赤ちゃんに眠ることを覚えさせるコツ

· 2018年6月17日
赤ちゃんに眠ることを教えるためには、多くのテクニックがあります。良い習慣を赤ちゃんに根付かせるためには、まずは忍耐と根気強く続けることが必要となります。

実は赤ちゃんに睡眠を教えることは両親にとって難しい課題です。それぞれの子供がユニークで、私達は自分の子供に合った方法を選択する必要があります。

また、以前効果が得られなかった方法も時期を変えれば非常に効果的であることさえあるのです。

一般的に、専門家は、生後4ヶ月頃から眠るべき時間を教えることを推奨しています。ただし、適切な時期はケースごとに異なることを覚えておきましょう。

非常に早い段階からすぐに眠る赤ちゃんもいますが、もっと時間がかかる赤ちゃんもいます。

赤ちゃんの睡眠を幇助するごく一般的な手法

あなたのお子さんがより良い睡眠を得る方法に関しては、全く反対の2つの理論があります。

まず、子供がこの習慣を発達させるのに役立つ、一般的な経験則を知る必要があります。

  • 家族全員が、一貫した方法を取らなければなりません。母親が子供が数分間泣くことを許すのであれば、他の誰も赤ちゃんをあやすべきではありません。
  • 特定の昼寝時間を決め、スケジュールに組み込む。さもなければ、赤ちゃんは就寝時に過度に疲れて、十分な休息を得ることができません。
  • 就寝前に毎晩同じルーティーンを繰り返す赤ちゃんにお風呂をいれたり、物語を読み聞かせたり、歌を歌ってあげる、おんぶしてあげる等方法は問いませんが、毎晩同じルーティーンで行ってください。
  • 赤ちゃんが早く眠れるようにしてあげましょう。あまりにも遅くまで待ってしまうと、逆に疲れて過敏になり、簡単に眠ってはくれません。
  • 赤ちゃんは周囲のが緊張を感じることができるので、就寝時に口論は避けてください。

専門家は、いまだ赤ちゃんに睡眠を教えるための最良の条件は調査中で、議論は続いています。すべての子供に効果を見せるテクニックがないためです。

ある親は1つのテクニックで最良の結果を得ていますが、他方家族は別の方法に満足のいく結果を得ているのが現状です。

赤ちゃん睡眠2

赤ちゃんに睡眠を教える方法

  • 穏やかな眠り

すべての祖父母にとって最も望ましいのは、泣いたり、ぐずったりすることなく眠りについてくれることでしょう。祖父母は理由が何であれ、大切な孫の泣く姿を許容することはできないでしょう。

ウィリアム・シアーズは、No-Cry Sleep Solutionを掲げた小児科医です。彼は、赤ちゃんが睡眠をポジティブな経験や感情に結びつけるべきであると主張します。

もし赤ちゃんが睡眠を親手のぬくもりに結びつけることができれば、彼は幸せな睡眠を味わうことができます。

彼が提唱した方法によると、まず、眠りについた赤ちゃんをベッドまで運んであげます。この時、些細な音も避けてください。必要に応じて、子供を抱きかかえて揺り動かしてあげましょう。

授乳したり、おしゃぶりを与えたり、静かに撫でたりして、安心感を与えてください。これらはとても重要な部分です。

もう一つのアドバイスは、可能な時には両親が赤ちゃんと一緒に寝ることです。最も重要なことは、赤ちゃんがこの時に快適さと安全を感じることができるかということです。

この方法は時間がかかり、徐々に取り組みましょう。すると、ゆっくりとではありますが、赤ちゃんは、夜中に目を覚ます頻度が少なくなり、寝ることが心地いいと感じます。

ウィリアム・シアーズは、赤ちゃんが睡眠を温もりに結びつけることができれば、平和的に眠ることができるといいます。

  • 泣かせて寝かしつける方法

逆に赤ちゃんに自分で寝ることを覚えさせるには、泣かせなければならないと主張する人もいます。

この方法では、子供たちは新しい睡眠習慣に素早く慣れることができます。しかし、そのプロセスには強い忍耐と心を鬼にすることが必要です。

医師のリチャード・フェーバーは、赤ちゃんは眠ることを学ぶために、まず自分の恐怖を落ち着かせることを学ばなければならないといいます。このために、赤ちゃんが眠りにつく前にベビーベッドに一人で寝かせなければなりません。

もしもひどく泣くのであれば、側に行くことはできますが、子供を拾うことなく、背中のいくつかのパットで子供を落ち着かせることができます。落ち着いたら再び、部屋を離れる必要があります。

子供が数分間泣くことで悪影響を与ることはありません。お母さんやお父さんを見て、安心してくれるでしょう。泣きつかれれば、子供は眠りにつきます。

赤ちゃん睡眠3

  • フェーディング法

この方法は、前の2つの中間をとった方法です。目標は、落ち着くことを、より緩やかな形で教えることです。

子供はまだ目が覚めている間にベビーベッドに移動させます。そして、寝るまで親は側で子供を見守ります。

徐々に、子供から遠ざかったり、側にいる時間を少なくします。すると、徐々に赤ちゃんは見守る人を必要とせずに、自分自身で眠りにつく習慣を身につけることができます。

数え切れないほど、寝かしつける方法があり、専門家によってもアドバイス様々です。しかし、最も重要なことは、両親が一つの方法にとらわれず場合に応じてある方法を選ぶ柔軟性があることです。

“フェーディング方法は、前の2つ中間的な方法です。目標は、子供が落ち着くように教えることですが、方法はより穏やかです “

数ある方法の中には、自分の子供には効果的であっても他の子供には効果がない場合も多くあります。どんな方法が子供に合うのかを、しっかり判断しましょう。遅かれ早かれ、きっと探している答えは見つかるでしょう。