子どものトイレトレーニングをする方法

· 2018年7月1日
子どものトイレトレーニングはどの親にとっても大変なタスクです。この記事を読んでいつ、どのように子どものトイレトレーニングを成功させるのかを見つけてください。

あなたは、既に年間2000回以上おむつを交換しており、”子どものトイレトレーニング”が待ちきれないかもしれません。

トイレトレーニングはとても待ち望まれた瞬間ですが、この発達段階は親に一連の質問を提起します:いつトイレトレーニングを始めるのか?

どのように子どもが準備できているかどうか知るのか?個人的な衛生技術を上手く教えられるのか?

親の一部はこの長期過程に対する準備ができています。何人かの子どもたちは数日で学ぶのに対し、他の子供たちは1カ月かかる場合もあります

驚くことに、時々、より早くトレーニングを始めると子どもたちが学ぶのにより長い時間がかかることがあります。

上手く基本ステップを完了させるためにトイレトレーニングのタイミングについては以下のヒントを参考にしてください

いつ始めるのか?

トイレトレーニングを開始する正確な年齢はありませんしかし、ほとんどの子どもたちは18から24カ月の間に必要な身体的および認識技能を習得します。それでも、多くの親はトイレトレーニングを始めるのに2歳半か3歳になるまで待つことを望みます。

トイレトレーニングの開始を遅らせることは良い判断かもしれません。子どもが準備できる前に始めると、通常過程が長くなります。

1歳になるまで子どもたちは括約筋をコントロールできないことを忘れないでください。たとえ、子どもが準備できている兆候を示しても、まだ準備できていないかもしれません。

通常、親は夏にトイレトレーニングを始めます。なぜならそれがより実践的で赤ちゃんも快適だからです。暖かくなれば赤ちゃんはおむつ無しでも過ごせるので、おむつに漏らすことを防げます。

子どものトイレトレーニングをする

“子どものトイレトレーニング”の準備ができているサイン

物理的サイン

  • 歩くのに十分なバランスと運動の感覚があり、走っても安定している。
  • 一度に少しずつ排尿することがなくなる。代わりに一度に大量に全ての排尿をする
  • 柔らかく、形のしっかりした排便をし始める。
  • 少なくとも3,4時間は乾燥した状態を管理できる

行動的サイン

  • 座って2~5分間姿勢を維持できる。
  • 汚れたおむつを嫌がる。
  • 好奇心があり、バスルームに行くと大人の真似をする
  • ニーズに対処する際に物理的な行動を取る(音を立てたり、体を曲げたり)

認識のサイン

子どもにトイレトレーニングをする

トイレトレーニング、ステップバイステップ

必要な品物を入手する

最初のステップは担当の小児科医の提案に合わせてバスルームのトイレに設置する良いおまるか調整可能な便座を選択することです

どちらを選択するにしても、快適で安全であること、また子どもが地面と接していることを常に確認してください。

一般トイレ用の調整可能な便座を選択する場合は、子どもが床で足を休ませられるように、スツールを合わせて購入しましょう。

これはトイレへの上り下りを簡単にするだけではなく、安定性と排便時の力みをサポートします。

このステージは多くの時間と、忍耐、小さな子への励ましが必要になります。したがって、ステッカーでおまるを装飾させたり、遊びたい時にいつでもそれで遊べるようにしておきましょう

そして、子どもが好きなキャラクターをあしらった下着を買ってあげることも忘れないでください。

親たちは普通、下着か布製おむつ、または下着のように上げ下げができる新しい使い捨ておむつの中から決定します。使い捨ておむつのような下着は子どもにとって自分で履いたり、脱いだりがしやすくなっています。

過程を説明し、やり方を見せ、おむつにさようならをする

さあキックオフの時間です!

まず、おまるをアクセスしやすく快適なエリアに設置します。子どもが1日の多くを過ごす場所が良いです

子どもが使いたい時にすぐ使えるようにしておきましょう。

子どもに大人はおむつを使わず、代わりにトイレを使わなければならないことを説明してください。排便とトイレとのつながりを強調してください。

おむつが汚れた時も、おまるまで連れていき、座らせてバスルームを使うということを思い出させてください。

もし座りたがらなくても、心配したり、怒ったりしないでください。決して座らせたままの状態を強要したり、時間が必要な過程を急かしたりしないでください。子どもがプレッシャーを感じると、進行がスローダウンする傾向があります。

子どものトイレトレーニングをする

このステージでは、お母さんとお父さんのように自分のニーズを満たす方法を教えていることを子どもに説明してください。子どもたちは大人の真似をすることで学ぶため、彼らを支援する最も効率的な方法はやるべき事を実演することだということを忘れないでください

子どもにトイレの使い方を見せる時は何をしているのかを説明しながら、拭く、ハンドルを引く、最後に手を洗う動作を見せるのも良いアイデアです。

あなたが行っているところを見ることがプロセスの理解に役立ちます。

そして、子どもの性別によって以下の詳細を心に留めてください:男の子であれば座っておしっこすることから始め、それから立って排尿することを教えることをお勧めします。

女の子であれば尿路感染症の危険を減らすために前から後ろに拭くことを確認してください。

トイレトレーニングを促進する

子どもがおまるやトイレの補助具を使ったり、パンツや下着の上げ下げにあなたのサポートが必要な時はいつでも頼んで良いことを明確に伝えてください。

また、使いたい時はいつでもおまるを使って良いことも再認識させてください。

より長くおむつをしない子どもはより早く学ぶことを忘れないでください。はい、それはお漏らしの後片付けをする意思があることを意味しています。

彼らに付き合って、ストーリーブックを読み聞かせながら、落ち着いて、少なくとも1分間は座ることを促してください。

もちろん、彼らが正しくおまるを使うたびに、褒め称えることをためらってはいけません。そして、彼らはこれが成果であると理解するでしょう。

ただし、赤ちゃんが注目されすぎて神経質になったり、恥ずかしがることもあるので、過度にお祝いしないように注意しましょう。

落ち着いてユーモラスに“お漏らし”を扱う

全ての子どもたちが偶発的な“お漏らし”を経験せずに自分たちでバスルームに行くことをマスターするわけではありません。

失敗の度に、怒ったり、罰を与えたり、説教したりしてはいけません。まだ排尿と排便に必要な筋肉が完全に発達していないのかもしれません。

子どもに簡単に素早く着替えられる服を着せることによってお漏らしの危険を減らすことができます。お漏らしを防げない場合は、バスルームを使うことを思い出させながらも、後始末中はポジティブに愛情を示しましょう

要するに、遅かれ早かれ、あなたの子どもはトイレトレーニングを受けて、独りでバスルームに行きます。そして、この圧倒的なステージは献身的で成功を収めたお母さんとして他の戦いに勝利した記憶以上のものにはなりません