子どもの身長に影響を与える6つの要因

· 2018年10月5日

子を持つ親であれば、一度は我が子の身長に影響を与えることについて考えたことがあるかと思います。絶えず彼らの成長を見守り、栄養管理に注意しますが、良い食生活が子供の身長を決定する唯一の要因だと誤解していませんか?

実際は、身長に影響を与える要因は遺伝学や食生活の他にも、あまり知られていない条件、要因があるのです。

身長に影響を与える要因

遺伝

これはほとんどの方がご存知かと思います。遺伝は、子供がどのように成長するかに直接影響します。実際、最も強い要因の一つとして挙げられます。仮に家族全員がが背が高ければ、子供も背が高くなる可能性が極めて高く、身長は家族に共通する傾向があります。

性別

女性の身長一般的に男性よりも低いです。また、男性は女性よりも頭の体積が大きいものです。もちろん遺伝的なものもあるため、子供それぞれによって違ういます。あくまで一般的な話にすぎません。

環境

地理的環境が身長にも影響を与える可能性があります。たとえば、スカンジナビア人は非常に背が高いです。一方、高地に暮らす人々は、背が低い傾向にあります。

世界人口の6%程度の人々が、標高1,500メートル以上の地域に暮らしています。

スイカを食べる子供

食生活

身長の高低に影響を与えるものとして広く知られているのが食生活です。子宮にいる時から大人になるまで、栄養は常に成長に重要な役割を果たします。

良い食生活とは、健康的に食事を摂り、体に必要なビタミンを満遍なく摂取することです。単に量を食べれば良いというわけではなく、むしろ質の方が重要です。

沢山食べることはもちろん子どもの成長を促します。しかし、良りよい成長というのは身長ではなく、むしろ体重に起因します。健康的に成長するためには、バランスよく食品を摂取することが重要なのです。

もちろん遺伝は、子供の身長に影響を与える重要な要因の1つです。同様に、食生活も、とても基本的な要因であることを覚えておいてください。子供が身体に必要な栄養素を摂取できないことの多い貧困地域をみれば、食が成長に関連することは痛いほどわかります。そういった地域の子供の中には、栄養不足により、体が正しく発達せずに後々、様々な健康トラブルに苦しむ子供たちが多くいます。

また、子供に必要な栄養素とビタミンを摂取できる正しい食生活を心がけてください。家庭でしっかり行えてなのであれば、直ちに見直しをしてください。

十分な睡眠

睡眠は人間にとって非常に重要です。子供にとってはなおさら重要です。 GH、ソマトトロピンとして知られる成長ホルモンは、1日の中で3〜5時間ごとに周期的に放出されますが、夜にはより活発になると言われています。

スポーツ

身体活動は、強く健康な骨を成長させるために骨細胞の生産を促します。バスケットボールなどのスポーツは、身長の成長を促し、健康な身体を維持するのに役立ちます。

運動

研究では、遺伝は食生活より大きな影響を与えるとされている

研究によれば、身長80%は遺伝子によって決定されます。残りの20%は栄養や環境などの要因に左右されますが、それらの要因が果たす役割を正確に理解するためにはさらなる研究が必要とされています。

身長を司る遺伝子は2007年に発見されましたが、研究者は数1000程度の遺伝子が身長に関連している考えています。

300以上の医療機関が合同で行った最近の研究では、人間の身長に影響を及ぼす遺伝子は400以上存在するということが分かりました。これは、以前に確認された身長に影響する遺伝子の数の2倍以上にあたります。

この結果を出すまでに、研究者は合計253,288人のゲノムデータを分析しました。そして、彼らは424の異なる地域で627の変異体を検出することに成功したのです。このすべて身長に直接関係していると言われているのです。

https://youaremom.com/7-factors-that-influence-height-in-children/