子供に理性を教える方法

· 2018年8月28日

私達はどのように子供たちに理性を教えることができるでしょうか?子供たちに理性を教えるべきでしょうか?そもそも理性とは何を意味するのでしょうか?

あなた自身がこういった疑問を自分に投げかけた事があるなら、是非今回の記事を読んで参考にしてみてください。

どういう意味?

理性は私たちが直面している問題を解決するために使用する能力です。この能力のおかげで、私たちは世界を理解するための知識を得ることができるのです。

また、理性を持って行動することは、内面化、学習、通訳、事象に関して導きだした結論を日常生活に活用することを意味します。私たちが本能だけで動作することを妨げる精神的なプロセスと言えるでしょう。つまりは、必要とされる状況を合理化し、分析する能力を私たちに与えるのです。

子供に理性を教えることは必要か?

理性2

はい、子供に理性を教えることは必要です。あなたの子供が幼いうちから、行動する方法や、子供が受けるであろう刺激にどのように反応するかを教えなければなりません。

あなたの子供は、自宅、託児所、学校、公園、または自分が見つけたあらゆる場所で、コミュニケーションをとる方法を知っておく必要があります。

子供たちにうまく教えれば、彼らは受けた刺激に対して、自分の理性を利用することができるでしょう。いかなる場合においてもあくまで、個人的な経験に基づいて、子供達は意見を築き、意思決定し、結論を導きだすのです。

どのように子供たちに理性を教えることができるのか?

子供たちに理性を教えるために、人生の不満や困難の全てから彼らを守ることは、やめなければなりません。

仮に子供の望むものを全て与えているならば、それは子供に、何かを求める時に怒ればいいということを教えているようなものです。

赤ちゃんに理性を教える

ハイハイする小さな赤ちゃんに理性を教えたい場合は、すべての障害物を進路から取り除くことをやめてください(たとえば、段ボール箱など)。または、実際に彼らの周りにいくつかの障害物を置くことによって理性を理解する助けになります。そうすることで、回り道することを考え、学びます。

同時期には、椅子におもちゃを置くことで、子供に理性を教えることもできます。まず、子供は床から玩具を見上げるでしょう。そしてすぐに手に取る方法を考え始めるのです。

もし、椅子が敷物の上にあれば、子供が突然敷物を引っぱり、おもちゃを床に落とすかもしれません。驚かないようにしましょう。同様に、子供が椅子につかまり、目的の玩具に近づこうと、立ち上がる姿勢を見せることにも驚かないでください。

一歳児に理性を教える

子供が成長するにつれて、理性を促すために与える刺激はより大きくしなければなりません。子供が一歳になれば、これまでの自分を超えて、目標に到達させるために、彼に様々な “課題”を提供することができます。

例えば子供に贈り物を与えることにしたとしましょう。贈り物は、プラスチック容器の中に蓋をして置きます。あなたの子供にプレゼントを与え、彼の反応を観察してみましょう。おそらく、彼はあなたに容器を開けさせようとジェスチャーをするでしょう。しかし、手助けしてはいけません。子供がそれを自分で開けるようにしてください。

子供に実験を許可してあげましょう。容器を床や、おもちゃに叩きつけることを許可しましょう。そうする間に、蓋が緩んでいるかもしれません。子供は手を入れ、新しいおもちゃを取り出すことができるでしょう。

もしそうなれば、それは素晴らしいことです。子供は、床にぶつけることが何かを壊す可能性のある方法であることを学び、この場合は開ける事に成功したと言えます。

しかし、子供が失敗した場合でも、特段心配する必要はありません。この時期は将来彼が必要とする非常に重要な運動技能を教えるべき時でもあるからです。蓋ををねじる方法を教えてあげましょう。

好きなおもちゃや、おやつにたどり着くために、子供に容器の上蓋をねじる方法を見せてあげましょう。

幼児に教える方法

理性3

子供が2歳になったら、より多くのことを学ぶことができます。親としてこの学びを進展させることができるのです。

この時点ですでに子供はマナーや、家族の期待通りに振舞う方法を学び始めています。例えば、壁にイタズラ書きをしない、本からページを切り取らない、食器を使って食べる方法、衣服で汚れた手を拭わないことを学んでいるでしょう…

子供が新しいことを学び実践するする時には、親は間違いを訂正したくなります。しかし、世の中にルールそのままを完璧に守れる子供がいないことを忘れないで下さい。

しかし、子供の行動が間違っている理由については子供の理性を手助けすることができます。もちろん、その理由を説明する時間を費やさなければなりません。しかし、それは子供があなたの話すことを内面化する唯一の方法でもあるのです。最終的に子供は理性を学び始めるでしょう。