家で怒鳴らないようにするための方法

· 2018年7月22日

多くの両親が限界を超えるような状況で子どもに怒鳴らないようにしようと努力しても、ついつい家庭で怒鳴ってしまうものです。

しかし理性を失う所まで達してしまっても、状況を逆転させて、落ち着いてお互いを尊重するような環境にすることは可能なのです。

両親がいつも怒って怒鳴っていることに子どもが慣れてしまうと、徐々に子どもは反応しなくなり、自分を守るために防御規制を表すようになります。

これから紹介するアドバイスをもとに、怒鳴るのを止めて上手く状況を切り抜けるようにしましょう。

自己制御によって怒鳴らないようにする

穏やかに丁寧な口調で、子どもとのコミュニケーションを図る決心をしましょう。子どもが礼儀正しく話すようにするには、両親がお手本とならなければいけません。苛立つ状況であっても、相手を尊重するように落ち着いて話すようにしましょう。

自分の感情を健全に調整する方法を学びましょう。子どもの良いお手本となるのが親なのです。親の行動を見て、子どもは自分の気持ちや反応の仕方を習得するのです。

大人が正しい行動を示してあげる事で、子どもは共感することを学びます。家族みんなの行動を例として、子どもはそれを真似るようになります。家庭で大人がひどい口調で話していたら、子どもも同じように受け答えするようになるでしょう。

子どもは子どもらしい行動をするもの、という事をお忘れなく。子どもの行動が幼く見えたなら、それは子どもが単に自分の唯一の役割である子供らしい行動をしているに過ぎないのです。

大脳皮質は大人になってから完全に発達を終えます。成熟の途中の段階では、子どもと共に行動して、自分の感情をコントロールする方法と、穏やかに生きることを教えてあげましょう。

子どもが感情を表しているときは、それを理解していると伝えてあげましょう。ある状況で子どもがどう感じているかを分かってあげると、子どももあなたの気持ちを分かるようになるでしょう。

相手の気持ちが分かると、限度を超えてかんしゃくを起こしたりしなくなります。

怒鳴らないようにする

恨みの感情を抱くのはやめましょう。何か言いたいことがあったり、調子の悪い日があったら、人と関わる前にまず落ち着くようにするべきです。

否定的な感情を溜め込むと、概して子どもや家族と理性のない対立をすることになります。状況に反応しそうになったら、なるべく落ち着くようにしましょう。

子どもの目線から見たらどうなるか考えるようにしましょう。家庭でのルールや行動の良し悪しを決める時は、いつも子どもの考えや見方も踏まえてあげることです。

決めたルールに対して、子どもが自分から従いたいと思わせるようにしましょう。大人が言うから、無理に従うように強制させられたと、子どもが感じているのはダメです。

本当の怒りを感じているなら、黙っているのが良いでしょう。イライラするならば、攻撃的に反応しないようにしましょう。出てくる言葉をコントロールできない時は、むしろ沈黙している方がましです。

深呼吸をして、自分が落ち着くようなことを考えましょう。苛ついていても、子どもに対して傷つくようなことを言うのはやめましょう。

子どもとの関係で、言葉というのは否定的な影響を与えかねるものです。子どもに何と言うか、よく注意する必要があります。

精神的に疲れる状況を避けましょう。朝急いで準備して家を出るのが大変なら、前日に準備をしてストレスを避けるようにしましょう。

子どもがいる時に家事をこなすのがストレスになるなら、その状況を変えるような方法を考えましょう。家族の一員に助けを求めるという方法もあります。

怒鳴らないように教える

家族で一緒に身体を動かすようにしましょう。ストレス軽減には運動が一番効果的です。30分の運動で心も身体もリラックスして、健全な環境を受け入れるようになります。

家族で毎日運動することを習慣付けると、子どもとの関係も改善されるでしょう。その結果、家庭で怒鳴る回数が減ってくるはずです。

必要であれば、子どもと距離を置いてください。自分の限界に達して理性を失いそうになったら、少し子どもから離れて、瞑想するなどして、客観的に問題に直面できる方法を考えましょう。

理性的に考えられないなら話すのをやめないと、自分が発する言葉で望ましくない結果になるかもしれません。深呼吸をして、落ち着く努力をして、必要なら一人の時間を作って、子どもに怒鳴らないようにしましょう。