子供の前で喧嘩をするのはやめましょう

2019年2月12日
どんな時でも子供の身になってあげましょう。内容は分からなくても、もし自分の親が目の前で喧嘩しているのを見たらどう思うでしょう?子供は大きなストレスを感じ、ネガティブな影響を及ぼしてしまいます。

私たちは怒りや苦しみを抱いている時には、誤った決断をすることがあります。例えば、パートナーに対して激怒しているときなどは、たった一つの大切な事実すら忘れてしまうことがあります。それは、子供の前では喧嘩をしないということです。

それが子供にとってどのような影響を与えるのか認識しておくことも大切です。

もちろんどんなカップルでも喧嘩はします。たとえ幸せなカップルでも、難しい時期はやってきます。

これはお互いのことをより良く知り、共通点を探るために必要なことである意味では避けることはできないものです。

言うまでもなく口論には、いつそれが終わるのかが分からないと言う不都合な点があります。特にイライラしている時には、一時的にその問題から離れることができることを私たちは覚えておかなければなりません。

ですから、もし子供が近くにいるなら、怒りを一時的に抑え、二人きりになるまで口論を先延ばしにするのが最善です。

この気遣いによって、子供の健全な成長に大きなダメージが加わってしまうことを事前に避けることができるのが分かるでしょう。

なぜ子供の前で喧嘩するのを避けた方が良いのか

1. 何が起きているのか理解できるほど、子供はまだ大きくない

小さな子供はまだ大人の問題に直面できません。子供の前で喧嘩すると言うことは基本的にこの大人の喧嘩に子供を引きずり込むことになるのですが、この問題は子供の責任ではありませんし、子供が解決できるものでもありません。

耳に入ってくる言葉を自分なりに解釈し、子供は罪悪感、不安、悲しみや恐れといったネガティブな感情を抱きかねません。

子供の前で喧嘩をするのはやめましょう

子供の前で喧嘩をしないようにすることで、子供の情緒が健全に、そして安らかに発達する助けになります。

2. 悪い見本を見せることになる

子供が親を見て育つことは何も真新しい事実ではありません。あなたのパートナーのように最愛の人とでさえ、意見の合わないことで喧嘩していることで一体何を子供に教え込んでいるでしょうか。

 

私たちはその真逆のことを行う必要があります。口論をおさめるには言葉に気をつけ、理解を示し、相手の言うことに耳を傾けることができるように教えてあげましょう。どんなに腹が立っていても、子供の前で冷静さを失ってはいけないのです。

3. 子供が混乱してしまう

両親のように身近な人たちが喧嘩をしているのを目にすると子供はどちらかの味方をしなければならないと感じてしまいます。そして、表には表さないかもしれませんが子供はそれぞれの言い分を耳にして、とても混乱している場合があります。

この感情は両親への不信感、もしくは蓄積した怒りにさえつながることがあります。そして言うまでもなく、親子の間に起きたそのような大きなダメージは修復するのに時間がかかります。

4. ストレス

両親の喧嘩を目にするような衝撃的な経験をしてしまうと、それは子供にとって大きなストレスとなります。その結果、集中力が必要となる学校での勉強に集中できなかったりすることがあります。

子供の時に受けたストレスは身体的そして精神的な症状を引き起こすことがあります。さらに、不安症やパニック障害、学習障害などのより重大な症状を引き起こしかねません。

もし子供が近くにいるなら、怒りを一時的に抑え、二人きりになるまで口論を先延ばしにするのが最善です。

5. のちの暴力の原因となる

残念ながら、多くの喧嘩が暴力的になってしまうことがある事実を私たちは無視できません。それにより被害を被る側へのダメージだけではなく、子供にとって暴力的な行為を目撃すること以上にネガティブなものはありません。

私たちは暴力により問題を解決しようとしていることを子供に示すだけではなく、子供の精神的、情緒的な健康に重大な悪影響を引き起こそうとしているのです。

子供の前   喧嘩 影響

子供は親の仲直りを見る必要がある?

子供の前での喧嘩を常に避ける必要はないと言う人もいます。そんな人たちは、喧嘩が人生に問題はつきもので、全てが完璧なわけではないことを子供に示すための手段だと信じているのです。

もちろん、問題を解決する方法を子供に教えることが必要です。そしてそれは、何よりもお互いを尊敬する気持ちと共感、コミュニケーションに基づかなければなりません。この会話を子供と持つ時には私たちは良識を持ち、用心深くなくてはいけません。

仲直りをする時にはお互いの良いところを強調しあい、ハグやお互いを思いやることで愛情を示しましょう。

落ち着きが取り戻せたら、喧嘩してしまったことを後悔していて、二度と起きないようにすることを二人で子供に伝えましょう。家族がまた一つに戻ったことを感じることは子供にとって非常に大切なことです。

しかし、話をすることで解決できると確信が持てた場合にのみ、子供にこのような話を持ちかけるべきであることを明示しておきます。そうでないと、子供の健全な成長に害を与える可能性があるのです。