親の不在が子供に与える影響

· 2019年3月10日
最も大切なのは、我が子の声に耳を傾けること、そして子供をしっかり見守り、愛情を注いであげることです。

子供にとって両親との関係はとても重要です。しかし、場合によっては理想通りにいかないこともあります。この記事では親の不在が子供に与える影響について説明していきたいと思います。

死や離婚、その他ざまざまな原因によって、子供が両親を失うことがあります。こういった場合には、両親の不在が子供の心にどう影響するのか、また、どう対処すべきなのかを知っておかなければなりません。

両親の不在は子供の心にどう影響するのか?

子供たちにとって両親は愛と温もりの源です。片親ないし、両親が不在の場合、子供は本来必要な関心を欠いてしまうことになります。

母親や父親がいない場合、子供は苦しむかもしれません。また、十分な支援が受けられていないと感じるかもしれません。

この不安を払拭、または乗り越えるために他人を脅すなど、攻撃的になる子供もいます。しかし、全ての子供が同じように影響を受けるわけではありません。

親を失うことの問題点

親を失うことをは、子供にとってとても複雑な問題です。それ故、以下の問題が発生するかもしれません。

1.周囲の人々との関係の悪化

親を失うということは、間接的に子供と周囲の人々との関係にも影響を与えます。関係が悪化する傾向にあります。子供によっては、捨てられること、失うことを恐れるだけでなく、自分を肯定できなくなり、攻撃性や怒りを強めていくことがあります。

親の不在2.認知能力への影響

ジャーナルオブヒューマンリソーシス(アメリカの学術誌)の調査によれば、シングルファザー、シングルマザーの家庭で育った子供は認知力が十分に発達しない可能性が高くなります。その一因としてあげられるのが、大人が教育に積極的に参加しない/できないことです。こういった問題に対処するためには、地域社会や家族にサポートしてもらうことです。

3.攻撃性

子供の中には。親を失ったことに憤る子もいます。時に、この怒りが攻撃性として現れます。通常は、怒りとの向き合い方、攻撃性との向き合い方を教えるのは保護者の役割です。

両親のうちどちらかを欠いてしまうとこの教育が十分にできない可能性があります。そのまま思春期を迎えてしまうと、子供は攻撃性に適切に対処できないかもしれません。

シングルファザー、シングルマザーの家庭で育った子供は認知能力が十分に発達しない可能性が高くなります。」

4.不安

子供によっては、強い不安を抱えてしまうことがあります。それは、両親との関係の中で生まれる愛情や信頼が十分ではないからです。

不安に加えて、落ち着きを書いてしまう子供もいます。 子供が10代の場合には、学業成績に影響を与えるかもしれません。

5.学業成績

通常、家族とは子供の学業成績に良い影響を与えるものです。親の励ましが子供のモチベーションとなるからです。子供は親の期待を背負い、親が誇りに思えるように努力します。

しかし、親の不在は子供からこのモチベーションを奪います。場合によっては、子供が学業成績に全く関心を抱かない事態に陥るかもしれません。

親の不在

6.麻薬やアルコール

両親が不在の子供は、法定年齢に達する前にアルコールを使用したり、麻薬中毒に陥るか可能性が高くなります。コントロールする人がいない子供は自身に対して責任を持ち始めるが、その自由を適切に使えるとは限りません。

親の不在により、子供が10代になる前に飲酒および喫煙を始める危険性が高まることが研究により示されています。

両親または、片親が不在の子供は、法廷年齢に達する前にアルコールを摂取したり、麻薬を使用してしまう可能性が高くなります。誰にもコントロールさることのない子供は自分で自由に責任を負わなければなりません。しかし、その自由を正しく謳歌できるとは限りません。

親の不在は、子供に大きな影響を与える可能性があります。これを忘れてはいけません。もちろん、全ての子供が同じではありません。最も大切なのは、我が子の声に耳を傾けること、そして子供をしっかり見守り、愛情を注いであげることです。