新生児にどれだけ物を買うべきか?

· 2018年6月22日

新しい命を迎えるために購入する衣類や製品は買っても買ってもまだ足りないと感じてしまうかもしれません。両親は妊娠中に必要なものに順位付けし、整理しておく必要があります。

初めて子を持つ親は、子供が生まれたときに何を買うべきかよく分からないかもしれません。

幸せと不安の間で全てを上手くこなそうとするあまりに、ジェットコースターに乗るほど目まぐるしく感じるかもしれません。

この記事では、新生児のために何を買うべきかという問題に対していくつか提案をしたいと思います。

新生児を迎え世話をするために必要なものをすべて予め持つことは重要です

赤ちゃんのために買い物することは、ある意味で親にとっては治療になっているのかもしれません。不安を解消し、赤ちゃんが生まれてくる幸せを噛みしめることができるからです。

では、無事に出産を迎えるため必要な衣類、製品とアクセサリーを紹介します。

出産日に備えたショッピング

新生児のために買うべきものがいくつあるのかを数える前に、まずは出産日に備えることが先決です。

病院には必要なものがすべて揃っているわけではありません。ほとんどの場合、出産に伴っての入院期間は短いです。

そこで、次のモノを覚えておいてください。

使い捨てまたはリユース可能なオムツ

新生児がオムツを消費するスピードが速いことを考慮しましょう。平均では1日に9〜12枚を使います。

母親が病院に入院する期間に合わせて、十分なオムツを用意することを推奨します。(最低2日間)

新生児の為買い物2

綿毛布

これは慎重に購入すべきものです。低刺激性の素材で作られていることを確認してください。

ロンパース

赤ちゃんにとって理想的な服はロンパースです。全身をカバーし、理想的な体温に保つことができるからです。

綿で作られたロンパースをおすすめします。小さい帽子と靴下が付いていても良いかもしれません。3セットを病院に持参しましょう。

おしりふき

この商品は非常に便利で不可欠です。オムツの交換の時だけでなく、赤ちゃんの世話をする上では様々な用途があります。

赤ちゃんは1日に約10回のオムツ交換が必要になるので、少なくとも40枚のおしりふきを用意するのは賢明です。

「新生児を迎え世話をするために必要なものをすべて予め持つことは重要です」

粉ミルク

理想をいえば新生児には母乳を与えた方が良いです。しかし、最初の数日間は母乳がでない母もいます。

稀にしか起こらないことですが、念のため入院する前に少しの粉ミルクを用意するのが最善でしょう。哺乳瓶2本分を、作るだけの量を準備してください。

チャイルドシート

入院期間を終え、医師から退院許可を貰えば、ようやく家に帰る時間です。

子供の安全は最優先事項です。車での最初の旅は後部座席の特別な椅子で快適に過ごさせてあげるべきです。

母親は赤ちゃんの必要に応じることができるように、赤ちゃんの横に座って下さい。

家庭での赤ちゃんの部屋は、赤ちゃんのニーズに合わせて、毎日の世話ができるように必要なものが整っていることが好ましいです。

赤ちゃんが生まれたときに購入しなければならないモノがどれだけあるのか疑問に感じるかもしれません。

一般にベビー用品は高価です。従って両親は必要なものを優先して購入すべきです。

新生児に不可欠なものは以下通りです。

赤ちゃんの部屋:

  • ベビーベッド
  • ベッドシート 3組
  • マットレス
  • 赤ちゃん用のバスタブやその他のバスアクセサリ
  • 授乳時用の枕
  • ベビー枕
  • ベッドメリー
  • ベッドサイドランプ
  • 音声またはビデオモニター
赤ちゃんの部屋

自宅で使用される道具

  • 哺乳瓶殺菌機
  • 哺乳瓶用の掃除ブラシ

散歩をするため

赤ちゃんと一緒に散歩に行きたいですか?お散歩に備えて、次のモノを用意しましょう。

  • ベビーカー 覆いが付いているとなお良い
  • 交換用のオムツ、哺乳瓶や服を収納するバッグ

赤ちゃんの衛生管理のためには、何を買うべきか?

ベビー用の衛生製品がたくさんあります。赤ちゃんの繊細な肌が何に反応するのかまだわからないので、最初は必要なモノだけを買うのが賢明です。

以下のモノをオススメ

  • 中性石鹸
  • ベビーシャンプー
  • ウェットワイプ
  • コットンボール
  • 綿棒
  • ベビー用爪切り
  • ベビークリーム

上記の製品すべては必須です。また、交換用の衣服も数枚必要です。

購入する必要があるモノが多いので、余裕を持って予め買い物することをおすすめします。