母親について6つの間違った言い伝え

2018年7月27日

もうすぐ子どもが生まれて、自分が母親になるという強烈に幸せな感情が、なぜか心の中で自分を疑うような暗い気持ちに覆われてしまうことがあります。母親について様々な間違った言い伝えを聞くと、さらに不安になってしまうでしょう。

社会でよく聞かれる言い伝えは、その話題についての知識や確実性に欠けるものがあります。数々の非常識で、根拠のない母親についての考え方が、代々伝えられてきたとも言えるでしょう。

そういった信念が、まだ経験少ない母親を心配させ、小さな子どもの養育に不安を感じてしまうのです。立派に育児をこなしているのに、それが不十分だと思い始めることもあります。

母親に関する言い伝えのことで悩まなくてもいいのです。むしろ、母親として分からない事や心配事があったら、自分で調べたり、専門家の意見を求めたりして、正確な解決法を見つけ出すようにするべきです。

母親に関して耳にすること全てが正しい訳ではないのです。妊娠は一人一人違うと理解するのは重要です。それぞれの赤ちゃんは違う発達の仕方をするのです。育児に関する正確な知識を得ることで、素晴らしい子育てができるようになります。

母親に関する言い伝え

母親の感情

今回この記事では、母親に関するいくつかの言い伝えとその真実についてご紹介します。正しい情報を知ると、もっと穏やかな気持ちで落ち着いて子育てができ、母親であることに自信が持てます。

母親は誰しも、母性本能を持ち合わせている。

むしろ母親であることは、多大な責任を持つことであり、誰もがそれに立ち向かえるかどうかは分からないものです。だからこそ、母親になるというのは大きな決心が必要なのです。

母親になると永遠に幸せである。

母親は小さな宝物のような子どもが成長するのを見て、喜びと満足でいっぱいになるものですが、悲しい時もあるのです。イライラしたり、心配したり、悔しがったりする時もあります。

母親になると自由を失う。

それどころか、母親になると自分の時間と趣味を持つことを、忘れないようにしなければいけないのです。母親も楽しい時間を過ごし、趣味、買い物、映画、公園に行くなど、自分を楽しむ権利があります。

良い母親は母乳育児にするもの。

母乳育児によって、子どもが健康に育つ効果があるというのは事実です。親子の絆も深まります。しかし母乳以外でも充分な栄養を与えて、子どもが健康になる方法もあるのです。

医学的に、または個人的な理由で、母乳育児を選ばなくても、けして悪い母親ではないのです。

女性は誰でも、小さい頃から母親になりたいと思っている。

母親になると幸福になり満足するというのは真実ですが、女性として必ず母親になる必要はないのです。

産後うつ病は、母親の赤ちゃんに対する愛情不足が原因。

出産後に母親が悲しくなるのは、ホルモン変化によるものです。それは子どもに対する愛情不足という意味ではありません。

間違った言い伝えを信じないための方法

母親についての言い伝え

母親に関する間違った言い伝えに対応するには、以下の方法に従って知識を増やし、間違った考え方が引き起こす不安を最低限に抑えるようにしましょう。

母親はけして完璧ではないということを覚えておきましょう。しかし、多くの母親は、毎日数々の挑戦に挑む、勇気ある人達なのです。

正直で正確な情報によって、母親という試練を乗り越えるのが少しは楽になるのではないでしょうか。

あなたへおすすめ