お子さんが良く眠れるようにする4つのアイデア

2018年6月30日

睡眠は何歳になってもとても大切です。そして子どもにとってはもっと重要です。子どもたちが成長し、健康でハッピーになるためにはしっかり眠ることが欠かせません。

子どもの睡眠を妨げるものはたくさんあります。夜のテレビや、座ってばかりのライフスタイル、学校でのストレスなどなど。一体どうすればいいのでしょうか。

子どもたちが必要な質の高い睡眠を得るためには、たくさんのアイディアがあります。記事を読んで、お子さんが良く眠るためにはどうしたらいいかについての素晴らしいアドバイスを見てみてください。

子どもの成長のために良く寝ることの大切さ

休息と睡眠は全ての年齢の人にとって、また人生のどんなステージにおいても重要です。しかし、子どもは特に質の高い睡眠を維持する必要があります。子どもがちゃんと成長し、健康でハッピーにないるためにはこれが欠かせません。

ほとんど寝ない子どもや、睡眠障害のある子どもは、たいてい免疫力が弱くなります。これはつまりさまざまな身体的・精神的障害に陥りやすくなるということです。また代謝にも悪影響があります。

それに加えて、良く寝ていないと子どもの教育にも悪い影響があります。学習に困難が生じたり、集中力が欠けてしまったりすることがよくあるのです。

多くの人が、人は生まれながらに良く眠る方法を知っていると思っていますが、それは神話でしかありません。子どもは健康のために良く眠ることの重要性を理解し、良く眠るにはどうしたらいいかを学ばなければなりません。

子育てに関わる親や他の大人が、このことを知っていることも必要不可欠です。子どもの睡眠習慣を把握し、良く眠る大切さを教えてあげることは、私たちの責任です。

睡眠の大切さを教えてあげましょう

子どもが寝るのに役立つ最高のアイディア

私たちはとても忙しい生活をしており、忍耐力がそこまで備わっていないことがよくあります。それに加えて、私たちの子どもたちは強いストレスと不安のある状況に常にさらされています。

目まぐるしいライフスタイルは、睡眠の質に悪影響を与えます。症状が出るまでにそう時間はかかりません。疲労、集中力の欠如、衰弱、食欲不振、悪い態度などがその例です。

興味深いアイディア

お子さんが良く眠れるようにする4つのアイディアと、睡眠の重要性を子どもたちにわかってもらう方法を提案したいと思います。

バランスが取れて、魅力的な睡眠習慣をつけましょう

子どもには健康的な習慣が必要です。こうすることで、身体的、認知的、精神的、社会的発達につながります。この習慣の中で、眠ることの重要性を教えることもできます。

子どもが寝る時間と起きて活動する時間を決めておかなければなりません。こうすれば、子どもは睡眠を毎日の一部だと理解することができます。

決まった就寝時間に加えて、寝る時間が自分にとっていいことだと子どもが理解する必要があります。

ここで言いたいことは、睡眠はつまらなくて意味のないものだと子どもが思わないようにするべきだということです。そしてとりわけ、罰として使うことが決してないようにしましょう。

ポジティブで安全な環境を作りましょう

家族の中では、子どもは自由に自分の意見を言い、自信が育つように安心できる環境を作ってあげなければなりません。このためには、親からの愛と忍耐だけでなく、ポジティブで平和な環境が必要です。

ストレスの溢れた状態や不安定な家庭環境で育った子どもは、ぐっすり眠ることに対してより大きな問題があることが多いです。こういった状況では、親が介入しなければなりません。

子どもの睡眠をケアしたいなら、平和や愛、喜び、安心といったようなポジティブな感情を与えてあげなければなりません。毎日の家族の生活の中で、私たちの態度や言葉、考え方を通してこれらのことを伝えることができます。

子どもに身体的・精神的刺激を与えましょう

多くの子どもが寝るのが好きではありません。それは子どもたちが座っていることの多い生活をしており、長時間座ったままでエネルギーを使い切っていないからです。このため子どもの身体的・精神的発達が大いに邪魔されてしまうのです。

子どもの身体的、精神的、社会的発達のためには、定期的な身体的活動が欠かせません。身体的な強度を高めるだけでなく、運動は精神も刺激し、代謝も上げてくれます。

睡眠の大切さは子どもにも理解してもらおう

スポーツは特に子どもにはいいことです。人生の価値についても教えてくれるからです。スポーツを通して、子どもはチームワーク、忍耐、友情、献身と意志の力を学びます。またスポーツによってエネルギーを消費し、睡眠の質を上げることができるのです。

バランスのとれたヘルシーな食事を維持しましょう

良い栄養が子どもの健康と成長には必要不可欠であり、これが子どもの睡眠の質にも大きくかかわります。カフェイン、砂糖、チョコレートなどの多くの食べ物は、子どもの代謝や神経系に刺激を与えてしまいます。こういったものを晩御飯の後に食べると、寝られなくなってしまうことがあります。

ですので、夜に甘いものやチョコレート飲料、精製炭水化物を避けることが、良い睡眠を確実に得るためにはお勧めです。さらに、子どもの食事はバランスがとれて栄養たっぷりであるべきなので、高カロリーの食べ物は避け、自然の食べ物をたくさん与えるようにしましょう。

あなたへおすすめ