子供の性別を予想するためのおばあちゃんの秘密の方法

· 2018年6月22日

おばあちゃんが知っている赤ちゃんの性別を予想する秘密の方法は迷信のようなものです。一般的に科学的な裏付けがされない一方で、これらの伝承は世代から世代へと受け継がれてきました。

どんな場合でも、自分の赤ちゃんの性別が気にならない人はいません。

言い伝えというものは、一般的に害にならないものなので、来の母親は伝統に近いものとしてこれらの方法を試したいと思うのです。

また、この方法は非科学的なものであるため不思議で陰謀めいていますが、母子の健康を損なう恐れがあるわけではありません。

昔のおばあちゃんたちも、今と同じように単純に母親を見ることで子供の性別が分かると考えていました。

お腹の大きさと形、歩き方など妊婦の外観で男の子が生まれるのか女の子が生まれるのか判別出来ると思われていたのです。

とても有名な言い伝え

これらの方法は迷信であるにも関わらず、今でも多くの人が超音波検査なしで赤ちゃんの性別が分かると言います。なぜなら、これにはたくさんの実証があるからです。

最も有名な方法の中でも、あり得ないものもあればある程度科学的なものもあります。これは話の上手さではなく、信用度の問題なのです。

言い換えれば、これらのおばあちゃんから受け継いだ方法は何度も多くの人から支持されて有名になるのです。どんな理由にせよ人はこれらの言い伝えを伝えて有名にし、今日でもそれが生きているのです。

おばあちゃんの赤ちゃんの性別を知る秘密の方法

また、これらの方法は生まれるまで赤ちゃんの性別が分からない時代によく使われていました。

どんなにおかしな方法でも人気があったのです。そして、現在でも医学的根拠には欠けているのです

有名な方法には次のようなものがあります。

  • お腹の中の場所が性別を表していると信じられています:上向きなら女の子、下向きなら男の子
  • お腹の形によって男の子女の子が分かれる。尖った形なら男の子、丸い形なら女の子。
  • 美味しい食べ物を欲するようになったら男の子が出てくる、甘いものなら女の子。
  • 女の子を妊娠すると可愛くなる。艶があってふくよかになっていく。ニキビやシミや乾燥肌になったら男の子を妊娠している。
  • おばあちゃんは、男の子を妊娠したら腰ではなくてお尻が大きくなると言っている。
  • 男の子の夢をみたら、お母さんは女の子を望んでいてそれが反対の結果になることを示している。これは近しい家族の夢にも同様に現れる。
  • 鎖の上の金の指輪を母親の手のひらかお腹の上に乗せて、その動きで赤ちゃんの性別が判別出来る。円を描くように動いたら女の子、振り子のように前後に動いたら男の子。
  • 女の子の方が、妊娠中の症状が強いと言われる。
  • オイルを数滴お腹に垂らすと性別が分かることがある。例えばそのオイルが早く落ちれば男の子。
  • 心拍数が性別を判別する方法になり得る。140以上あれば女の子が生まれると言われる。