子どもの視覚発達の進化

· 2019年3月19日
人間の五感の中で、視覚はこの世界を理解するのに最も役立つものの一つです。生まれてから数ヶ月の間に、視力は少しずつ発達していきます。それでは赤ちゃんの眼の健康を保つにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は子どもの視覚発達の進化について詳しく見ていきます。

私達が受ける刺激の半分以上が視覚を通して感じるものだという事をご存知でしたか? 視覚は非常に複雑にできていて、私達の生活を便利にしてくれる感覚の一つです。その発達は生まれてから少しずつ進化していきます。

人間の五感の中でも、視覚は最も影響が強い感覚と言えるでしょう。視覚によって形、色、距離、大きさなど、私達に周りにあるものの特徴を感じ取ることができます。

視覚に直接関係する臓器はもちろん目です。私達の目は顔面にある非常にデリケートな2つの球体でできています。この構造はとても複雑でいくつかの部分に分けられます。目の各部分にはそれぞれの役割があり、目を保護したり、視力機能を可能にします。

身体の他の感覚と同じように、視覚も徐々に発達していくものです。赤ちゃんの成長と発達と共に、視覚もどんどんはっきりしていきます。生後8・9か月頃までには子どもの視力が発達を終えるでしょう。

子どもの視覚発達の進化

新生児の視覚

触覚、聴覚、臭覚、味覚は子どもが生まれた時にほとんど発達を終えています。しかし視覚は完全に発達を遂げるまでにもっと時間がかかります。

生後数ヶ月の子どもは、目で感知して送られる情報をすべて処理するための、脳の準備がまだできていません。

そこで目はまだぼんやりとしか見えず、物の境界線がはっきりしていません。赤ちゃんは視覚と自分の身体の動きを、うまく組み合わせることがなかなかできないということになります。

時間が経つにつれて、お子さんが寄り目になったり、目が片方に寄ってしまうことがあるかもしれません。でも心配は要りません。数週間の内に赤ちゃんは視線を集中させることができるようになるでしょう。

子どもの 視覚 発達について 視覚 子ども 発達

次の数ヶ月間の視覚

生後2か月目に入ると、子どもの視覚は向上して色の違いを見分けることができるようになります。

徐々に子どもが鮮やかで目立つ色に気付くようになるのがわかります。それと同時に、目でものを追うことができるようになるでしょう。

3か月の終わり頃から赤ちゃんは両手を動かしてものをつかもうとします。これは目と手の動きを連携させる能力の始まりです。さらに神経回路の発達と共に、手に取った物の形や特徴の違いなども分かるようになるでしょう。

生後5か月にはもっと形を識別できるようになります。子どもは以前よりも小さい物や色の違いを楽しむことができるのです。

その後数週間の間に子どもの視覚は発達し終えるでしょう。最終的にお子さんは人の顔や遠くにある物も見えるようになります。

子どもの視覚の健康管理

子どものかかりつけの小児科医や眼科医に行き、定期健診を受けるのはもちろん重要です。それに加えて子どもの視覚健康管理を実践する際お勧めしたいことがあります。

まず適切な栄養摂取は、目に限らず他の身体の部分にも重要です。ビタミンがたっぷりの健康な食生活の中でも、特にビタミンAは子どもの視力を保つのに効果的です。

目の構造はとても複雑でいくつかの部分に分けられます。目の各部分にはそれぞれの役割があり、目を保護したり、視力機能を可能にします。

その他にも子どものデジタル機器の利用時間を制限することもとても重要です。

それにはテレビだけでなく、コンピュータ、タブレット、携帯電話を使う時間も入ります。そして子どもがデジタル機器を使う時は、あまり近くで見ないように気を付けましょう。

そして紫外線を防ぐためにもサングラスを用意すると良いでしょう。これは長時間日光に当たる危険から目を守ります。サングラスを利用するのはファッションのためでなく、不可欠なものなのです。

視覚 子ども 発達

子どもの視覚異常

子どもの視覚異常には次のような兆候が見られます。子どもに以下のような症状が見られる時は医師の診断を求めるようにしましょう。

赤ちゃんの場合は、以下のような状態が見られると危険信号なので小児科医に相談してください。

  • 生後3か月の赤ちゃんが目で物を追わない。
  • 片目 / 両目が一定方向に動かない。
  • 赤ちゃんが一カ所に目の焦点を合わせることができない。
  • 瞳孔に傷や変色が見られる。

最後に子どもが視覚異常になりやすい要因は、他にもある事を覚えておいてください。

場合によっては他の家族が経験したことのある病気など、遺伝が原因であったり、または病理学的な原因もあります。これには事故や外傷、または危険なものにさらされた場合なども含まれます。