子どもの異常性欲:その予防法とは

2019年4月7日
子どもの性欲異常は子どもの教育、周りとのかかわり、メディアの影響のために起こる現象です。その予防の仕方をご存知ですか?

子どもにおける異常性欲とは、とても若いうちから特に女の子において性欲が高まることを指します。その主な原因は、メディアやインターネットを通して画像やメッセージにさらされることです。

そのために、親はショッキングで予期せぬシチュエーションだけでなく、道徳的価値観を疑うような場面に直面することになります。

自分の見た目に集中することで、子どもは自分を他の子と比べ、自分自身の価値を下げ、自分のアイデンティティを形成する年齢のときに他人に合わせようとするようになるというところに、その危険性はあります。

若いときに子どもが自分の体重に固執し始めることはおかしなことではありません。もちろん、このような行為からは心理的・身体的問題しか生まれないので注意も必要です。

子どもの異常性欲は子どもが虐待的な性的関係に関わらなければならないという圧力を感じることも指しています。これはこの年齢の子どもに不適切なだけではなく、発達の過程にも、自分の性について認識する速度にもかかわります。これらすべての要素は子どもの心理的健康に負の影響を与えます。

子どもの異常性欲はポルノ画像にさらされることに関係していると考えられています。しかし、女の子に関しては、それはむしろ自分の見た目や女性の社会の中での役割に関係しています。実際、このプレッシャーは親自身やメディアからきていることさえあるのです。

新しい現象:子どもの異常性欲

この社会現象は自分中心の社会の発展の産物です。この社会は特定の行動を促すステレオタイプがあり、マーケティング目的で簡単に操れるターゲットとしての若い聴衆がいます。

女の子における異常性欲が男の子より早く始まるということに対しては不安を感じてしまいます。全体的なコンセプトはファッション産業やソーシャルメディアなど、ユーザーに新たな消費をさせたがる特定の産業によって作られてきました。

子どもの異常性欲 子ども 異常性欲

インターネット、音楽、テレビなどを通して、見た目や誘惑の重要性についてのメッセージを伝えてきます。悲しいことに、小さな子供はこれに特に影響を受けてしまうのです。

男の子も女の子も大人のロールモデルに見る特定の行動を真似することがあります。ですが、子どもが参考にする行動の中には、子どもの年齢に合っていないものがあったり、子どもの心理的・身体的健康を害するものがあるということを子どもに説明することは簡単ではありません。

親は、社会のジェンダーの平等の進み具合にさらに気を配らなければなりません。こういった行動やステレオタイプが出てきたときには特にそうです。

ですので、全ての教育プログラムにおける教育や訓練、そして学校の外での教育においてもより幅広い視点が必要なのです。

「子どもは道具やおもちゃでもっと遊ぶべきだ。子どもは絵を描いたり何かを組み立てたりするべきだ。子どもはより多くの感情を感じ、その時代の問題についてもっと心配しないようになるべきだ。」
-ウィリアム・ペン

子どもの性欲異常を予防するには

子どもの未成熟な異常性欲が起こらないようにするためには、以下のことを考慮に入れてみてください:

  • 自己批判をして、自分の価値観があなたが子どもに求めていることと一致しているかどうかを見直しましょう。
  • 自分で設定した限界を子どもに教え、「ノー」と言えるようになりましょう。
  • 性について、そして自分自身を尊重することについてオープンに話しましょう。
  • 子どもが特定の行動や画像についてクリティカルシンキングができるように助けてあげましょう。
  • 子どもが芸術やスポーツなど、価値観を強化するような興味を持つように促しましょう。
  • 学校が性教育における倫理規定を提供していることを確かめましょう。
社会のステレオタイプ 子ども 異常性欲

さらに、以上のアドバイスに加えて、子どもの性欲異常に対峙するときに最も大切なことは、子どもに人生のすべての瞬間を最大限に生かさせることです。

子どもに全てのことにはタイミングがあり、子どもの活動や毎日のルーチンは自分の年齢に適したものであるべきだということを教えましょう。

最後に、子どもを常在するエロチシズムから守ってあげる必要があるということを心に留めておきましょう。そしてもちろん、あなたが子どもと良いコミュニケーションを維持し、不適切な行動をしないようにすることをお勧めします。