祖父母と一緒に育つ子どもは心が安定して幸せ

· 2018年5月25日

祖父母と一緒に育つ子どもは幸せ者です。世代を超える絆は、子どもに深い愛情と安定した心を培い、子どもの一生に残る思い出をつくります。

祖父母と近い関係を持たない子どもは不幸、という訳ではありません。ただ子ども時代は特別で、たくさんの刺激と無償の愛情に基づいた人間関係が、心の成長に結びつくのです。

保育所に預けられた子どもに比べて、祖父母に面倒を見てもらった子どもの方が、言語取得の能力が上、という興味深い結果が報告されています。さらに、祖父母といた子どもは精神的に安定しています。

もちろん、自分の親とあまり近い関係を持たない人もいるでしょう。祖父母と孫の関係を築くのは、少し難しくなるでしょう。そういう場合は、子どもが祖父母と過ごす時間を少しでも作ってあげましょう。

子どもはあっという間に大きくなります。強くたくましく、楽しい性格の子どもに育てたいなら、早い時期に祖父母との絆を強く持つことです。

祖父母は猛烈な愛を持って、魔法のような力もあります。限りなく楽しい時間を過ごして、子どもには最高です。

3歳以降の子どもには、特に祖父母との関係が大事

祖父母と冒険する孫

生後から3歳までは、父親母親との親近感が子どもにとって最も重要です。最初の人とのつながりを経験し、深い愛情に包まれて、脳の発達を強化し、親への愛着を覚えます。

祖父母と過ごす子どもはことばとコミュニケーションの発達がすごい

おじいちゃんも、おばあちゃんも、すごくエネルギーがあります。孫が来ることで、目的ができて元気を取り戻したみたいです。愛情をふりそそいで、一緒に本を読んで、いつも何かくれるし、公園で一緒にお散歩する役割です。

  • もう親の役目は終わり、しつけなんて親に任せておけばいいし、厳しくするなんてごめんです。
  • 親のような責任はもう結構です。孫には寛大に接して、バニラの香りがする暖かい春の光の中で、孫の大好物を一緒に食べるのです。
  • この楽観的な原動力と、すばらしい力で、子どもの会話力が強化されます。保育所では同じようなことを経験できません。
  • 祖父母はいつも孫とやりとりしています。知らないうちに、子どもの意思表示の基盤を作って、コミュニケーションの練習になっているのでしょう。

子どもの一生残る思い出作り

祖父母と遊ぶ孫

慌ただしいこの世で、時間に追われる毎日を送って、義務ばかりの親に対して、祖父母はすごいです。「今この時」を大事にするという教訓をしっかり身につけています。

  • 今時のおじいちゃんおばあちゃんは若いのです。体力もあるし、新しいことに挑戦するし、生き続けて、経験を積んでいます。
  • 人生経験から、本当に何が大事なのか分かっているのです。自分たちが孫に残し与えるのは、物質的なものではないと知っています。大切なのは、子どもに一生残る思い出を作ってあげることです。
  • 孫と祖父母は同じペースで動きます。「今この時」を大事にすることを、よく理解しているのです。虫が花に登っていくのを見つけて、窓に降る雨の様子を観察して、温かい牛乳にチョコレートを入れるとゆっくり解けるのを見ています。そういう小さくても大事なことを共有できるのです。

すべてが魔法のようで、子どもに印象深い思い出を作って、他では学べないようなことを習得できます。うそやごまかしのない、真の幸福を子どもが体験できるのです。

孫を寝付かせる祖父母

愛される子どもは安心して幸せになる

教育の要点はそこにあります。愛されて、自分の価値を評価されて、尊重される子どもは、自分に自信を持つようになり、幸せな大人になります。

祖父母が孫の未来に貢献してくれたら、それが可能です。楽観的で、賢くて、落ち着いている祖父母は、周りにいる人みんなの心に火を灯してくれます。

あなたの両親は無限の愛情で、しっかり孫との関係を築いてくれます。祖父母と孫の間で、思い出深い経験が、時には詳しく、逸話のように、または物語のように記憶に残るでしょう。