赤ちゃんが夜中に目を覚ましたときのアドバイス

2018年9月6日

「赤ちゃんが夜中に目を覚ましてなかなか寝てくれない。」これは新しくママになった母親から良く聞かれる嘆きの一つです。母親の目の下にはクマができ、赤ちゃんの睡眠習慣が家族全員に影響を及ぼします。新しい家族が増える事は、家族に大きな変化をもたらすだけでなく、両親にとって大きなチャレンジでもあります。

もちろん、新生児や幼い子供たちは、夜中に要求を満たすために何回か目を覚まします。そしてすべての母親はこれが正常なことであるということを理解しなくてはなりません。1番の問題は目を覚ました後、また子供が眠りにつくまでに多くの時間とエネルギーを費やさなければならないことにあります。

子供たちが起きる度に、睡眠サイクルが変化します。これは毎晩5回から7回程度起こります。厄介なのは、赤ちゃんがまた眠りにつくのが容易ではないことです。

赤ちゃんや子供が夜に目を覚ましたら私達は何をすることができるでしょうか?今回の記事ではその疑問への答えや解決策をご紹介します。赤ちゃんを寝かしつけるのは、あなたが思っているよりずっと簡単なことがわかるはずです。

「赤ちゃんのように眠る」という人は、おそらく家に赤ちゃんがいないのでしょう。

−匿名−

赤ちゃんが夜目覚めたときのアドバイス

睡眠不足の母親

赤ちゃんが夜中に目を覚ましました。あなたはオムツと体温をチェックし、授乳をして子守唄を歌って、できる限りのことをすべてして眠りにつかせようとします。しかし赤ちゃんは寝てくれません。あなたはストレスを感じ、何が間違ってるのかわからず、自分を悪い母親だと責めるかもしれません。

しかし、それは大きな間違いです。なぜなら、一般的に赤ちゃんが眠りにつけない理由は、眠りにつく時と目が覚めた時の状況が違うことが関係しているからです。 赤ちゃんにとって、あっという間に状況が変わってしまうと再び眠るのは難しいのです。

例えば、母乳をあげているときに赤ちゃんが眠ってしまった場合、目を覚ましたら再び母乳を与える必要があります。眠ってから電気を消したら、起きたときに状況が違うので赤ちゃんは怖がるでしょう。この小さな違いが彼らに大きな違いを生み出しているのです。

赤ちゃんが夜中に目を覚まし、再び眠る気配がない場合に試してみると良い行動は他にもあります。また、赤ちゃんの適切な睡眠に最も必要なのは、赤ちゃんが感じる安心感だということも忘れないでください。

赤ちゃんの涙に付き合い、すべての愛を与え、甘やかし、抱きしめ、撫でて、キスをすることは非常に重要です。同様に、睡眠習慣をつけるには、アイコンタクトをしたり歌を歌ったり物語を読んであげたりすることも大切です。

睡眠ルーティーンを確立する

疲れて眠ってしまった母親

あなたの赤ちゃんは夜中に目を覚まし、まだ睡眠のルーティンが確立していない場合は、 これからご紹介しすることを、ぜひ試してみてください。まず、最初のステップとして、より睡眠ルーティーンを確立するためん、「移行対象」となる何か代わりのアイテムを与えます。例えばぬいぐるみや毛布は赤ちゃんに安心感を与え、ママを近くに感じない時も、赤ちゃんは安心して気持ちが穏やかになることができます。

2番目のアドバイスは、子供も両親も、寝室をただ単純に寝る場所と関連づけることが大切です。子供が寝るものと関連づける外的要因を利用すると良いでしょう。決して叱る場所として関連させてはいけません。

寝る前はいつも決まった日常の行為をしてください。最も一般的で効果的なものはお風呂に入れたり、本を読んであげたり、ベビーベッドに入れることです。大した事じゃないように感じるかもしれませんが、幼児に安心感をもたらします。これは眠りにつく時に最も重要なことです。また大人と子供の絆をさらに深めます。

眠れない場合は、近くにいてソフトでリラックスした声で話して落ち着かせることも効果的です。子供をベビーベッドから出さずに落ち着かせることは必要不可欠で、ベビーベッドの中に入れたままあやすことで、子供は「1人で寝てみようね、でもいつでもママに頼っていいからね」というメッセージを感じ取ることができるでしょう。

赤ん坊が泣いていたとしても、常に感情的で情緒的なニーズと関連しているわけではないことを忘れないでください。何かいつもと調子が違っているために泣くこともあります。実際、火がついたように泣き叫ぶコリックは赤ん坊に起こる非常に代表的なものです。感情に従い母性本能を十分に信じて赤ちゃんと接してください。

「あまりにも可愛いから子供をベッドに寝かせたくない」なんて言う母親はいません。

−匿名−

あなたへおすすめ