生後5ヶ月の赤ちゃん:特性や変化

· 2018年11月21日
赤ちゃんの誕生はまるで昨日のことのようにあなたの心に強く色づいているかと思います。しかし、あっとゆう間に5ヶ月が経ちました。これから迎える新たなステージについての知識を深めてみましょう。

生後5ヶ月に現れる変化は様々ですが、その一部として、運動能力、社会性の向上、そして外界への関心が挙げられます。ですので、今回は、生後5ヶ月というステージでもっとも重要な特徴について紹介します。

わずか数カ月の間に赤ちゃんの筋肉は目覚しい成長を遂げ、より活発に大きく動くようになります。座ることに挑戦し、クッションなどの支えを借りれば、座れるまでに成長します。

また、赤ちゃんの発達は、他者との関係においても見られます。両親の注意を引くだけでなく、他者との交流をし始めるもしれません。

五感が発達し、やがて完全になれば、周りで起こっていることを見て、そして聞くようになります。

ですので、赤ちゃんと話す時間を設けましょう。一見するとわからないかもしれませんが、話しかけられたり、名前を呼ばれることは認識しており、この時期はコミュニケーションには最適なのです。

赤ちゃんの5ヶ月目に見られる変化

まず生後5カ月の赤ちゃんの典型的な特徴を紹介します。(もちろん、これが全てというわけではありませんが)

  • 体重増加:赤ちゃんの体重は1週間に約150グラム(5オンス)程度増えます。 WHOによると、生後5ヶ月の健康体重は、女児の場合、約6.8kg(15ポンド)、男児の場合は7kg(15.5lb)です。
  • 身長:一般に生後5ヶ月では、男児は65-67cm(26-27インチ)、女児は63-65cm(25-26インチ)です。
  • 身体能力:生後5ヶ月を迎える頃には、頭を長時間上げたままにできるはずです。また、座ることを試み、状況によっては立とうとするかもしれません。
5か月目の赤ちゃん 生後5ヶ月

  • 感覚:視覚、聴覚は生後数ヶ月でより鋭くなります。赤ちゃんは、音がする方向を識別し、顔を認識することができるようになります。また、自分の名前を認識するようになります。
  • 食生活:専門家は、6ヶ月を迎えるまでは母乳育児を推奨しています。従って、5ヶ月から6ヶ月の間に、補完食の一環として食べ物を取り入れることもできます。赤ちゃんの歯はまだ生えていないので、ピューレ状もの、またはすりつぶしたもののみを与えるようにしてください。
  • 睡眠:通常、夜は8-10時間眠り、昼寝も頻繁に見られます。以前よりルーティーンの導入が容易になるでしょう。
  • 免疫:免疫力は発展途上です。予防接種は定められたタイミングで受けるようにしてください。

赤ちゃんが熱を出すこともあるかと思いますが発熱は、赤ちゃんが病気と闘っていることを示しています。また、発熱は免疫システムが機能していることを示すサインでもあります。信じられないかもしれませんが、赤ちゃんを笑わせることが、病気を乗り越える助けになることもあります。

よくある質問

ペットと遊ぶことはできるのか?

赤ちゃんが生まれたときにすでにペットを飼っていたのなら、ペットはもう赤ちゃんの存在に慣れてきてはいませんか?

十分な監視のもとであれば、ペットとの触れ合いは赤ちゃんに動物の扱い方を教えるのに一役買うことでしょう。しかし、ペットが赤ちゃんを傷つけたり怖がらせたりしないことは絶対です。

専門家が薦める遊びのとして、背中に赤ちゃんを背負い、おもちゃを顔の前に持っていくというものがあります。きっと、赤ちゃんがおもちゃを見て掴もうと、手を伸ばすはずです。

赤ちゃんの動きを促すように、おもちゃを一方の側から他方の側に動かしましょう。この簡単な運動で、腹筋の発達を助け、赤ちゃんの感覚を刺激することができます。

赤ちゃんの存在がパートナーとの関係に影響しているか?

新生児の誕生は、幸福、疲れ、不安の入り乱れたものです。しかし、時を経て、育児にも少しずつなれてきたのではありませんか?。

親は学び、子は育ちます。ともに経験を得ていくのです。言い換えれば、生活の中にルーティーンを導入しても問題ないということです。

リラックスする時間、パートナーと過ごす時間を持つべきです。

赤ちゃんを祖父母やベビーシッターに預け、食事、映画、少なくとも外へ散歩に出るようにしましょう。

いつでもポジティブに育児に取り組むことがあなただけでなく、赤ちゃんにとっても大切です。

https://youaremom.com/babys-fifth-month-characteristics-changes/