青少年に起こる成長痛について

· 2018年12月5日
子どもがいつも痛がるようであれば、成長痛かもしれません。今回はこの症状について知っておくべきこと、そして対処法をご紹介します。

青少年の成長痛は、成長段階においてよく起こります。腕や脚などの身体の末端に不快を感じることがあるでしょう。

通常、このような痛みは夜によく感じるものです。時には痛みで、子どもが夜中に起きてしまうこともあるでしょう。

しかし成長痛の痛みが日中に起こることもあります。大抵の場合、毎日の生活に支障をきたす程ではありません。

そしてこの成長痛の原因が何なのか分からないのです。しかし、いくつか原因と考えられる仮説はあります。例えば、成長痛になる子どもは、柔軟性のある身体であったり、偏平足であると言われています。

多くの場合、痛みは急に始まり、そして急に痛みが治まったりします。いつ成長痛が起こるのか、予想もつかないのです。

子どもが痛そうにしていたら、痛む場所をマッサージしてあげることはできます。そうすることによって、痛みは成長痛なのか、他にもっと深刻な骨や筋肉の問題なのかを見極められます。

もし深刻な痛みを感じているなら、子どもは痛い場所を触らせてくれないはずです。何かもっと重い病気ならば、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。

成長痛について

成長痛になるとどうなるか

成長痛が見られるのは脚、向こうずね、ふくらはぎ、膝の裏やももです。身体の左右どちらにも痛みが起こります。

そのようなときは、まず落ち着かなければいけません。子どもはとても痛がっているかもしれませんが、骨や筋肉に特に害のあるものではありません。成長痛に対処する簡単な方法があります。

こちらの記事もお勧めです:0~5歳の子どもの運動発達

成長痛の痛みは昼間でも夜でも起こります。成長痛のせいで、心地悪い状態は10分から30分くらい続きます。痛みの長さは数分から数時間とも言われています。

痛みの程度は、軽い痛みから痛烈な痛みまで、個人差があるでしょう。成長痛が断続的に感じられることもあります。子どもが痛みを感じずに、数日または数ヶ月経つこともあるでしょう。一方毎日のように成長痛を訴える子どももいます。

子どもが感じる痛みを和らげるためには、痛みはいずれなくなるもので、ずっと続くものではないと安心させてあげましょう。それと同時に、特別なオイルを使ってマッサージするのも良いでしょう。少しは痛みを抑えて、心地よくなるかもしれません。

成長痛が断続的に感じられることもあります。子どもが痛みを感じずに、数日または数ヶ月経つこともあるでしょう。一方毎日のように成長痛を訴える子どももいます。

子どもと青少年に起こる成長痛の症状

子どもと青少年に起こる成長痛には次のような症状を伴います。似たような症状が見られる場合は、成長痛の可能性があると覚えておくと良いでしょう。

  • 両脚に感じらる筋肉痛:大抵ふくらはぎ、ひざの裏、そして両足のももに現れます。
  • 脚を動かしても、痛みが良くも悪くもならない:それは関節に問題がないことを示しています。
子どもに起こる 成長痛

  • 痛みが現れたり、なくなったりする:夜ひどい痛みが翌朝には全く痛くないこともあります。
  • 痛みは強烈で、夜中に起きてしまうこともある。
  • 腕の筋肉痛も感じられる。
  • 頭痛を伴う場合もある。
  • 痛みによって脚の不自由はない:毎日の生活には支障をきたす程ではありません。

結局のところ成長痛の原因ははっきりとわかっていません。しかし実際には、骨の成長期のせいで痛みが起こると勘違いされることが多いです。

こちらも参考にして下さい:子どもの頃にスポーツをするのが大切な訳

いくら成長がとても速くなる時期でも、骨はゆっくりと発達するものですが、ゆっくり成長する時には痛みを伴いません。

子どもによっては何年にも渡り、断続的に成長痛の痛みを感じる場合もあります。一般的に、思春期の半ば頃までには痛みが治まっていることでしょう。