君を愛しているということ

· 2018年8月1日

私の中に命を宿したことを知った瞬間から、私は君を愛していることを知っていました。

私たちは母親の愛が多くの人間に影響し、それが私たちの成長の重要な要素であることも知っています。

イギリスの心理療法士であるスー・ゲルハルトは、「母性愛(Maternal Love)」(2016年)というタイトルの本の中で、脳と人間の感情との関係を通してこの側面を深く探求しています。

ゲルハルト博士は、現代の生活のペースが、いつも実証的アプローチからさまざまな分野で愛とその本質を考察するように彼女を導いてきたことを認めています。 これが、彼女が既に様々な著書を発表し、愛に関する脳の側面を分析することに専念してきた理由です。

ゲルハルトはその分野で最も優れた専門家と考えられています。

ゲルハルトは私たちが赤ちゃんに対して愛を示したり、示さなかったりすることが赤ちゃんの脳に一連の生化学的変化をもたらすと信じています。彼女は、0から2歳の赤ちゃんの脳は感受性が強く特に世話人との生活上の経験として理解されるものに影響を受けやすいと述べているのです。

最初の「愛している」の重要性

言い換えれば、愛は精神的健康に大きく依存する幼少期の赤ちゃんにこのような影響を与えることができるということです。

つまり、赤ちゃんがケアされ、愛されれば、その赤ちゃんは良い精神的健康を育てることができるのです。幼少期に愛情やケアが重要視されなければ、その赤ちゃんは無力感を感じるストレスに耐えられないでしょう。

赤ちゃんは自分で立つことができないことを忘れないでください。赤ちゃんは母親や父親、他の家族、他の世話人も含めて、ケアしてくれる人と愛してくれる人を必要としています。

動物界の他の哺乳類の子孫は立ち上がって歩くことができ、生まれてから数時間以内には走ることさえできます。人間は幼少期に自力で生きていくことはできません彼らの成長ははるかに緩やかなペースで進むのです。

「母性愛」の中で、博士は赤ちゃんに安心感を与えながら、そばにいることの重要性も説明しています。彼女の研究によれば、出生後の赤ちゃんはあらゆる面のストレスに耐えるための助けを必要としているのです。

子宮を離れるという行為は赤ちゃんにとって突然の変化であり、この最初の大きなストレスを乗り越えるために母親の愛と身体的な接触を絶えず必要としています。

赤ちゃんが生まれた瞬間から、私たちが赤ちゃんと構築した触れ合いが赤ちゃんに重要な印象を残します。ですので、この印象は長期間続き、卓越した経験を構成するので、それを肯定的な形で残すことが重要なのです。

ここに幼少期に母性愛ができる事柄を説明する手紙があります。赤ちゃんもまた、あなたの与える愛を受け取り、あなたが配慮と愛情を与えるほど、世界をより良く感じ、とりわけあなたと一緒にいることをより良く感じることがわかります。

何よりも君を愛している

私は人生の中で何よりも君を愛しています。君が生まれる前でさえ、愛を感じていました。私が命を与える母親になると初めて聞いた最初の瞬間に、魔法のような火花が散って、私の心はその情緒的能力のすべてを表現したのです。それ以来、私はこの偉大な愛を後退させることなく、私がすることすべてと私であることすべてにおいて君にその愛を与えています。

君を見た時、私は君を授かったおかげで、人生がはるかに良くなったことを実感しています。君と私の愛が、毎日私の目を覚まし、様々な問題と新たな要求に満ちた世界と向かい合う理由です。

君のために、私はすべてをやり遂げます。それは君を愛していて、幸せになってほしいからです。君に対する愛がすべての困難を乗り越え、より良い人間になる力を与えてくれると願っています。

君への愛は私が持つ最も力強い感情であり、君への務めを忘れないように何かを言う必要はありません。私は、君を身ごもることができた人生というだけで君を愛しています。

私もただ存在するだけで愛されていたことを知っているので、君を同じように愛することができるのです。今、君は赤ちゃんなので、基本的で本能的な要求を生き残るための方法として、私に絶えず一緒にいるように頼みます。君と私は、私たちが社会的存在であり、愛が私たちの生活を形作ることを知っています。そして愛の中で私たちはより強くなるのです。

時間と共に、私が愛したように君も私と同じくらい愛することができるでしょう。君がそれを達成できることを見届けたいです。私のそばで、君はとても美しく、甘く、広大な愛と呼ばれるものがあることを学ぶでしょう。

私が君を愛していることを知っているだけで、私にはそれで十分です。