「からかう」ことにどう向かい合えばいいのでしょう?

· 2018年12月10日
恥ずかしい思いをさせられると人の脳に影響を及ぼすことが証明されています。それは、嬉しい気持ちや怒りといった感情よりも強いものです。

子供同士のちょっとしたからかいは、大したことではないように思われますが、実は子供の心理的な発達に大きな影響を及ぼす場合があります。だからこそ、小さな時から、からかいにどう向き合ったら良いかを教えなくてはなりません。

どれだけ頻繁に、どれだけひどいからかいを受けるのかはそれぞれ異なります。からかいという言動の主な原因は、無知同情心の欠如です。

言い換えるなら、子供は何か知らないものを目にすると、それを面白おかしく言い始めることがあるのです。基本的に子供は、何か新しいものに対して、からかうことが最良の方法だと信じているのです。

からかい行動に影響を及ぼす要因

  1. 子供の年齢
  2. 家族によるサポート
  3. 家庭における価値観
  4. 子供の社交性
  5. 校内カウンセラーの有無
  6. 子供たちを担当する教師の言動
  7. 新入生の紹介のされ方
からかいにどう向き合うか?

からかいが及ぼす影響の科学的見解

恥ずかしい思いをさせられると人の脳に影響を及ぼすことが証明されています。それは、嬉しい気持ちや怒りといった感情よりも強いものです。

アムステルダム大学の科学者たちは、からかいと恥ずかしい思いをさせられることによる影響を測定する実験を行いました。

研究対象に選ばれた人たちにまず、いくつかのお話を聞かせます。お話の間、被験者たちは、自分が主人公になった気持ちになるように言われます。主人公の体験する様々な感情を、被験者たちも経験するようにするのです。

恥ずかしい思いをすることによる不快感は、今まで思われていたよりもずっと害となることが研究者により証明されました。

恥ずかしい思いは、脳の痛みを感じる分野に働きかけます。だからこそ研究者たちは、恥ずかしい思いが痛みと同様の強度で脳に認識されるのではないかと考えました。

からかいへの向き合い方を、子供にどう教えるか?

親は、一体何が起きていて、どうすることが最善の策なのかを分析する必要があります。

からかいの根本にある原因は何なのか?どれくらいの頻度で起きているのか?子供がそれに対してどう反応しているのか?そして、いかにして、子供がからかいに対して健全に向かい合う手助けできるのか?

最善の方法で、できるだけ早く解決してあげるためには、これらの質問に答えを見つけなければなりません。

また、自分の子供がからかいの対象なのか、それとも他の子供をからかいいじめている側なのかを探ることも重要です。

子供は、からかいに対してどのように対応すべきかを教えられなければなりません。そして、からかいの原因を解決し、いじめっ子たちにいじめる理由を与えないようにすることができるのです。

思った通りの反応が得られないようにすることで、いじめっ子たちを飽きさせ、からかうことをやめさせることができるのです。

暴力で解決できることなどありません。からかいに健全な方法で立ち向かう方法が必ずあるのです。

からかい にどう向き合うか?

子供を弱虫、泣き虫などと呼んではいけません。それでは問題の解決にならないだけではなく、子供が強くなることもありません。最善の策は、子供に尊敬の念と愛情、そして理解を示してあげることです。

何が起きているかを説明させた後、子供の感情に共感していることを示してあげることが重要です。また、安心させるために、自分の経験談を話してあげることも重要です。

現状におけるポジティブな側面に焦点を当てて、解決策はあるのだということを教えてあげましょう。

重要なアドバイス

  1. 暴力は決して促さない
  2. バカにされているのであれば、相手が疲れるまで無視し続けるように教えること
  3. いじめがひどいようであれば、先生やカウンセラーに話し、シチュエーションを終わらせられるように相談するのが良いでしょう。迅速な解決策を見つけることが大切です。
  4. 誰に対しても尊敬の念を持つことを子供に教えるべきです。そうすることで、からかいに対しても、適切な方法で向き合うことができるようになるためです。
  5. からかわれていることが分かったら、私たちは何があっても子供をサポートしてあげなくてはいけません。子供にとって、愛されている、サポートされていると感じることは重要です。
  6. 何事にもポジティブな側面はあり、学ぶべき教訓があります。この点を考慮することも大切です。