夜中に目を覚ます赤ちゃんは普通

2018年6月21日

何度も夜中に目を覚ます赤ちゃんは医学分野でとても具体的な名前が与えられています:それは、「普通の子供」です。小さな子供の睡眠サイクルはときどきストレスの源であり、たった二つの魔法の成分:時間と忍耐だけが必要とされるプロセスです。子供たちの脳は少しずつ成熟していきます。

多くのママとパパはたびたび赤ちゃんは「寝ることを教えられなければならない」と信じています。子供たちは安全を感じるための習慣やルーチンを必要としており、それにより瞬間毎に何が起こるのかを予測し、彼らが周囲の世界を理解する手助けとなるつながりを確立することができるのです。

今、睡眠に言及する際、私たちは赤ちゃんや幼児のまだ未熟な生物学的本能について話しています。時間の経過とともに、赤ちゃんは十分に成長し、少しずつ、最終的には7~9時間の連続した休息を取ることができるようになります。

あなたの子供が夜中に眠らない時

まだ謎のままで残っているものがあるとすれば、それは夢です。32週齢の胎児が母親の子宮で眠っている間に “夢を見る”ことができると明らかにした研究があります。しかし、一晩中眠る子供たちがいる一方で、3時間毎に起きてしまう子供たちもいる理由をまだ科学的に説明できてはいません。

私たちはある詳細を考慮に入れなけらばなりません:生後数週間の赤ちゃんであることや、周囲の世界との経験がごくわずかであることは関係がないということです。人格の基礎は、それぞれが異なる固有の個人的な要求を定義しながら、それぞれの子供の脳の中に築かれます。したがって、私たちはその要求に対して直観的かつ敏感である必要があります。

不安と恐怖

夜中にたびたび目を覚ます赤ちゃんを持った時、少しずつ不安と心配の雰囲気が生まれます。あなたは、彼に何か問題があるのか、彼は病気なのか、または自分が何か間違ったことをしているのではと疑問に思います。

  • 赤ちゃんが夜中に目を覚ますからといって、あなたが何か間違ったことをしているとは考えないでください。これは完全に正常なプロセスです。
  • 人生がいつも本に書かれている内容と一致するとは限らないことを理解しなければなりません。全ての公式が当てはまるわけではなく、全ての子供も同じではありません。
  • この世に生まれた赤ちゃんは完全に私たちに依存していることを理解しなければなりません。灯りが消され、独りぼっちにされる夜間はたびたび子供たちにとって不安と恐怖の恐ろしい原因となります。彼らは生存のために恐れているのです。彼らはあなたが戻ってくるのか、永遠に独りぼっちなのか、この暗闇が永久に続くのか知る由もありません。

ほとんど全ての赤ちゃんの行動は本能的なものです。私たちは彼をベビーベッドに寝かせる時に「何も起こらない」と彼に確信させることはできません。子供が理解できる唯一のものは身体的接触による安心、愛情をもって彼に話しかける母親の声による保護、そしてそのような安心を与える腕だけです。

時間の経過とともに、この恐怖は、純粋に本能的なルーツを持つ他の多くの人々と同様、少しずつ消えていくでしょう。その一方で、私たちは大量の忍耐と大量の理解を必要とします。

夜中に目を覚ます赤ちゃんの扱い方

神経科医によると、子供の脳は7歳前後で完全に成熟するそうです。全てのニューラル・ネットワークはミエリンによって覆われており、その電気パターンは夢のサイクルがより規則的になり、夜間の恐怖が減少する時点まで変化します。

また、子供が規則的に休息するようになる7年前にそれを学ぶということは、両親にとって衝撃的な事実になりえることも私たちは知っています。ところが、ある子供たちは3歳までにできるようになるのに対し、一般的には、子供によって多くの違いがあります。

夜に子供を寝かせ付ける最善の方法は?

最近まで、古典的な「エスティビル・メソッド(Estivill method)」はとてもファッショナブルであり、子供が落ち着くまで夜間に独りでベビーベッドで泣かせることが望ましいと主張していました。現在は、作者自身が反対を強調しています。

  • 赤ちゃんの脳に不要なストレスを引き起こすので、泣いている子供を無視することはお勧めできません。そのストレスは撫でたり、言葉やハグで子供に全てうまくいっていることを示すことにより緩和できます。
  • また、全ての子供に有効な「魔法の公式」は存在しないことも理解する必要があります。母親は、子供にとって最も効果的な方法を見つけなければなりません。時間や機会、シンプルなルーチンが少しずつ明らかになるでしょう。
  • しかし、子供たちを疲労した状態でベビーベッドに連れていくべきではないこと、昼寝は深い眠りを妨げる傾向があること、そしてベビーベッドに置かれたおもちゃや発光ペンダントも子供の注意を促す刺激になることを忘れないでください。夜間は、お勧めしません。

忍耐強く、子供のペースを尊重し、突然灯りが消え、赤ちゃんが、あなたに何が起こったのか、あなたが戻ってくるのか分からないような世界に適応するのは必ずしも容易ではないことを理解してください。月、年、そして愛は、彼にこれらの不安に対する全ての答えを与えてくれます。

あなたへおすすめ