この小さな命をとても大きく感じる理由とは?

· 2018年10月8日

赤ちゃんを見る、または触れることができる以前から、あなたは赤ちゃんを愛していたのです。小さな命の最初の言葉を待たずに既にあなたの夢は満たされたのでしょう。寝むり、食べることしかできないで段階から、あなたにとってそれはすでに世界で最も美しく完璧なモノなのです。なぜ小さく脆い命が、私たちに衝動を感じさせることができるのでしょうか?

それは間違いなく、親子においての最大の謎の一つです。そしてその質問に対する答えは言葉で表すことができません。どんな育児の本や理論でも適切な説明をすることはでないでしょう。

そして子どもが実子ではなく養子である場合でも私たちは同様の愛を抱きます。彼らが私たちの遺伝子を持っているかに関わらず、我が子だからと言う理由で愛しているのです。彼らは私たちの心から生まれたという気持ちは、養子を迎えた親であれば非常によく理解していることでしょう。

もちろん、子どもに対する感情や、心配、夢の爆発の裏にある科学的な説明を語りたがる専門家は常にいます。彼らによれば、それは明らかに母性のホルモンであるオキシトシンによる一連の生物学的プロセスの結果だと説明されており、このホルモンは、新生児のニーズに応えるように親の準備を整えるのです。

しかし、間違いなく、この無条件の愛について話すとき、単純に生物学な理屈だけでは説明しきれません。私たちは呼吸するのと同じように我が子を愛しています。

彼らは私たちの一部であり、私たちの心の延長線上に存在し、ずっと彼らと私たちを繋げる目では見えないへその緒があるのです。私たちにとって子供は完璧さそのもの、銀河の中心であり、私たちは一生彼らを愛おしむのです。

腕の中に新たな命を抱く

新生児との間に形作られる魔法、決して壊れることのない本質的なこの絆は、母性に捧げられた空間では軽視されることが多いようです。さらに、子供を持つことが二人の仕事であることも忘れられます。

私たちは、父親が息子や娘を見るときに経験する深い感情を見落とす傾向にあるということです。これは父親にとっても忘れられぬ特別な瞬間です。

母親と赤ちゃん

私たちが感じることは、自身の歴史の産物である

子供を持つことは、私たちを定義し、特徴付ける過程での産物です。女性が分娩室で出産する時、彼女は人生の最も特別な瞬間の1つを経験します。しかし、この瞬間につながるものすべてが、ユニークな遺産を生み出すのです。これ以前の経験は、母親、父親、そして後に子供とは何かを定義をします。

  • カップルにとって親になることが困難であった可能性も十分あります。赤ちゃんの誕生から親が感じることは、とても激しく圧倒的で意義深い、何かでしょう。
  • 同時に、毎日多くの「レインボーベビー」が生まれています。彼らの親は、失った命を永遠に心で覚えています。この記憶は、新しい赤ちゃんの誕生をより激しいものとして感じさせるのです。
  • また、早産は両親がどのように赤ちゃんの誕生を経験するのかに大きな影響を与える状況です。赤ちゃんが生きる為に戦うこの期間は、恐怖や、様々な感情、苦しみが伴います。未熟児の親は非常に複雑な感情にさらされ、恐怖と希望が心の中で共存します。

どんなに小さくとも、あなたの光を私の中で感じる

妊婦

母は、妊娠7週または8週になるとすぐに胎児の動きを感知することができます。しかし、経験豊富な母親は早期に胚の動きを感じることもできます。

母親が胎児の不安定な動きを感じると、何かが変わり、何かに火が灯ります。新たな感情が生まれるのです。

彼女が体内で命を運んでいることを完全に意識する瞬間で、知らず知らずのうちに、私たちには制御できない、激しく、無限で、果てしない愛が受け継がれていくのです。

そして、私たちはこの愛に身をまかせるのです。数週間、数ヶ月と時間が経過するにつれて、羽ばたきより強くなります。私たちは新たな命を夢見て、声や、笑顔を想像したり、パートナーと共に、どちらに似るのかワクワクすることでしょう。

一方、多くカップルが、両親になる希望を満たすために養子縁組を選択しています。そして、いずれ彼らの一部分を構成するであろう我が子にあまりにも大きな夢を描いてしまいます。

このようにして、彼らも彼らだけに与えられた過程を通過するのです。無論、彼らも他の親と同様に、強さと超越もって計画を立て、想像し、夢を描くことでしょう。

母親と赤ちゃん

その特別な新しい命を腕に抱い時に、私たちにできることは、繊細な力で赤ちゃんを抱きしめ、それが自分の愛しいものであると確認することです。私たちは、彼の本質、心の強さ、肌の温もり、そして彼が私たちを必要とする強い情動を感じます。そして、その瞬間に、私たちの前に最大の課題である、親になるという事実が立ちふさがります。

感じることとは、生きることです。これまで言われてきたように、言葉では親であることに伴う恋心や、幸福の強烈な感情を記すことはできません。私たちが子供と分かち合う時間を、言葉で形容するなんてことはできないのです。

 

https://youaremom.com/how-can-something-so-small-make-me-feel-so-big/