子供の前で言い合うことは大きな間違い

2018年6月16日
ディスカッションとコミュニケーションは、カップルの関係に不可欠な部分です。しかし、子供の前で口論してしまうと、子供の心に消えない心の傷を残してしまうかもしれません。この記事では、この問題について詳しく解説します。

この記事では、子供の前で口論することで子供に与えてしまう悪影響について話します。

親はしばしば子どもの前で口論してしまうことがありますが、子供への悪影響がある事を考慮している人は少ないでしょう。まず第一に、幼い子どもはまだ何が起こっているのか明確に理解はできません。結果、彼らはこの外部刺激に対してネガティブな感情反応を経験してしまいます。

多くの親は、子供が大人の問題を理解する能力がないことを失念しています。

言い換えれば、子供がそういった状況に対して適切に対応できる力を持っていると間違って認識してしまっているのです。しかし、無論子供は対応できる能力を持っていません。

子どもは、親の口調、衝動的な行動、または口論中の親の身振りを間違って認識してしまいます。これは赤ちゃんについても同じ事が言えます。

子供が親の口論の内容を理解できるかどうかに関わらず、これらの状況は子供に非常にネガティブな感情を抱かせることにつながります。

対話とコミュニケーションの重要性

ディスカッションとコミュニケーションは、あらゆる人間関係の中で不可欠な要素です。実際、カップルの精神状態が健康であるかの指標にもなります。しかし、それもディスカッションの形と攻撃性の度合いによります。

周りの人を巻き込まないように、動揺せず、問題を指摘することが最良です。親のディスカッションの中で怒鳴り声や、厳しい言葉が出ると、子供は恐怖を感じます。

両親が子供の前で争うことによって様々な悪影響が生じます。 一つ目は、子供に消極的な人間関係の見本を見せてしまうことです。

また、親のそういった行動を目の当たりにした子供は、物事のルールや限度を理解できないまま成長してしまいます。両親の口論に直面する子供は混乱し、圧倒されてしまいます。

親口論2

子供の前での口論による悪影響

第一に、子供たちが両親の争いを目の当たりにすると、消極的な他人との関わり方を学んでしまいます。子供はスポンジのようなもので、常に周りの環境から情報を吸収するるものです。親はいつでも子供にとっては良い意味でも悪い意味でも模範なのです。

もう一つの影響は、子供にとって親が設けたルールと物事の限度が曖昧になることです。家庭内の方針を決めるために、父と母は合意を得ながらチームとして動くべきです。

一度や二度の口論ならいざ知らず、口論を繰り返せば必然的親の権威を失墜してしまいます。

そして、親の争いを目撃した子供は、どちら側に味方すれば良いのか思い悩むことになります。これも子供の成長に非常に悪影響です。

決して子供に両親の間での審理や仲介の役割を果たさせてはいけません。裁判官として行動したり、面倒を見るのは子供の仕事ではありません。父と母は、子供にとって極めて重要です。

子供に父と母が少し話し合う必要があることを知らせても問題はありません。しかし、決してその詳細を知らせたり子供の目に触れさせてはいけません。

子供の前で争うことは消えることのない心の傷を残してしまう

子供にとっては、親の口論を目撃することは間違いなく苦い思い出となります。両親は子供を世話し、保護する者です。

従って、子供は人生における最も重要な2人が互いに怒鳴り合い、傷つけ合うのを見ると、恐れて脆弱に感じてしまうでしょう。

親口論3

Development and Psychopathologyという雑誌が、ニューヨーク大学のSte​​inhardt School of Culture、Education、and Human Developmentによって実施されたある研究の結果を公表しました。

この研究によると、子供たちが両親の攻撃性を目撃したとき、子供の感情が否定的なものとして形作られてしまいます。

調査員は、2ヵ月から5歳まで約1025人の子供を観察しました。この調査は、家族の混乱のレベルを測定するように作られたものでした。

この研究は、58ヶ月間にわたって行われました。調査員は、高いレベルの緊張状態の元で子供たちが、自分の感情を認識、規制し難いと判断しました。

そして調査員は、自身の感情を認識、制御する能力を感情的知性の発達と関連付けました。

両親の攻撃的な言動、行動を目撃した子供は、悲しみ、孤独、恐怖への対応に問題を示すことがわかりました。

これらの感情を対処できない子供は、後に過度の不安や鬱病に発展する可能性が高いのです。

日々の生活の中で自分の感情を認識、表現する能力がどれほど重要かを皆さんも理解できたでしょうか。

その能力を子供たちから奪ってしまうと、将来重大な問題につながる可能性があります。したがって、常に子供に見えないところで、口論することは最善の選択です。

あなたへおすすめ