二歳児を理解するための4つのヒント

2018年9月14日

親になった人の多くが、二歳という時期が子どもの成長の中で難しく、恐ろしい段階だと言います。二歳児を理解することは不可能に近い課題と言えるでしょう。未だ、直面していない方にとっては、これは言い過ぎのように聞こえるかもしれません。しかし、実際に体験した方であれは、私たちが話していることに共感していただけると思います。

問題なのは、多くの親が間違ったアプローチで2歳児と接することです。大切なのは親の姿勢の問題です。この戦いを経験した方であればご存知でしょう。大人の視点で子供の世界を理解しようとするのは不可能です。これは、我々がより慎重に、そして柔軟に扱うべき問題なのです。

2歳という幼い年齢では、他人の立場に立つという能力はを持ちあわせていません。また、自分の行動の結果を予測することもできません。だからこそ、彼らの未来は、両親に委ねられているのです。

この「わたしママ」の記事では、2歳児を理解する上で役立つヒントを提供します。悪夢とまで言われる2歳児と立ち向かう手助けになるかと思います。

「子供の行動とあなたの反応と間に距離を空ける」

– 匿名 –

2歳児を理解するために

  • 2歳児は限度というものを知らない。2歳児は、未だに社会のマナーやルールを試している段階です。あらゆるものを試して、ルールを学ぶのです。例えばテーブルを蹴ると何が起こるかを試してみます。食べ物で遊んだり、おもちゃを散らかしたのにもかかわらず、片付けることを拒否します。地面に物を投げつけ、靴や服を脱ぎ散らかすかもしれません。叱られれば、二度としないと約束するかもしれませんが、また繰り返すことは必然で、まるで常習犯です。彼らは成長するため、評価を知るために、限界がどこかを分析しながら遊びます最善なのは、悪い行いを見逃し、良い振る舞いを褒めてあげることです。
  • 2歳児は罰を理解しない。2歳児を理解することは不可能だと感じることがあるかもしれません。あなたを疲れさせ、忍耐力を限界まで磨り減らさねばならないことでしょう。それでもなお、どうすれば良いかわからなくなってしまうものです。しかし、罰を与えても、あまり効果はありません。ただいたずらに、子供を泣かせてしまうだけです。仮に、子供があなたを理解していない、否定と肯定を区別できていないと考えているのなら、それは間違いです。ただ単に、自分の行動の結果や罰の苦痛が何を意味するのかわ理解できないのです。絶対に、罰を与えて怯えさせてはいけません。まずは、原因と結果の関係を理解させることが最優先です。
  • 感謝の気持ち伝えずに、黙っている。2歳児は、分かち合う方法を知りません。友達や兄弟と新しい玩具を巡って争い合うものです。たとえ新しい玩具を買ってあげたとしても、子供は感謝や喜びなどの気持ちを一切見せないかもしれません。こういった子供の反応に戸惑いを覚えるかもしれません。しかし、心配は不要です。決して、喜んでいないわけではないのです。この時の子供は、言うなれば、びっくりしている状態です。これまでに感じたことのない新しい感情を始めて経験するのです。即ち、感謝と幸福です。時間はたっぷりあります。欲しいものを貰った時に、自分の喜びを表すことができるまで、成長を待ってあげましょう。
  • 虚しさを感じさせる受け答え。普段はおしゃべりなのに、具体的な質問への反応しかしない場合でも心配しないで下さい。これは、この段階特有の一般的な反応です。深く考える必要がある質問に直面した際に、簡潔に言ったり、考えを言葉として組み立てることがまだ難しいだけです。何を優先して答えるか、どこから始めるべきなのか分からないために、沈黙を選ぶのです。解決策は簡単は、質問をより具体的に、抽象的でないようにしてください。質問に対して「何?」と回答することが多いかもしれませんが心配いりません。質問を処理する時間が必要なのです。子どもの注意力は散漫で、容易に気をそらしてしまうのです。あなたに注意を向けさせ、ゆっくりと話してみましょう。

2歳児を理解する:困難ではあるが、決して不可能ではない

二歳の男の子

以上に紹介したように、2歳児の行動の裏にはそれぞれ様々な理由が伴っています。理解するためには、まずはあなたが冷静になりましょう。の頭を悩ませるこういった問題の解決策は、あなたが思うよりずっと簡単です!

「恐るべき2歳児」と呼ばれるように、2歳児は複雑で難しいとしばしば言われます。しかし、少しの忍耐力、やる気を持って、献身的に、自己犠牲の精神で臨めば、大概のことには対処できるのです。あなたはどうですか?こういった問題を抱えてはいませんか?どういった解決策を見つけたでしょうか?

Bibliografía

あなたへおすすめ