あなただけが理解できる赤ちゃんのコトバ

· 2018年9月7日

母親と父親が赤ちゃんに注ぐ愛は、最も素晴らしい表現です。親と赤ちゃんのつながりや赤ちゃんに対する感情が、喃語を理解する手助けとなります。両親と赤ちゃんの間に絆があれば、喃語でも意思疎通することはできるのです。

きっと、あなたは次のようなことを経験したことがあると思います。友人や家族と出かけていて、突然赤ちゃんがうなずいたり、でたらめな喃語を強く発することがあります。すると、みんな笑いながら、赤ちゃんが何を言っているのかあなたに尋ねてくるでしょう。

助けを借りてできる事は、明日にはもう1人でできるでしょう。

-レフ・ヴィゴツキー-

どうやってやるのか実際に知らなくても、自然に通訳者として赤ちゃんの音やジェスチャー、叫び声を理解できるようになります。赤ちゃんのジェスチャーを読み、感情や、見た目、意図することを理解し、子供の言うことがわかるようになるでしょう。

それは、まるで赤ちゃんと一緒に独自の言語やサインがある小さな世界を作るようなものです。

あなたがガイドとして赤ちゃんを導けば、その音はやがて言葉となり、言語を形作るフレーズとなって赤ちゃんとこの世界をつなぐでしょう。

それは素晴らしく、興味深い出来事なのです。

「母親のコトバ」のおかげで話し始める赤ちゃん

キスする母親

家庭の精神療法学者でコミニュケーションと子育て精神力学専門家でもあるジェン・バーマンは「スーパーベイビー」と言う興味深い本を出版しました。この本の中で、母親たちは赤ちゃんとコミニケーションする方法を自然に知っていると述べています。

・また、ジェンは「赤ちゃん言葉」と「母親のコトバ」を区別しました。

・話す方法がわからない小さな子供たちと話すとき、ほとんどの人は「タタタ」や「グググ」のような音節の繰り返しがたくさんある赤ちゃん言葉を使って赤ちゃんとコミニケーションしようとします。

・このようなコミニュケーションが幼稚で安っぽいと感じているかはさておき、これらの赤ちゃん言葉は、母親や父親が十分な時間を使って本能的にコミニュケーションする両親のコトバほど効果的ではありません。

・「母親のコトバ」(または「父親のコトバ」)は、一般のコミニュケーション方法をとりますが、鋭敏なトーンでゆっくりとした話し方をします。

・それは、自然に言語をモデル化し、音調の変化に重点を置き、単音節の繰り返しのみではない本当のコミニケーションを利用します。

・また、赤ちゃんの聴力に合わせて調整されたトーンを使用し、赤ちゃんが音を区別できるように誇張して発音します。

ママは私を理解してくれる:感情的な絆

母親に甘える赤ちゃん

母性本能とホルモンの増加によってまるで魔法のように女性が母親になっていくという人もいます。

しかし、出産するだけではこの感情的なは自動的には生まれません。それは実際に妊娠出産を経験しなくても、存在する深い絆なのです。

母親の腕は優しさで作られており、子供たちはその中でぐっすりと眠る。

-ヴィクター・ヒューゴ-

ママはあなたのことをとてもよくわかってる。あなたは私の一部だから。

子供をひと目見るだけで、怖がっているのか、お腹が空いているのか、不快を感じているかが理解でき、ためらうことなくその問題を解消してあげることがあります。

母性や子を育てる本能は、毎日の接触や親密さ、眠れない夜、赤ちゃんの性格、赤ちゃんの好み、反応および必要性によって徐々に育まれていくのです。

お気に入りのおもちゃを持つ、それに触って欲しい、違うおもちゃが欲しいという要求を赤ちゃんが伝えるために、喃語を話したり喉を鳴らしたり音を発してコミュニケーションをとるのです。

赤ちゃんのコミニケーションは模倣だけでなく、あなたが与え理解する感情的なやりとりによっても生じます。

喃語を話し始めた赤ちゃんと母親

感情に満ちた声

すべての感情のこもった喃語やすすり泣き、鳴き声または初めての「ママ」や「パパ」などの発声は促進的な環境で起こる感情の囁きから生まれます。

・より多くの刺激があれば、ポジティブな感情と効果的なコミニュケーションが実現します。しかし、子供の言葉の発達が遅くなることについてはあまり考えすぎない方がいいでしょう。一人一人の子供にそれぞれのタイミングがあり、子供の成熟過程のリズムに従って上達していきます。

・私たちがまず何よりも必要とするのは愛情です。その愛情は、絶え間なく静かだけれど刺激的なコミニケーションによって赤ちゃんに伝わり、自信と平穏を与えるでしょう。

母親はいつも赤ちゃんのことを理解しています。父親もまた常に通訳として近くにいてくれるでしょう。母親と父親どちらも、子どものコミニケーションを促してくれる最高のお手本なのです。