不必要な子育てアドバイスへの対処法

· 2018年6月25日

最初の子どもが生まれるとなると、不必要な子育てアドバイスをたくさんもらいます。この記事では、理性を失わずにこの複雑な状況を乗り切る、4つの方法をご紹介します。

始めてママになる人は、友達や家族から沢山のアドバイスを受け、それに対処しなければなりません。大事な家族さえ、あれこれ言ってきて、こちらは参ってしまいます。特に医師の勧められたことと、反対のアドバイスを主張されると大変です。

「これじゃあ赤ちゃんが危ないわ。」「赤ちゃんに、はいはいさせたらダメ。」「好きな時に好きなだけ食べなさい。」「赤ちゃんを泣かせたらダメじゃないの。」「母乳なんかやめて、哺乳瓶でミルクをあげたら、少しは睡眠とれるわよ。」などと続きます。

このように新米のママはしつこく言われて、検討違いのことを勧められたりするものです。姑、小姑、母、姉、友達、親友、みんなして頼まれもしていない経験話や助言で圧倒してくるのです。

典型的な「賢く」「すべて分かっている」親たちは、子育てに関して自分が何でも知っていると思い込んでいて、自分以外はすべて間違っていると本気で信じているのです。

不必要な子育てアドバイスの問題点

母親になるということは、新たな現実に順応し、恐怖・疑い・挑戦に打ち勝たなければいけないのです。ここに不必要なアドバイスを追加する、と考えただけで参ってしまいます。

状況が複雑になってくるのは、医学情報と家族の助言を比べなければいけない場合です。相手の気持ちを傷つけるのではないかと心配したり、または単に議論を避けたいと思うと、家族の前でどう振る舞うべきか、分からなくなります。

子育てアドバイス1

そのような不必要で辛いアドバイスへの対処法がいくつかあります。ここでは4種類の対処法を教えますので、この複雑で困難な状況を解決できるようぜひ試してみてください。

不必要な子育てアドバイスへの4つの対処法

不必要なアドバイスへの正しい対処法をお探しでしょうか? 助言を断ったり、否定したりすると、どうなるか心配ですか?

心配しないでください。次のような受け答えについて、注意してメモを取りましょう。

  • 自分の意見を表現する。自分自身の考え方や知識を伝えてみましょう。アドバイスに対して意見が合わないとはっきり言うことや、助言通りにするつもりがないと伝えることは間違っていません。相手を尊重して話をすることで、別に何も悪いことは起きないし、むしろ喧嘩になることを避けることができます。
  • 理由を説明する。アドバイスの通りにしない理由を説明するのです。これで助言をきちんと聞いた上で、自分自身が得た情報と比べて、そちらを選んだと言えば、腹を立てないはずです。

他の方法としては、アドバイスをしっかり聞いて、それに対してお礼を言っておきます。そして、次の小児科医の検診で相談して、不安な部分をはっきりとさせることができます。

  • 評価する。いらいらするかもしれませんが、求めてもいないアドバイスも、実はためになるかもしれません。便利で賢明で前向きな助言を、誰かがしてくれたら、それはそれで受け止めても害はありません。むしろ問題解決の糸口になったり、実用的な解決策かもしれません。

自分が求めていないアドバイスだからといって、抵抗したり反対しなくてもいいのです。偏見を持たずに広い心を持って助言を聞いてみれば、赤ちゃんのお世話や子育てに便利な情報かもしれません。

  • 笑顔で応対する。不必要なアドバイスにちょっとむかついたしても、「ありがとうございます。参考にします。」と笑顔で答えましょう。こちらも正直に迷惑だと言って後悔せずに済み、助言者も満足するはずです。

大事なのは誰が母親なのか覚えておくことです。どんなアドバイスを受けても、子どもの母親は自分なんだということを忘れずに、自分が正しいと思うように子育てしていいのです。

自分の心に素直に従って、子どもにベストな方法を選び、それ以外は無視すればいいのです。

子育てアドバイス2

聞いてもいないのにアドバイスを受けるのは嫌なものです。でも助言している人の気持ちを考えてみるのも大切です。相手に良かれと思って言ったのか、それとも単に非難したかっただけなのでしょうか。

そう考えてみれば、親戚に不必要なアドバイスをもらった時、どう振る舞って応対したらいいか分かりますね。

深呼吸してから、「ありがとう!」と言いましょう。なぜかと言うと、ママと赤ちゃんのことを大事に思う人達に囲まれているのですから。

結局のところは、赤ちゃんに何が良いのかを分かっているのは、他の誰でもない、ママであるあなたなのです。