えらえれます。
  • 続発性:続発性ヒューズ症候群は、血管システムを含む体内のいくつかのシステムに損傷が及ぼされる自己免疫疾患によるものです。

ヒューズ症候群の症状

この病気がはっきり分かるような症状はありません。そして他の病気と勘違いしてしまうような体の不調が出てきます。

最も多い症状は以下のものです。

ひどい頭痛もしくは片頭痛

・関節痛

循環器系の病気

・皮膚が冷たい

・急性の場合、てんかんや、膝やひじは青紫色になる

この病気を持っている女性は妊娠して最初の10週間で流産することがあります。ですが、34週あたりまで妊娠を持続できることもあります。

こちらもご覧ください 出産予定日を過ぎるとどうなるの?

 

ヒューズ症候群はどうやって診断される?

この病気はもちろん医師によってのみ診断されます。女性の個人的な病歴、家族の病歴、身体検査、いくつかの臨床検査などを通して判断されるのです。

また医師は特殊な血液検査を行って抗リン脂質抗体を発見します。

あなたが不安に思っている血管の詰まりやその他の症状に関して重要な情報を医師と共有してください。

ヒューズ症候群は年齢に関係なく発病しますが、適切な治療を受ければ生活の質を改善することは出来ます。

 

ヒューズ症候群にありがちな合併症

治療はアスピリン、ヘパリン、ワルファリンを使用します。これらの抗凝固剤は全て血栓ができるのを防いでくれるのです。

ヒューズ症候群が適切な時期に見つからなかった場合、脳卒中、失明、心臓発作などその他の合併症を引き起こすこともあります。

 

また欠陥が詰まると、体全体にうまく血液が循環できなくなりますし、肺の中に血液の塊が出来てしまうこともあります。そうすると息切れ、胸の痛み、咳を引き起こします。

医者

 

ヒューズ症候群と妊娠

このようにヒューズ症候群は様々な悪影響を体に及ぼしますが、それでもやはり妊娠を成功させることは出来ます。計画的に妊娠する場合、妊娠前に血液を薄くする治療を施すことも出来ます。

適切な治療を行わなければ、胎盤内に血栓ができ、胎児への栄養素の供給を妨げる可能性があります。これは流産や子癇前症を引き起こします。

妊娠後にこの病気が見つかった場合、ほとんどの医師はアスピリンを処方します。それが血液の粘性を減少させ、約80%の患者が無事に出産までたどり着いています。

このように、適切なタイミングでヒューズ症候群を発見すれば流産を回避し、安全な妊娠生活を送ることが出来るのです

 

Khalid, U., & Saleem, T. (2011). Hughes-stovin syndrome. Orphanet Journal of Rare Diseases. http://doi.org/10.1186/1750-1172-6-15

Hughes, G. R. V. (2008). Hughes Syndrome (the antiphospholipid syndrome). Ten clinical lessons. Autoimmunity Reviews. http://doi.org/10.1016/j.autrev.2007.11.017

Hughes, G. R. V. (2011). Hughes syndrome (the antiphospholipid syndrome): A disease of our time. Inflammopharmacology. http://doi.org/10.1007/s10787-010-0071-3

Sheiner, E., Levy, A., Katz, M., & Mazor, M. (2005). Pregnancy outcome following recurrent spontaneous abortions. European Journal of Obstetrics Gynecology and Reproductive Biology. http://doi.org/10.1016/j.ejogrb.2004.06.015

HASSOLD, T., CHEN, N., FUNKHOUSER, J., JOOSS, T., MANUEL, B., MATSUURA, J., … JACOBS, P. A. (1980). A cytogenetic study of 1000 spontaneous abortions. Annals of Human Genetics. http://doi.org/10.1111/j.1469-1809.1980.tb00955.x