子どもに正直であることの価値を教える大切さ

· 2018年11月30日
子どもに正直さの価値を教えることが簡単だなんて言いません。

子どもが嘘をつくのをやめさせようとしたいときに、罰を与えたり、叱ることがいつも効果的とは限りません。親として、私たちは子どもが小さいときから正直であることの重要性とその価値を教えなければなりません。

罰を通して子どもの行動を正していると、子どもは罰を受けないように嘘をつくようになります。

子どもに正直であることの価値を教えるのは、私たちの親としての義務の一つです。子どもの未来はそれにかかっているのです。

これは意外と単純なことではありません。子どもに正直であるよう教えるのは、靴紐の結び方を教えるのとはわけが違うのです。子どもがその価値を学ぶ方法には様々な要素があります。

子どもに美徳を教えることは、かなりの忍耐を必要とする大切な義務です。子どもに正直さの価値を教えるために使えるさまざまなアドバイスをご紹介します。

子どもはなぜ嘘をつくの?

子どもは大人と同じ理由で嘘をつくのではないということを理解しておくことが大切です。児童心理学の専門家が、子どもが嘘をつく理由をリストアップしています。

物をもらうことと、注意を引くことが二つのカギとなる理由です。子どもが嘘をつくその他の理由は、罰を受けないようにするということもあります。親はこれには気を付けなければなりません。厳しくしすぎると、もっと頻繁に嘘をつくようになってしまうのです。

子どもに正直さの価値を教えるために

子どもは現実と空想を混同したり、また真似をしたりして嘘をつきます。子どもがお手本にしている人が嘘をつき始めたら、子どもも必ず嘘をつき始めるでしょう。

嘘と本当の違いはいつから教え始めるべき?

子どもが3歳になるまでは、価値観について教えることはできないということを覚えておくのが大切です。3歳未満の子供は価値の重要性について理解する能力がありません。

しかし3歳になったらすぐに、親は注意しなければなりません。教えるだけでは十分ではありません、子どもの行動をよく観察することも大切です。

これにより、子どもがなぜ嘘をつくのかがわかります。この問題を客観的に分析しないと、これに対処することはできないのです。

嘘を罰することより、正直さを褒めることの方が大切

子どもにご褒美をあげることは、子どもの学習に素晴らしい刺激になると言われています。ご褒美を挙げると、子どもは正直さと何かいいことを結び付けるようになります。これは、家庭の中で信頼できる環境を作ることにもつながります。

また、嘘についたことを叱る時も、適度で理にかなった罰を与えなければなりません。また、子どもを嘘つきと呼ぶことには、とても悪い影響がある恐れがあります。結局、子どもに信頼してもらうことが目的ですよね?

嘘と真実についての話題は、しつけやモラルだけに関わるものではありません。困難を一緒に乗り越えるための自信と相互の信頼関係を築くということなのです。

信頼関係を築くこと 正直

正直さの価値を子どもに教えること

子どもが成長するにつれ、本当のことを言うことの価値を、子どもが理解できるようになることが大切です。まずは、嘘をつくと自分にとっていいようにならないということに気づく必要があります。

信頼もまたカギとなります。子どもが本当のことを言った時に、子どもを誇りに思うと言うことを伝え、正直だったことに対してのご褒美をあげれば、その意図は伝わります。

また、私たちが正直であれば、子どももそうなります。これは家庭から始まります。私たちは、私たちが嘘をついているところを、子どもに聞かせてはいけません。親は子どもが見習うべきお手本なので、親の態度がかなり影響するのです。

子どもに正直さの価値を教えることが簡単だなんて言いません。しかし、忍耐、我慢、分析と信頼は、家庭で正直になれるようになるにはベストな方法だということを覚えておいてください。

https://youaremom.com/teaching-children-value-of-honesty/