「月と少年」:子供に耳を傾けることの重要性を教えてくれる短編映画

· 2018年5月10日

「月と少年」はピクサーによる素晴らしい短編映画で、子供たちに耳を傾けることと、全ての子供が星の世界を通して前進する能力があり、それに値するということを私たちに教えてくれます。

この5分間のアニメーションをあなたの一番小さな子供と共有してみてください。この短編映画で最初から私たちを最も魅了するものは、主役の子供の目です。彼の目は月の形と明るさ、いっぱいの夢や希望、そして彼の家族に教える途方もないほどの考えを持っています。

特別な仕事をしている家族についての短編映画「月と少年」

私たち、そしてあなたも、母親や父親としての時間の中で、子供たちがあなた自身の経験を通じて、子供たちを囲む全てから学ぶように指導しているでしょう。あなたは道を渡るように、自然を尊重するように、種を蒔くように、そして地球が太陽の軌道を回るように、どのように月が地球の軌道を回るのかに気付くように子供たちに教えます。

月と少年2

 

子どもは何もあなたに教えることは出来ないと思っていませんか?ある人は、大人は「全てを既に知っており」、子供の心と脳は情報を受け取る準備ができているだけで、情報を提供することはできないという誤った考え方を持っていますが、それは間違いです。

可能性に満ちた自由思考の魔法と柔軟性は、子供たちが日々、私たちに与えることができるものです。

そして、「月と少年」はこのような細かなことを私たちに示す非常に優れた短編映画です。

家業を学ぶ

この短編映画はとても特別な通過の儀礼として始まります。そこで、その子供の家族、毎日特別な場所へ静かな船旅をする父親と祖父に会います。ある時、息子は彼らに同行します。ついに、彼も家業を学ばなければならない瞬間が来たのです。

彼は今からグループの一員なので、父らは古いセーラー帽を与えます。彼は毎日特別な仕事を引き受ける勇敢な男たちの小さな探検旅行の一員になったのです。そして、夜には月の上に降る全ての星を一掃します。

子供が私たちに教えてくれること

ある時、お父さんとお祖父さんは仕事上の小さな問題を抱えます。彼らは月の表面から取り除く方法が分からないほど大きな星を見つけるのです。代々使用されてきた道具のほうきは今や役に立ちません。

しかし、私たちの大切な男の子は星に登ることを躊躇しません。彼は自分の惑星を探検し、アイデアを創り出し、子供のように自由で可能性のあふれた計画を心に描く小さな王子様のようです。

祖父と父親はその小さな子供が問題を解決できると思いませんでした。彼はどうすれば良いのでしょう?父と祖父は専門家であり、この重要な仕事を何十年も実施してきました。ところが、その子供は、大人たちが驚くようなことを成し遂げるのです。

  • 子供たちはときどき大人が思い付かない考え方をたびたびします。それは水平思考と呼ばれます:彼らは現実をあまり厳密ではなく、証拠だけに屈することができる、幅広く、創造的な視点から見ています。
  • 大人には経験がありますが、より広い視点から現実を直観できる、可能性に満ちた、内なる子供の魔法を失うべきではありません。
  • 子供たちは新しい世代であり、幼少時代は技術の欠如ではなく、親たちが信頼して、聞いて賛成すべき可能性に満ちた大きな箱です。ですので、彼らは私たちに教えられることがたくさんあります。

私たちが正しい環境を作り、とりわけ子供たちの夢、能力、才能を尊重し、強化することができれば、子供たちは良い世界を創造するために人生を費やすでしょう。

それぞれの子供に個性があり、非常に優れています。彼らは自分の月を目の中に持ち、そこから、私たちが彼らに耳を傾け、彼らを信頼することで、人生に隠された星に到達することができます。ぜひ、この素晴らしいピクサーの短編映画「月と少年」を子供たちと楽しんでみてください。