多すぎるおもちゃ症候群

2018年7月11日

子供がもはや以前のようにプレゼントに喜びを覚えていないと感じたことはありませんか?あるいは、あまりにも多くのおもちゃを持っているが故に、退屈さえ覚えていませんか?今日の子供たちが想像力を失っていると思いますか?

あなたがこれらの質問のいずれかに「はい」と答えたなら、今日の子供たちの状況は過剰に与えられたプレゼントやギフトに関連するかもしれません。

これは特にホリデーシーズンに関係します。このトピックに関心を持つことは非常に重要です。この記事では、「多すぎるおもちゃ症候群」に対処するためのヒントを紹介します。

多すぎるおもちゃ症候群2

多すぎるおもちゃ症候群とは何か?

母親はマグネット、祖父母は玩具のキッチンセット、また、もう一方の祖父母は玩具のレースカーを購入する。子供にスケート靴を買おうとする叔父と、甥、姪に工作用粘土を購入したい叔母を忘れてはいけません。

友人やその他の親族を差し引いも、合計で、子供が受ける5つの贈り物がすでにあります。

これは子供たちに集中力、想像力の欠如をもたらします。また、欲求不満につながる可能性もあります。子どもたちは、何もせずとも報酬を得られるために、仕事を達成するために必要な努力を大切にする機会を与えられていないのです。

最悪にも、この問題が広がり始めたきっかけは社会消費主義です。子供たちは毎年高価なおもちゃや贈り物を期待するようになります。

時には、日頃、子供達に十分に構うことができない埋め合わせとして大量のおもちゃを買い与えてしまうことがあります。子供を喜ばせようしたこの行動は子供の発達に非常に有害である可能性があります。

多すぎるおもちゃ症候群3

クリスマス、誕生日、その他のお祝いになにができるか?

贈り物やプレゼントの問題は年間を通して存在しますが、真実は休日や誕生日などの特定の時期にはより顕著です。

子供たちに贈り物を過度に与えることはより大きな愛情につながるものではないことを理解しなければなりません。愛情は、贈り物を通してではなく、日々の些細な出来事や、振る舞いを通じて提供されるべきです。

極力、プレゼントは4つまでというギフトルールに従うべきです。これは、専門家が推奨する贈り物の量です。ルールを適切に実行するには、いくつかの基準に従わなければなりません。

  • 贈り物の1つは子供が必要とするものでなければならない。
  • 一つは彼らが望むものでなければならない(ここでは、それらのおもちゃまたはその商業的要求に対応することができます)。
  • 服やアクセサリーなど、着る物。
  • 読書の習慣を促進するのに役立つもの。

すぐに贈り物の量を減らすことは容易ではありません。家族や愛する人に、子供がすでに持っているものを大切にし、「自然に」楽しむことを覚える必要があることを説明することが重要です。

多すぎるおもちゃ症候群4

「自然に」と言うことは、私たちが理解している「子供のように楽しむ」ことを意味します。子供たちは、エンターテイメントと幸福の完璧な定義になりうるのです。

私たちは、幼年期の特徴である無邪気さと楽しみを味わう能力を充実させるために、特別な注意を払う必要があります。子供はおもちゃを持たずに遊ぶこともできるはずです。その能力を置き去りにしてはいけません。

この記事では、子供たちが本当に必要としているもの、人との関わりや、愛情、そして時間を題材とした以下のクリスマスキャンペーンビデオを見ることをお勧めします。

子供達に本当に必要なものは、私たちの時間です。つまり、健康で幸せな成長を促す、本当の愛を感じさせる時間だけなのです。

あなたへおすすめ