子供と元夫の関係に干渉しないことの重要性

· 2018年10月14日
父親と母親の議論はいつも後回しにして、二人の大切な子供のことを一番に考えてあげてください。

元夫と子供の関係は誰にも妨げられるものではありません、少なくともあなたは決して邪魔をしてはいけないのです。

離婚の理由が何であれ、別れた夫があなたにとって良い人であれ悪い人であれ、あなたが子供と父親の関係に口を挟む理由はありません。

相手が子どもと一緒に住んでいない場合は、子供ができる限り健全な方法で両親の離婚に向き合うのを手助けしなくてはなりません。人生でかつて愛しあった2人の間で争いをこれ以上続けても意味がありません。

母親としての役割を果たしてください。そして、父親の役割を担おうとしてないでください。

あなたは家で子供を育てる母親として非常に責任のある役割を担いますが、自分だけで全ての責任を背負う必要はないです。

子供の父親(あなたの元夫)もまた、子供の財政的支援、身体的および精神的健康、教育、保護について引き続きサポートしなければなりません。

あなたの仕事が子供を毎日起こしたり、朝食を作って服を着させ、髪の毛をといて、身なりを整えることであるならば、父親 の役割は学校まで送ったり放課後に子供を迎えに行ったりすることかもしれません。

引き裂かれる家族

子供と元夫の間に入って干渉しようとせず、子供の父親と責任を共有しましょう。また、子供がお父さんと楽しい時間を過ごせるよう配慮してあげてください。

子供たちの教育、ケア、エンターテイメントなど全てを一人で負担しようとせず分担して行いましょう。子どもに愛情を与え、有意義な時間を一緒に過ごすことも共有して行うことが望ましいです。

あなたの健康や幸福、そして人生に悪影響を及ぼしたり、元夫が子供にとって良くない模範でない限り、父親と子供の間を割くべきではありません。

子供は、自分を愛し、育て、人生を歩んでいくために安全と自信を与えてくれる父親、母親の両方と時間を過ごす権利を持っています。

違う家に住んでいるからといって、結婚生活が終わったからといって、2人で育ててきた子供は父親の不在によって辛い思いをするべきではありません。特に子供と父親が一緒に暮らしていない場合、子供には父親と楽しく時を過ごす権利があります。

あなたと元夫がこれからしなければならないこと

親の離婚

子供が離婚するにあたって傷つかないようにするための最善の方法は、子供たちが必要なケアをしっかりとし、安心感と愛情を十分に与えることです。

あなたとパートナーが離婚して、かつて何年もの間夫だった人がただの「子供の父親」になったとしても、子供と父親の関係を妨げる権利はあなたにはありません。

子供の目の前で、過去に愛した人を傷つけたり怒ったりするべきではありません。どんなことがあってもそれは決してしないでください。

父親と母親、子供が揃った家庭ではもはやありませんが、あなたと元夫は一生を通して自分の子供を守り、愛するという共通の目標を持っています。

ですので、子供の情緒安定と幸せを守るためにできることを話し合ってください。次に挙げるガイドラインを参考にしてみましょう。

・子育てにおいて両者とも責任を共有する。

・特に子供の前で、お互いを尊重し無礼を働かない。

・子供の前で相手の悪口を言わない。

・子供の意見や感情に耳を貸す。子供は二人にとって一番大切なものです。

・離婚したとしても二人はこれからも子供のことを愛し続け、一生サポートし続けることを子供に伝える。

・あなたが元夫の間に感じる不満に子供を巻き込まない。

・決してお互いを傷つける攻撃の武器として、子供を利用しない。

子供と元夫との関係…

子供と前夫の間には愛情溢れ、健全でオープンなコミニケーション、信頼、尊敬、賞賛が存在しているはずです。これらを深めるためにあなたができる事は何でも試してみてください。

父親と母親の議論はいつも後回しにして、二人の大切な子供のことを一番に考えてあげてください。