子どもにおはようのキスをすること

· 2018年8月24日

朝子どもにキスしたり、夜ハグしてあげたりすることは、素晴らしい利益をもたらしてくれます。

おはようのキスで子どもを起こしてあげることは、子どもが目覚めるのを助けるための愛情深い方法というだけではありません。これは、新しい一日の絆を強めることに使える、素晴らしい習慣なのです。

忘れてはいけないのは、私たちの社会では毎日の儀式や慣習であふれており、それは私たちの現実にポジティブにもネガティブにも効果を発揮するということです。

また、家で行われる慣習は、子どもが世界を理解する方法にも影響します。

子どもにおやすみのハグやおはようのキス、学校の後の「今日はどうだった?」などといった感情の補強がないと、子どもはこの世界ではポジティブな感情には価値がないんだと思って育ってしまいます。

そして、おはようのキスは、親と子どもの両方にとってのプレゼントです。これは毎日行うべきもので、最初はばかげていると思うかもしれませんが、これは実際に心理的・感情的なメリットを多くもたらしてくれるのです。

今日の「わたしママ」では、こういった毎日の習慣の大切さについて解説しようと思います。

朝子どもにキスをすることはとても健全

おはようのキスの大切さ

子どもがすぐに大きくなってしまうということはご存知の通りです。そしていつの日か「ママ、恥ずかしいよ」と言って離れていってしまうこともちゃんと理解しています。

でもそれは関係ありません。この習慣は、お子さんがこの世界にやってきたその日から始めることが理想的です。

このような愛情のプレゼントをあげることは、脳の発達の燃料になります。あなたが子どもに与えてあげた愛情と心地よさのおかげで、賢い子に育ってくれるでしょう。

新しい日が始まり、またママが愛してくれる

赤ちゃんはおそらくあなたをたくさん寝かせてはくれないでしょう。最初の数か月は、赤ちゃんに授乳するために、3時間おきに起きなければならないかもしれません。

それでも、新しい朝がやってきたら、まずは子どもにキスをしてあげましょう。

  • これは今ここに「いる」という感覚を起こさせてくれる、自然な行動です。癒しの感情を子どもに送ることができ、子どもはそれにより安心し、愛されていると感じることができるのです。
  • キスは愛のサインであり、子どもがすぐに理解できる言語です。
  • 私たちは子どものことが大好きだと常に伝えているかもしれませんが、キスやハグ、優しく触れてあげることは、言葉を使用しないパワフルな言語なのです。

このような理由から、朝に子どもにキスすることは、とても健全なことだと考えられています。

おやすみのハグとおやようのキス

ハグやキスは大切

おはようのキスが子どもとの強い愛情の絆を作る上でとても良い効果があることはすでに学びました。

しかし、夜寝るときにも子どもには感情の補強が必要で、多くの子どもがそれを喜んでくれるということを忘れてはいけません。

  • 子どもが成長するにつれ、私たちがかまってあげなくても長時間寝始めます。しかし、平均で、子どもは一日10時間から13時間の睡眠が必要だということを覚えておきましょう。
  • 深く、安心した、ハッピーな睡眠ができるようにするには、きちんと見送ってあげることが好ましいのです。
  • 「わたしママ」では、どれだけお子さんが小さくても、寝る前にお話を読んであげることの重要性について、すでにアドバイスをしてきました。お話を読んだ後、長いハグをしてあげるというような単純な習慣でも、子どもはよりリラックスすることができるのです。

愛されていると確実に感じるために、こういった種類の日課を実施しましょう。

お子さんを保育園やおじいちゃん、おばあちゃんの家に連れていくために、子どもを急いで起こしたり、家事をしなければと思い、急いで子どもを寝かしつけたりすると、最も大切なことを無視することになります。それは、子どもの感情と心理のことです。

意識的な子育て

意識的な子育てとは

意識的な子育てとは、親がより子ども傍にいるアプローチです。急ぐことはありません。

私たちは子どもの体内時計を尊重しつつ、子どものニーズに全て応えるべきなのです。生物学的なもの、心理的なもの、そして愛情に関するニーズです。

  • 子どもをキスで起こしたり、ハグをするために貴重な時間を使ったり、話したり笑わせたりするような単純なことでも、子どもの脳に確実にポジティブな影響を残します。
  • 子どもが新しい日を笑顔で迎える手助けをしてあげ、お父さんとお母さんがどれだけ子どものことを愛しているかを見せてあげましょう。親は子どもが安全な環境で育つようにしてあげ、子どもがいつでも親のサポートを得られるということがわかっているようにするべきです。

子どもが大きくなるにつれ、このような愛情表現を快適に思わなくなるでしょう。しかし、彼らも心の中ではいつも感謝しているんですよ。