奇胎妊娠ってなに?その要因と症状について

· 2019年1月11日
奇胎妊娠を経験しても、診断と治療が適切であれば、その後また妊娠することが出来ます。常に医師のアドバイスに従いましょう。

奇胎妊娠とは、妊娠周期を全うすることの出来ない妊娠異常のことを言います。これは受精卵が急速に成長し、嚢胞になることで起こります。

胎盤に形成される栄養芽層が制御不能に再生し、細胞奇胎と呼ばれるものを形成します。

この異形型の妊娠は、完全または部分的に起こり得ます。

塊に胚形成が含まれていなければ完全奇胎妊娠です。

・嚢胞の塊に胎児が見つかった場合は部分的なものです。

・嚢胞と空間を共有する双子が存在している可能性もあります。

このタイプの妊娠は通常、遺伝的なエラーによって起こります。完全奇胎妊娠の場合、1つまたは2つの精子が空の卵子と受精し、遺伝的要素は全て父親から得ます。

部分奇胎妊娠の場合は、母親からの遺伝物質も得ますが、父親からの遺伝物質は重複しています。また通常は46である染色体数が、69になっています。

部分奇胎妊娠の場合、残念ながら異常な嚢胞の成長によって、胎児が成長することはありません。

どのくらいの頻度でこれは起こっているのでしょうか? それは1,000人に0.5または1人の確率です。

こちらもご覧ください 精子の生存競争について

 

奇胎妊娠の危険因子

以下が奇胎妊娠の危険因子です。

40歳以上の女性の妊娠。胞状奇胎の可能性が高まります。

・以前に奇胎妊娠をしたことがある。

流産の経験のがある。

・タンパク質の摂取不足、カロテン(ビタミンA)の摂取不足など、栄養分が足りていない。

不妊治療による妊娠。

 

奇胎妊娠とその症状はどのように現れる?

普通妊娠をするとそのサインを女性は感じます。例えば生理が来ない、吐き気がする、下腹部が膨らみ始めるなどが挙げられます。

また、通常の妊娠では見られない症状が奇胎妊娠の場合には現れます。

次のような症状が見られたら要注意です。

膣からの出血や、組織がブドウ粒状態の嚢胞を形成している

・吐き気や嘔吐

・高血圧

・下半身の腫れ

貧血

・卵巣嚢胞

子宮が非常に大きい、または小さい

・心音や体の動きなど、胎児の生命反応がない。

いづれにせよ医師は高レベルの妊娠ホルモンhCGの分析的な検査をする必要があります。

骨盤解析やエコー検査をすることによって、胎児の異常なサイズやブドウ粒状態の嚢胞の形成を検知することが出来ます。

こちらもご覧ください 40代でママになる高齢出産のメリットとは

 

奇胎妊娠の治療法

奇胎妊娠は通常流産につながります。それを避けるためには、掻爬術(そうはじゅつ)などの外科手術や薬によって取り除かなければなりません

胎児が存在してない、またはもし存在していたとしても生存することが出来ない場合もあります。

奇胎組織を取り除いた後も、再び生産さえれる可能性もあるので経過を見なければならない場合もあります。この異常な組織の増殖は持続性の妊娠性絨毛性腫瘍を形成します。

これは完全奇胎妊娠の場合は15~20%の確率、部分奇胎妊娠で5%の確立になります。

 

奇胎妊娠の合併症

奇胎妊娠によって様々な合併症が引き起こされることもあります。

・この異形型の妊娠には様々な合併症が引き起こされる可能性があり、そのため適切な時期に発見、診断されると、その後の女性の生殖器の健康維持や将来的な普通妊娠の可能性を高めることが出来ます。

・一方で、奇胎が子宮の細胞に深く根付いている場合もあり、痛みや膣からの出血を引き起こすこともあります。奇胎妊娠では、胎児が成長することはありません。

胎児 奇胎妊娠 胞状奇胎

・また、妊娠性絨毛性腫瘍が現れると、高い可能性で癌の一種である脈絡膜発疹が発生します。これは化学療法で治療することが出来ますが、場合によっては子宮摘出をしなければならないこともあります。

・子癇前症もまた可能性として発生することがあります。血圧が高くなります。

・稀な合併症ですが、甲状腺に影響を与えることもあります。

 

奇胎妊娠の後はどうしたらよいのか?

奇胎妊娠を経験しても、診断と治療が適切であれば、その後また妊娠することが出来ます。常に医師のアドバイスに従いましょう。

通常、産科医は1年妊娠を待つよう勧めます。その間に生殖器の健康を維持するため、奇胎の残骸がないか確認する必要があります。