親にお気に入りの子どもはいるの?

· 2018年7月29日

子どものことは平等に愛していると考えたいものですが、科学によってそうではないことが証明されています。親にお気に入りの子どもはいるという少々理解しがたい「神話」について研究し、それが実際本当であるということを発見したのです。

専門家によると、子どもが親に対して異なる感情を抱くことは普通だそうです。ですので、親も相性や性格によって特定の子どもとより仲良くなる可能性もあるということです。

この議論になりそうな結論は、この話題についての数々の研究の結果得られたものです。この記事で、なぜ科学者たちがお気に入りの子どもは存在すると主張しているのかを見てみましょう。

以下は、この結論に至るまでに行われたさらなる研究と、それが家族力学にどんな影響を与えるのかについてのまとめになります。

科学的にはお気に入りの子どもがいるようです

カリフォルニア大学の人間発達・家族研究学科の教授であるカサリン・コンガ―によって行われた研究によって、親の65%と母親の70%が子どもの好感度に偏りがあり、たいていは長女や長男を好むということが明らかになりました。

コンガ―の研究チームは約400の家族を3年以上かけて分析しました。その分析によると、たいていは好みの順番が子どもの生まれた順番と関係していることがわかりました。

すべての親が言う、典型的な「みんな平等に愛してる」とはかけ離れて、多くの人がえこひいきは自然なことで、生き残りのために避けられないメカニズムだと主張しているのです。

クグラーはこう言っています。「自分自身を未来の世代と置き換えるという生物学的で自己陶酔的な行為のため、親はより年上の、より健康な子どもを好みます。それはその子が最も再生産に成功する可能性が高いからです。」

この考え方に則して、神経精神医学者のシーザー・シエラは、無意識にでも自発的にでも、それぞれの後継者に対する母親や父親の好みに順番があるということを確証しています。それは妊娠、出産、子育ての文脈により異なります。

親はお気に入りの子どもを持っている

これは家族力学にどう影響するの?

「えこひいきは、すべての家族のメンバーとのすべての関係性に影響する」と、心理学者のエレン・リビーは言っています。また、これは兄弟間のライバル関係にも貢献するとしています。

Parenting.orgという組織の専門家によれば、兄弟は家族の中での地位と親からの注目をめぐって争うものなのだそうです。

母親と大人になった子どもとの絆について分析した研究が、コーネル大学によって行われました。彼らは、母親のえこひいきとうつ病の関係について研究したのです。

三分の二の母親が、お気に入りの子どもがいると答えました。その研究によれば、その子どもは罪悪感を覚え、将来は両親の世話をしなければならないという義務を感じるのだそうです。

多くの家族の関係性の力学は、一人の子どもを好むことと大きく関係しています。心理学者のマリア・エレナ・ロペスは、この状況は「人生の様々なときにおいてよく起こること」だと言っています。そういうわけで、例えば王様がいる家族では、数年後お気に入りの小さなお姫様が生まれるのです。

母親にとってのお気に入りの子ども

科学は上記のようなことを言っていますが、母親の気持ちは違っています。私たちの100%が、私たちは子どもたちを平等に愛していると信じています。一人の子を他よりも愛するということがどうしてできましょうか。

お母さんの気持ち

兄弟が正反対だということはよくあります。一人はより賢く、もう一人はより愛情深いかもしれません。これらは二つとも母親みんなが大好きな美徳です。そう、二人の子どもは違いますが、二人とも同じ母親から生まれ、同じ量の愛情を受ける権利があるのです。

良い親は、子どもみんなに平等の愛と注目を与えることで、偏りがないようにしようとします。

お気に入りがいるかどうかが問題ではないこともあります。それは、ときにはある子どもが兄弟ができないような方法で、お母さんのために何かしてくれるというだけなのです。

お裁縫が好きなお母さんのことを例にとってみましょう。彼女には二人の娘がいて、一人はお裁縫が大好きで、もう一人は大嫌いだとします。お母さんがお裁縫をするときは、その時間を一緒に楽しめる子を呼ぶのが論理的ですよね。

もう一人には絵を描く才能があるかもしれません。お母さんはそれをやはりありがたく思い、彼女の絵を冷蔵庫に貼るでしょう。

それぞれの子どもが、それぞれのやり方で貢献してくれます。子どもがみんな平等に価値があるのだということを子どもにわかってもらうのは、親の責任なのです。親は、すべての子どもに偏りがないとことを示さなければなりません。