子どもにとってすごく大事な8つのこと

· 2018年7月27日

子どもがいると、親子の間だけに存在するとても特別な関係を築くことができます。その中でも、子どもにしてあげられる小さなことが、子どもにとってはすごく大事な意味があります。

子どもはまだまだ無邪気でも、生活の中で色々観察して分析しているのです。

大人がしてくれる小さなことでも、子どもはちゃんと気付いています。そしてそれをしてくれなくなった時も分かっていて、それが子どもの気持ちに影響することもあるのです。

ちょっとした優しさの価値とは?

大人にとって大したことでなくても、子どもにとってはとても大事なことがあります。

ちょっとした優しさはかなり重要で、内容によっては子どもがうれしくなったり、悲しくなったりする理由にもなり兼ねません。

大切な人に愛情表現する方法はたくさんあります。子どもにとって、ちょっとした優しさで表現される心は、子どもにとって意味があり、とても大事なことなのです。それは一時的な意味だけでなく、子どもの一生にかかわることでもあります。

子どもにとって大事な8つのこと

子どもにとって大事

  1. 子どもがくれたプレゼントを利用する。小さい頃から様々な理由によって、子どもはとても創造性が高いです。きれいに飾り付けたカードを作ってくれて、毎日使えるような手作りのアクセサリーをプレゼントしてくれます。子どもは愛をたくさん込めて作ってくれるのです。それをもらったら、プレゼントを大切にして、せめて機会があれば着用する位のことはできますね。
  2. 子どもと一緒に踊る。身体を動かすのは大人にとっても重要ですが、子どもにはもっと大事です。いつものスケジュールを少し中断して、子どもと一緒に歌って踊りましょう。大人の内に秘める子どもらしさを開花させましょう。
  3. 子どもにメモを残したり、時には驚かしてあげる。大抵の子どもはサプライズが大好きです。予期しない時に、両親からメモをもらって、自分がどれ程必要とされているか、愛されているかが記されていたら、どんなに喜ぶでしょう。
  4. 毎週特別な日を1日決める。特別な日に、必ず一日中子どもと過ごす必要はありません。時には仕事で、そのような約束を守れないこともあるでしょう。それでも午後だけ、または日を決めて、一緒に映画を観てポップコーンを食べるなどの時間を持つと良いでしょう。それだけで、子どもとの絆が深まります。
  5. 子どもが気に入っていることに対して、興味を持って熱意を示す。何か新しいことを発見したり、その日に起こったことを子どもが話してくれる時は、どんなに疲れていても、注意して聞いてあげなければいけません。よく話を聞いて、その話題に対して何か質問してみましょう。そうすれば話している時に、親から支持されて、興味を持ってくれていると感じます。子どもから親への信頼が強まります。
  6. 家族の間での、流行り言葉やスローガンを作る。子どものアニメに出てくる流行り言葉でも、何かチームワークや楽しいことを思い出すような言葉でも良いでしょう。時には子どもの意見を聞くようにすると、さらに自分が重要だと感じます。親子の関係が深まり、子どもも強く気持ちが通じていると感じるでしょう。子どもにとって大事なこと
  7. 子どもに服を選ばせる。子どもを信用して、活動範囲を制限しないようにしましょう。子どもの選択を信じていると伝えることは、ファッションの好みに関してもそうです。自分自身の個性を出しても良いということと、親はそれを支持することが大事です。ある程度のガイドラインを決めて、年齢に合ったものであれば、自分で着たいものを選ばせましょう。
  8. 何か知らないことを子どもに聞いてみる。もし手伝って欲しいことを、どうするか分かっていても構いません。子どもにどうしたらできるか聞きましょう。これで子どもは自分が賢くて、知識を伝えることができると感じます。何か教えてあげる時は、辛抱強く謙遜することの大切さを、子どもに伝えることができます。

以上説明した通り、小さな優しさを示すのは、それ程大変な事ではなくても、どんなに子どもを愛しているかを伝えられるものなのです。

その結果子どもとの関係が縮まり、仲良くなって、それがずっと続くようになります。それは子どもが思春期に入っても、親子の強い関係の基盤となります。