子供を遅くに寝かしつけることの影響

· 2018年5月15日

「早く寝なさい。大きくならないわよ。」という親のセリフは良く子育てで使われるのではないでしょうか。何世代にも渡り、親が使ってきたこの言葉には何の意味があるのでしょうか?そして、子供が早く寝ることはどれだけ重要なことなのでしょう。今回は、精神医による子供を遅くに寝かしつけることの影響を紹介します。

この記事では、最近の睡眠研究で分かってきた驚くべき内容をお伝えします。子供を遅くに寝かしつけるということは、病気にかかりやすいという結果が出ています。子供の睡眠時間やタイミングについては、近頃よく議論になることが多いですね。今日は、科学的な研究から何がわかっているかを紹介したいと思います。

子供を遅くに寝かしつけることへの科学的な見方

あなたも子供を遅くに寝かしつける習慣がある親の一人でしょうか?早く寝かせるようにしていても、なかなか子供がベッドに行かず困っている親の一人でしょうか?こういった場合、子供が朝起きるのもぐずったりと大変ですよね。

最近の研究結果で分かっていることは、子供が早く寝ることができないことで、子供の成長と発達に影響が出るということです。この結論を導きだしたのは、有名な小児精神科医であるドクターJosé Ferreiraです。

この医師によると、子供の生活環境や習慣が子供の将来に大きく影響するということです。気が散ったり、不安な感情を持つことが多かったりと様々な症状が出やすいということを言っています。

子供を夜の10時までに寝かしつけるというのでさえ、普通ではなくなっているのが現状です。医師レポートによると、遅くまで眠らない習慣がついている子供とその親が良く医師に相談に来るということが書き記されています。

kid-dreaming

子供を遅くに寝かしつける習慣は変えられるのか

答えはYESです。ただ、子供の習慣を変えるということは、家族全体の習慣を変える必要があるということを理解してください。子供は周りがまだ起きているのに自分だけ寝るのを嫌がります。子供が寝やすい環境を作るために、例えば家の中の電気を暗くするなど工夫が必要でしょう。

他のコツとしては、家の中、あるいは寝室だけでも、白色の電球を使うことを避けるということがあります。温かめの色の電球を使うことで、リラックスでき寝やすくなります。

ドクターBelisarioによれば、スマホやiPadなどの機器を寝る前に使うことを避けるのも有効的な方法だと言います。これらの機器を使うことで、悪夢を見たり、夜眠れなくなるということが増えるようです。

boy-sleeping

子供を遅くに寝かしつけることへの影響

子供を遅くに寝かしつけるということに影響が出る理由はいたってシンプルです。人にとって成長ホルモンが分泌されるのは12:30am前後で、しかもその時に睡眠の4段階目に入っていないといけないのです。

このことからもし子供が10時や11時以降に眠るとすると、成長ホルモンの分泌に影響が出て、成長にとってネガティブな作用が出るということです。

研究では子供の脳をスキャンし観察がされました。早く寝付いた子供と、遅くに寝付いた子供を比較したのです。そして、これらの子どもが算数のテストを受け、その結果が考察に加えられました。多くの時間寝る子供のほうが、少ない時間寝る子供よりも、学業において成績が良かったというのです。そして大人になってからも、アルツハイマー病になる確率が良く寝る子供の方が確率が低かったのです。

研究者は、子供に限らず誰でも十分な睡眠を運動で病気になるリスクを減らすことができると証言します。多ければ多いほど良いというのが医師の見解です。このことから、子供を遅くに寝かしつける習慣は避けるべきだということが言えます。

子供の睡眠に関しては議題が良くなされることで、これからも新たな研究結果が発表されるかもしれません。意見もまだすべてが同一というわけではないですが、早く子供を寝かす利点は少なからずありそうです。